« 愛宕山~吾国山 | トップページ | 武蔵丘陵森林公園 »

2020-06-17

高鈴山 神峰山 小木津山自然公園

15日は ← 2020年6月
日立市の助川山、高鈴山、神峰山、小木津山へ
阿武隈山地の南の山々
前2回は かみね公園へ下山、今回は小木津駅へ下山
2019年12月25日
2015年02月28日

助川山 すけがわやま 328m
高鈴山 たかすずやま 623m
御岩山 おいわさん 540m 賀毗礼ノ峰 かびれのみね
向陽台 こうようだい 490m?
神峰山 神峯山 かみねやま 587m? 598.7m?
羽黒山 はぐろやま 491m
鞍掛山 くらかけやま 248m
小木津山 おぎつやま 230m
小木津山自然公園 152m?

JR小木津駅 おぎつえき 37m?
JR大甕駅 おおみかえき

国道6号に
本宮町1丁目バス停 49m? もとみやちょう
神峰公園入口交差点 45m?
日製病院前バス停 42m? にっせいびょういんまえ


交通 ← 平日

交通の今回は外出自粛前の人出に戻った雰囲気
往路の日立駅も復路の下車駅もホームは混雑

往路

常磐線・日立駅から路線バスで日製病院前へ

徒歩40分の最寄り駅から1度乗り換え
常磐線・勝田行 水戸 6:58 着 G車あり
水戸駅で乗り換え
常磐線・いわき行 水戸 7:03 - 7:33 日立 G車なし

路線バスは前回の経験から
平日は便が多いのが判っていましたので時刻は調べず
茨城交通の成沢団地行か大甕駅東口行に乗車を予定
そのつもりでしたがバス停に発車直前の大甕駅西口行
行く先の駅名が同じだから大丈夫と思って乗車
車内には通学の生徒が多かった
日製病院前バス停で下車
190円 全国交通系ICカードは不可

復路

小木津駅 水戸行 G車なし
14: 14 42
15: 15 42 ← 15:42 に乗車

水戸駅で ← 改札内の NewDays で飲料を購入 ※
16:31 の上野行に乗車 G車あり
※ 今は常磐線の普通車グリーン車は車内販売中止

私のグリーン車利用はマスク同様感染予防策
それまではグリーン車に乗ったことがなく
乗り方も知らなかった ← 私の昔の外出は運転人生
特急の停車駅は限られますので
普通車グリーン車に乗った方が私は便利
そしてゆったり
通勤とは逆方向だと
グリーン車内はスカスカで気分もラク


歩いた経路と時刻

自分の足が遅くなっていることに気づいています
慌ただしく暮れる秋の夕陽! だったのですね (笑)

私の場合ですが
今の元気はほどなく『晩秋の夕陽』
体力も認知力も生命力も『晩秋の夕陽』
現役時代には感受できなかった『なりゆき』です
そのコワサを認識できた段階で
速やかに自動車運転免許を返納

自転車専用路の整備が ← 車道とも歩道とも分離
遅々として進まない大都会では ← 通学路整備も同様
こちらも私の場合ですが
自転車利用もやめています
あるとき老いた父に自転車利用をやめてもらった
その後も老化を克服できたわけではないので

今は『山歩きの晩秋の夕陽』に注意を払っています
山の案内本で小木津山自然公園を知りました
前回の かみね公園から日立駅へが路線バス利用で億劫
小木津山自然公園経由なら
入口付近の駐車場から 1キロほどで常磐線の駅
ただ小木津山自然公園経由は知らないルート
疲れた足で迷ったらマヅイですが難度は低いと判断

今回歩いたマトメです
家を出たのは 4時半
家に戻ったのは 19時
往復とも家~最寄り駅は徒歩40分 ← 路線バスなし
帰りは最寄り駅からタクシー利用も考えましたが
疲れは感じずトコトコ徒歩

