« 丹沢の不老山 | トップページ | 下小川駅から熊ノ山 »

2019-06-25

真弓山の爺杉

23日は ← 2019年6月
常磐線の大甕駅から風神山を経て真弓山へ
往復です

常磐線・大甕駅 28m おおみか

風神山 ふうじんやま かぜのかみやま 242m
真弓山 まゆみやま 305m?
真弓神社 267m?
爺杉 じじすぎ

高鈴山 たかすずやま 623m
高鈴山は2015年2月28日に歩いています

多賀 たが

交通 ← 土休
往路
徒歩40分の最寄り駅から一度乗り換え
常磐線・勝田行 6:58 水戸着
常磐線・いわき行 水戸 7:03 - 7:24 大甕

復路
水戸行 大甕駅の時刻表 ← お昼頃
11: 28 56 ← 11:56 に10秒待ちで間に合いました
12: 28 56

手許の古い案内書では
大甕駅を出て跨線橋を渡り道なりに国道6号へとあり
念のためネットで現在の日本地図を参照すると
確かにホームの北の端に常磐線を渡る歩道橋らしき影
何の不安もなく大甕駅に出かけました ・・・ が
駅に着いてみると東口と西口の表示
改札を出て西口側を見ると通行禁止のコーンとバー
なんだ、通れないじゃないか

西口の通り方は帰り際にわかりました

往きは下調べ通り東側へ出て北側の跨線橋へ
その跨線橋が見つからなかった
線路際に通行止めのお知らせ看板を発見
文面は

太田こ線人道橋(歩道橋)は大甕駅東西自由通路の
完成に伴って撤去するため、通行できなくなります。
通行止め開始日時 平成30年12月8日(土)7時から
平成30年12月8日(土)以降、西側へは自由通路を
御利用下さい。

そこで消えてしまった跨線橋の代わりに
東口から広い車道(吹上通り)に出て北へ進み
大みか北通りへ左折、常磐線を渡って道なりに進むと
森山町交差点に出合い国道6号へ左折

歩いた経路と時刻

07:30 大甕駅から歩き始め
07:35 大みか北通りの常磐線の陸橋
07:45 森山町交差点のT字分岐
 信号で国道を横断してから左折
 国道6号の右側の歩道を南下
07:50 国道6号の左側に大甕神社の鳥居
 この先どこへ向かえばよいのだろうと思ったその時
 国道の右側歩道の脇に風神山自然公園入口の表示板
07:55 右脇の狭い舗装の坂道へ
 以降は日立の建物群を縫って蛇行する上りの舗装路
08:05 建物群を抜けると風神橋 ← 陸橋
 風神橋を渡り四辻?を直進すると
 舗装路は狭まり真っすぐの上りに
08:15 風神山自然公園の標柱が立つY字分岐
 左側は舗装路が続き芝生広場の駐車場へ
 私は右側へ ← 私の舗装歩きはココでお仕舞い

以降、各所に道標

08:16 風ノ広場を通り抜けると
08:20 駐車場と手洗いの先に芝生広場
 手洗いは水洗ではありません ← 水道もなし
08:25 風神の碑への道標で風神の碑方面へ左折

以降、山道

08:27 大森展望台へ5分の手書き道標 ← 展望台へ左折
08:30 展望台の素朴なベンチ
08:35 手書きの表示に戻り再び先へ
08:40 風神山の山頂
 三角点あり
 山頂広場の隅に風神・雷神の碑
 神ノ広場は山頂だけでなく電波塔を含む広い範囲
 山頂広場から奥へ進むと右手に山ノ広場
 ツツジ園は山ノ広場の下手の斜面
 花の終わったツツジ園は見るモノがなかった
 山ノ広場を右に見て進むと
08:45 真弓神社を指す道標出合い
 道標の真弓神社、真弓山、高鈴山はどれも同じ方向

