« 高鈴山 神峰山 小木津山自然公園 | トップページ | 雨引山、燕山、加波山 »

2020-06-21

武蔵丘陵森林公園

20日は ← 2020年6月
滑川町の武蔵丘陵森林公園へ

我が家から徒歩30分の最寄り駅に出て2度乗り換え
快速急行・小川町行 志木 8:17 - 8:49 森林公園

東武東上線・森林公園駅の北口からは公園南口まで
歩行者道が整備され歩き易いです
片道 2.9km? ← ベンチと手洗いあり
往路の私は徒歩
歩行者道と自転車道に沿った県道47号は交通量が多く
歩行者道までタイヤ音が響いてきます

帰りは
川越観光自動車の路線バスで ← ICカード可
森林公園南口バス停から森林公園駅行 11:48 に乗車
6月6日~9月30日までは土日祝のみ運行

森林公園南口入口バス停は国際十王交通が運行
こちらの路線は
熊谷駅南口~森林公園駅
森林公園西口バス停を経由
平日も運行

路線バスは運行日と運行時刻を予め確認の要

山歩きでも交通機関の運行時刻は
新型感染症や台風禍の影響で変わっていることがあり
鉄道やバス会社のサイトで直接確認しています
小川町駅関連ではイーグルバス東秩父村路線が
昨年の台風禍で今も皆谷~白石車庫間が不通なので
私は大霧山堂平山を歩くのが難しくなっています

武蔵丘陵森林公園の開園時刻
現在は午前9時30分~午後5時 ← 確認の要

今回の私は公園の南口から
主にクロスカントリーコースを経て北口方面へ向かい
こもれび花畑、ハーブガーデンを過ぎ
ボーダー花壇の外れで折り返しました
帰りは展望広場を経由

園内バスは7/1から再開予定
園内バス利用だとゆっくり楽しめます
7/1からはレストランも再開されるとか
最新の 施設・物品 利用可否一覧 を参照の要

前回訪れたのは2009年6月9日 ← 園全体を散策
車でした





今回の写真です

森林公園駅の北口から
武蔵丘陵森林公園南口への歩行者道にて

園内




山歩きの折
予定していた車道歩きや林道歩きとは別に
下山してからバス待ちの時間が長すぎたので
駅までバス道を歩いたなかで最も長かったのは
2017年12月13日 横隈山
更木バス停~皆野駅 約 8 km (8.5km?) だと思います
このときからバス停付近に食べ物屋さんがないときは
8 km 程度なら長い時間待つより歩くことにしました
バスの本数を気にすると歩ける山が減ってしまいます

時間の使い方の変わり種では
前泊して朝のうちに歩いてしまった山があります
5:05 ~ 9:20 2017年9月10日 栗駒山 一人歩き
5:05 ~ 7:25 2019年9月27日 田代山 一緒歩き
栗駒山は岩手と宮城の県境
田代山は岩手県北の山



感染症は菌もウィルスも目に見えないので
各自で防ぐのは容易ではないです
しかし新型感染症にも
やがて薬とワクチンが開発されます
一方、感染症に付随して
身のまわりに入り込む監視化は社会が採用
監視の技術と法制が内奥にまで浸透すると
解放されることがあり得るだろうか



今朝は小雨 ← 23日
出合ったジョギング姿は3人でした ← 皆濡れネズミ
梅雨に濡れながら走ると気持ちよいです

傘を差しながら歩いても
結局シューズも服も濡れてしまいますから
濡れながら走った方がどれほど潔いか

ここのところ二度寝で出足が遅れています
何人もの散歩者と出会ってしまうのがイヤで
そんなときは走らずに歩くことに
散歩姿は皆さん様々
私も紛れることができます
ドタドタ走っていると注意を引きます
私の走る姿なんてサマにならない ← 自意識過剰

カミサンが親しくしていたお店のおかみさん曰く
○さん、カッコイ~ ♪
直接ではなくカミサンを介して
35年前の話です
お店を開く準備で朝が早く
戻る私を見たそうです

あの頃の走り方はジョギングよりマラソンでした
何しろ軽く何しろ速く

今は衰えました
衰えた姿は見られたくないです
当時の姿だって私は見られたくなかった

中学時代から社会に出るまで
神田の商家で暮らしていました
当時の私のイメージは
新宿より銀座、渋谷より銀座、浅草より銀座
その銀座が徒歩圏でした
通学は神田駅経由
トーゼン学生服で銀座もブラブラ
補導歴ゼロ
声もかけられなかった
都心の学生服が守ってくれたと思っています
学生服なら雑踏に溶け込めます
学友と銀座のACBへも ← アシベはジャズ喫茶
「有楽町で逢いましょう」が流行った頃です
ところが学生服を脱ぐと
舗装の照り返しに頭クラクラ

炎天下を何も被らず
いつまで歩いても緑地なら平気なのに
舗装の照り返しに合うと途端に頭ズキズキ
だから当時は学生服を脱ぐと
雨が降っている昼の銀座と
雨が降っていない深夜の銀座へ
モチロン徒歩

深夜の銀座は日曜限定
当時は人も車も消えてしまって
「太陽はひとりぼっち」の世界に溶け込めました
夜気を胸一杯に吸いながら
神田に戻る夜道にも痺れていました


神田駅西口のガード下 2009

雨の銀座四丁目 2008



雨の水田でカエルがケロケロ




|

« 高鈴山 神峰山 小木津山自然公園 | トップページ | 雨引山、燕山、加波山 »