杖とストックは使わず ← 次の山から使うつもり

外出中に摂取した水分は約 2.5 L
例の居座っていた 1.5kg の内 1.0kg が退散
翌朝の目覚めもスッキリ爽やか ← 足腰軽快

なのに駅から我が家への道すがら
『晩秋の夕陽』が頭をよぎった、今回はダメだったと

歩き始めから羽黒山の山頂までは
今回 7:50~13:30 = 5時間40分
前回 7:50~12:50 = 5時間00分
初回 7:05~11:25 = 4時間20分 ← 5年前
5年前とは80分の違い
5ヶ月前とも40分の違い
外出自粛の影響を考慮しても
落ち込み幅は小さくないです

単に歩き続けるだけなら 一日7~8時間 は大丈夫

羽黒山山頂の道標では
かみね公園へと小木津山自然公園へが同じ距離
 5.5 km かみね公園
 5.5 km 小木津山自然公園

小木津山自然公園のほうが近いと思っていた私に迷い
一旦は かみね公園へと行先を変更

羽黒山の山頂から下って
小木津山自然公園への分岐で ← 石の祠があります
改めて道標を確認すると
 4.9 km かみね公園
 3.5 km 小木津山自然公園

小木津山自然公園へも道標は明解で踏み跡は確か
これなら大丈夫と判断して気持ちを入れ替え
当初の予定通り小木津山自然公園へ向かいました
多少不安だったのは
植林帯の踏み跡歩きで道標のない分岐の一、二
付近のリボンを確かめ進む方向を選択
分岐を過ぎてからも
時折立っていた古い道標が裏付けになりました

小木津山自然公園内は遊歩道が整備されています
園内の様子を知るため暫くウロウロ
次いで北展望台を往復してから
広い遊歩道を下りスイレン池へ

ハイキング中に出合ったのは
助川山山頂で 2人
以降、暫く人影なし
高鈴山山頂で 2人1組と雨量観測施設の工事関係者数人
御岩山山頂およびその前後で十数人
神峰山山頂で 2人1組
それまでに 1人
神峰山山頂を過ぎると小木津山自然公園まで人影なし
小木津山自然公園内では草刈りの音が僅かな人の気配

--:-- 記録漏れ
**:** 立ち寄らず

往路

今回 19-12 15-02
**:** **:** 06:45 神峰公園入口バス停
07:50 07:50 07:05 日製病院前バス停
--:-- 07:55 --:-- 助川城跡公園 ← 今回身繕い10分
08:10 08:20 07:15 高鈴ハイキングコース絵入り道標
--:-- 08:30 --:-- 高鈴山頂 7.5km 助川城跡 1.0km
08:35 08:40 --:-- 円筒の通路
--:-- 08:41 --:-- 木柵の間に鎖の仕切り ← 跨ぐ
08:50 08:50 --:-- 左下方にオムスビの形の池
09:00 09:00 07:55 助川山の山頂 ← 眺めよい
09:15 09:15 08:05 おむすび池 ← 今回は5分休憩

 おむすび池までは山道だったり林道だったり
 おむすび池からは山道 ← 踏み跡明解

09:45 09:40 08:25 金山の百体観音

 昨年末の三段跳びの倒木には出会わなかった
 我々ハイカーが気づかない処で地元が手入れ

10:20 10:15 08:55 林道に進入 ← 今回は草深かった
10:35 10:30 09:15 向陽台方面分岐

 舗装路を辿って

10:50 10:35 09:20 高鈴山の山頂 ← 前回の10:35は?
11:05 --:-- 09:35 向陽台方面分岐に戻り

 再び山道
 この辺りから山道歩きの足取りが遅く

11:25 **:** --:-- 御岩山山頂 ← 前回は山頂を巻く
11:55 11:30 10:05 県道・高鈴山・神峰山方面分岐

 往路計
 20-06 4時間05分 ← 助川城跡公園で身繕い10分含む
 19-12 3時間40分 ← 助川城跡公園で身繕い20分含む
 15-02 3時間+国道歩き20分


復路

今回 19-12 15-02
11:55 11:30 10:05 県道・高鈴山・神峰山方面分岐
--:-- 11:35 --:-- 本山・日鉱記念館方面を右に分け
--:-- 11:55 --:-- 向陽台1.4km 神峰山0.3km の道標