以降、森林公園を歩く印象 ← 穏やかで明解な踏み跡

09:05 展望台への手書きの表示でルートを逸れ左折
09:10 未舗装の林道を辿ってベンチのある見晴し台へ
 林道を戻る途中で真弓神社への表示板に出合い
09:15 真弓神社方面へ進むと元のルートに合流
 合流箇所近くに送電線の鉄塔
 鉄塔の先から緩いアップ&ダウン
 巻き道分岐の標柱が繰り返し現れます
 尾根筋か斜面を横切るかの違いですが
 どこの分岐箇所も距離は短く勾配は緩い
 往路は尾根筋、復路は斜面を歩きました
09:30 尾根上に小さな石の祠
09:45 白い林道出合い ← 林道を辿る
 真弓山は大理石(寒水石)の産地
09:47 塙山(はなやま)地区への林道を右に分ける
 再び山道を辿ると踏み跡は幅が拡がり林道の雰囲気
09:48 高鈴山方面を右後方に分けます
 今までは高鈴山を指すだけの道標も頼れました
 ここからは高鈴山方面を離れます
09:50 三ノ鳥居の分岐
 見晴台540mの表示板に出会って暫く思案
 往復だと1080m
 山の一キロはケッコウな距離
 大森展望台も鉄塔近くの展望台も梅雨空で今一つ
 そこで540m先の見晴台は遠慮
 真弓神社へ参道をトコトコ
09:52 参道脇に婆杉跡の表示板
09:52 傍らに爺杉への道標
 2011年現在の推定樹齢940年 この下約160m
09:55 山道を下ると爺杉 ← 見事、厳か
 巨木を一巡してから分岐に戻り山門を経て
10:05 真弓神社の社殿 ← 晴れていたら眺めもよい筈

往路の時間
50分 大甕駅~芝生広場の駐車場
20分 駐車場~風神・雷神の碑
85分 風神・雷神の碑~真弓神社

計 2時間35分

復路の時間
 復路は風ノ広場で汗になった上衣を着替え
 オニギリを頬ばり
 往路に予定していた街路を探したほかは
 何も考えずにスタスタ
 帰りの大甕駅では工事中の迷路を抜け西口から
11:55 ホームに上がった瞬間電車が入ってきました

復路 1時間50分
往復 4時間25分

今回の写真

大みか北通りの跨線橋
国道6号へ向かっています

跨線橋から眺めた大甕駅
ホームの右方が西口側

国道6号沿いの大甕神社
歩く方向の左側

右側に風神山自然公園入口の表示板
狭い坂道を上がると道幅が拡がりました
日立の建物群を蛇行しながら上って行きます
車にはほとんど出会わなかった

建物群を抜け風神橋の陸橋を渡ると
右方は余裕のある舗装路
風神山へは狭まった舗装路をホボ真っすぐ
ほどなく風神山自然公園の標柱が立つY字分岐
車は直進、私は右へ

風ノ広場からの眺めです
太平洋を望めます

風ノ広場からは戻る必要がなく遊歩道を先へ

山頂に向かう途中で風神の碑への道標に従い左折
更に大森展望台への手書きの表示に従い展望台へ左折
写真は展望台からの眺め
戻って風神の碑へ向かいました

山頂広場の風神・雷神の碑と三角点
辺りは分岐が二、三
距離が短いので大まわりになっても気にならなかった

山頂広場から山ノ広場方面へ
真弓神社を指す最初の?道標に出合い ← 1点目
以降は一本道を道なり
途中、右方の市街に下る分岐が数ヶ所
手書きの表示板が枝道への迷い込みを防いでくれます

風神山山頂から30分ほどで展望台に誘う手書きの道標
左折してルートを外れ
展望台へ向かうと林道に出てしまい多少不安に

展望台からは少し戻り
歩いてきた尾根筋を意識しながら前へ進むと
鉄塔近くで元のルートに合流

尾根筋と巻き道の分岐にはわかりやすい標柱あり

ルートはやがて白い林道に下り立ちます
多分、大理石の粉やかけらが舗装の役割
その後は林道と参道と山道が入り組んで
道標の有難味を改めて知らされました

爺杉

真弓神社の山門と社殿

戻ります

風神山の神ノ広場の電波塔脇

日立の建物群を蛇行しながら下って行くと
右側に国道へ直接下る階段を発見
階段の右脇にアジサイの花

下ると日研入口交差点 ← 当初予定していた交差点
信号で国道を横断
国道に隣接する舗装路へ左折
道なりに進むと
左側に大甕神社に上がる石段
すぐ先の分岐は左方が国道6号、右方はゴルフクラブ?
脇に逸れずさらに前へ道なり
茨城キリスト教学園の建物群を右に見ながら進むと
左方に大みか北通りが、前方に大甕駅が見えてきます
3点目は大甕駅西口の北の外れ






|

« 丹沢の不老山 | トップページ | 下小川駅から熊ノ山 »