 この道標の立つ箇所が かみね公園への最初の分岐

--:-- 12:00 --:-- 向陽台1.5km 神峰山0.2km の道標

 この道標の箇所が かみね公園への二つ目の分岐
 神峰山山頂を往復後ココから かみね公園方面へ下山

12:25 12:02 10:40 神峰山の山頂 ← 神社と展望所
13:10 12:35 11:10 石尊山方面分岐
13:30 12:50 11:25 羽黒山山頂 ← 道標を見て気落ち
13:45 13:05 11:40 小木津山自然公園への分岐

 石の祠があります
 ココの道標には
 0.6 km 羽黒山
 3.4 km 小木津山自然公園
 4.9 km かみね公園
 つまり羽黒山山頂~小木津山自然公園は
 5.5 km ではなく 4.0 km
 小木津山自然公園は
 かみね公園より 1.5km も近かったのです
 なんか得した気分 ♪
 ここで過去2回のルートを離れ左折
 当初の予定通り小木津山自然公園へ

14:05 林道出合い
14:15 林道を離れ再びハイキングコースへ
14:40 小木津山自然公園出合い ← 羽黒山4.0kmの道標
14:45 北展望台

 北展望台を往復してから広い遊歩道を下ると
 やがて舗装路

15:00 スイレン池を経て

 常磐道の高架を過ぎ ← 常磐道は遥か頭上
 道なりに下り
 砂利の駐車場2ヶ所を過ぎ
 狭い地下道を潜り

 すぐ左上の車道に上がり車道の歩道を東進
 小木津町交差点で県道10号へ右折、南進するか

 あるいは左上の車道には上がらず
 舗装の里道を進み県道10号へ左折、北進すると

 小木津駅西交差点に出ます
 小木津山自然公園から小木津駅へのルートは
 ほかにもあるかも ← 地図ではありそう?

15:20 小木津駅

かみね公園経由の記録
今回 19-12 15-02
**:** 13:20 11:55 蛇塚 ← 見落とし易い
**:** 13:25 12:00 大煙突展望台
**:** --:-- 12:35 車道を横断 ← 上り返しがキツイ
**:** **:** 12:50 鞍掛山の山頂
**:** 14:25 13:00 神峰ハイキングコースの道標
**:** 14:30 13:05 かみね公園の北駐車場手前
**:** **:** 13:20 かみね公園の南駐車場
**:** 14:40 **:** 本宮町1丁目バス停

復路計と総時間です
今回は小木津山自然公園を経由
前2回は かみね公園を経由

 20-06 3時間25分 計 7時間30分-身繕い10分
 19-12 3時間10分 計 6時間50分-身繕い20分
 15-02 3時間15分 計 6時間15分+国道歩き20分


今回の写真
撮った順です

電柱の陰に高鈴ハイキングコースへの道標

先ず助川山を目指して

助川山山頂の展望台にて
2点目に高鈴山の雨量観測所の塔が見えています

次は おむすび池へ

おむすび池から山道

金山の百体観音
2点目に安永三年の刻み
246年前
『解体新書』が刊行された年だそうです

山道を経て

林道に出ます
草で覆われ踏み跡が薄くなっていました

向陽台方面分岐を過ぎ
舗装の坂道を上がって行くと高鈴山の山頂です

向陽台方面分岐まで戻って神峰山に向かう山道へ
途中に御岩山の山頂があります ← 1点目
辺りは少し足場がゴツゴツ

神峰山の山頂にて

羽黒山の山頂です
山頂の道標によると
かみね公園へと小木津山自然公園へは同じ 5.5 km
暫くボーゼン

花に慰められ
ともかく小木津山自然公園への分岐に下ると

石の祠があります
ココの道標によると
羽黒山山頂~小木津山自然公園は 4.0 km
小木津山自然公園方面は明るく開け踏み跡も明解
やっとウキウキ

暫くは平坦な草地
やがて明るい斜面を緩やかに上り植林帯へ

林道歩きを経て
道標を頼りに再び山道を辿ると

小木津山自然公園に出ました
公園の西側の外れだと思います
以降はテキトー
2、3点目は北展望台にて
北展望台からは少し戻って
一番広い道を下れば間違いないと思いトコトコ
5点目はスイレン池の筈
水の流れが涼し気でした ♪
何しろ暑かったですから






|

« 愛宕山~吾国山 | トップページ | 武蔵丘陵森林公園 »