« 古峯神社から横根山 | トップページ | 明智平から半月山 »

2019-05-04

霧降高原の大山

先週、車を手放し運転免許を返納しました
私はペーパードライバーではなかったです
最近の走行距離は横根山の末尾に載せてあります
翌春の更新に備え2015年秋に受講した高齢者講習では
運転は良好
適性は非高齢者と比較しても全般的に優れる、でした

自動車運転免許は学生時代に取得
免許更新を忘れ失効が1度
当時は更新期限が誕生日
気づいたのも誕生日 ← 日曜で更新できなかった
その後の40年は途切れなくゴールド免許

レストランで食事中、駐車場でモライ事故を1度
落石に乗り上げアンダーカバー破損を1度
国道の走行車線の窪みで ← 縁がギザギザ
新しいタイヤの腹をコスってしまいバーストが1度
藪が食み出した林道で何度もスリ傷 ← 見た目は綺麗
パンク ← 回数不明 昔は自分でタイヤを交換
ラジエターから沸騰水の噴き出しが2度 ← 大昔の車
合金の合わせ目から
オイルが漏れエンジンを解体修理に ← もっと昔の車
車内にキノコが生えたなど思い出すとキリがないです

2016年に母の介護を終え自分の家に戻ってからは
運転免許返納を念頭に
電車とバス利用の山歩きを開始
2時間でも3時間でも徒歩に頼る暮らしを開始
長い時間歩くのはまだ暫く大丈夫

借りて乗っていたママチャリは今は錆びて動きません
4輪の運転中に感じたことは高齢者の運転は2輪も危険

車離れが進むと車の存在が鬱陶しくなり
4月23日 ディーラーに買取依頼の予約電話
4月24日 車を持ち込みその場で売却
4月25日 運転免許自主返納、運転経歴証明書入手

サッパリしました
翌日封書が一通
開封すると『車と販売員と私が一緒の写真』2点に
自筆の便せんが3枚
 新入社員のときから15年間私を担当
 いつも点検やオイル交換をしっかり
 大きな故障もなくこの日が到来
 強い意思を感じました
 数多くお客様がいる中で
 免許返納をできる方は本当に少なく
 私たちを含めこれからの課題の一つだと思います

拝読して嬉しくなりました ♪
ありがとうございます
返納してよかったです

2日は ← 2019年5月
霧降高原バス停から丸山を往復
帰路は大山を経て隠れ三滝入口バス停

女峰山 にょほうさん 2483m
赤薙山 あかなぎさん 2010m
丸山 まるやま 1689m
八平ヶ原 やっぺいがはら
小丸山 1613m?
小丸山展望台 1601m? ← 旧広場
小丸山展望台 1573m? ← 天空回廊の最上部
天空回廊1段目 1349m? ← 最上部との標高差 220m?
霧降高原キスゲ平園地のレストハウス 1350m?
霧降高原バス停 1347m?
大山 おおやま 1158m
合柄橋 がつがらばし
玉簾滝 たますだれだき
丁字滝 ちょうじだき
隠れ三滝入口バス停 814m?
霧降の滝バス停 746m? 758m?

交通
往路
徒歩40分の最寄り駅から電車を3回乗り継ぎ
東武日光 8:16 着
東武日光駅バス停 8:45 - 予定 9:12 霧降高原バス停
霧降高原バス停には15分延着

復路
隠れ三滝入口バス停 13:49 日光駅行
東武日光 14:29 新栃木行

連休の日光は混むことが判っていました
日光駅から神橋方面へのバスは
5分の距離でも2時間を超すことがあるそうです
霧降方面の道路は連休もスカスカ
ところが神橋方面が渋滞すると
日光駅~霧降大橋でその余波をモロに受けます

丸山は何度も歩いています
2016年10月27日 赤薙山 丸山 天空回廊
帰りの渋滞に嵌まらないように
丸山は省こうかと迷いましたがそれだと運動不足
天空回廊を経て丸山の山頂に向かうと
引き返す何人かに出会いました
北東側の下山路はぬかるんで滑るのが常
私も引き返そうかと ……
北東側を下るとほどなく残雪の斜面
残雪面の数と程度が判らないので
天空回廊を戻るほうが確かと判断

歩いた経路と時刻
今回 16-10 14-08
09:30 07:25 07:40 霧降高原バス停
 天空回廊 1445段 を辿ると
09:55 07:50 08:05 キスゲ平展望台?
**:** 08:45 09:05 赤薙山の山頂
**:** 09:45 10:00 キスゲ平展望台?
 丸山方面へ転じる
10:10 10:00 10:15 丸山の山頂
 丸山山頂からは北東側へ
10:25 **:** **:** 残雪面に出合い引き返す
**:** 10:25 10:45 八平ヶ原の分岐
10:35 **:** **:** 引き返した丸山の山頂
11:10 10:55 11:15 霧降高原バス停

 **:**は該当なし
 今回は大山方面へ下りました
 レストハウスから大山への道標は明解
 道標はやがて古びた板に ← 文字は読めます

11:20 霧降高原道路を潜り西へ
11:40 大山・つつじヶ丘分岐
 笹面から霧降川源流の涸れ沢沿いへ
11:50 涸れ沢を横切る
 ココの道標には 高原ハウス 1.3km 大山 1.6km
 および『合柄橋』とありますが橋はなかった
11:52 別の涸れ沢を横切る ← 道標には 大山 1.5km
 再び林間の笹面
12:10 牧場の柵出合い
12:25 大山の山頂 ← 東屋あり
 道標付近に踏み跡を見出せず ← 私の見落としかも
 手許の地図に照らして大よそのルートを読み取り
 山頂から芝面を南東へ真っすぐ下ると
 左手の柵にハイカー用ゲートと道標
 芝面を逸れゲートを出ると踏み跡曖昧
 戻って芝面を更に下方へ
12:30 舗装路に出合い左折
 再び地図で方向を確かめ
 蛇行する舗装路を道なりに下る
12:45 路肩に猫ノ平への道標
 舗装路を離れ芝面の踏み跡を辿る
13:00 猫ノ平の広場
 ここで再びウロウロ
 古い案内書には猫ノ平で
 玉簾滝方面と尾根コースに分かれるとありましたが
 道標はマックラ滝を指すだけでした
 ほかの方面を指す板片は剥がされており
 尾根コース方面?に『廃道・進入禁止』の表示
 そこでマックラ滝方面へ ← 緩い林間の斜面
13:15 ツツジヶ丘・マックラ滝・大山分岐の道標
 今以上に落ち込まないようにマックラ滝は次回
 ツツジヶ丘方面へ
13:25 玉簾滝の展望デッキ
 展望デッキを過ぎると丁字滝への分岐
 手元の地図ではこの分岐からも
 尾根コースに向かう踏み跡がある筈でしたが
 やはり尾根コース方面は『廃道・進入禁止』の表示
 丁字滝へ向かいました
13:30 丸太橋で霧降川を渡る ← 橋は上下に揺れた
13:35 ルートの左側に丁字滝
 さらに前進
13:40 林道出合い
 左折、しっかりした橋を渡り舗装路を辿ると
13:45 隠れ三滝入口バス停
 ほどなく 13:49 のバスが到着

快晴
強い風
陽射し強烈

霧のときの大山山頂~猫ノ平は迷うかも

電車を乗り継いで
徒歩30分の最寄り駅に着いたのは 17:30
徒歩40分の最寄り駅と違いこちらは路線バスあり
但し通勤時間帯も1時間に1便限り
電車は連休で混んでいました
駆け込んだバスの乗客は私1人でした


今回の写真

最初の2点はJR日光駅前
東武バスの停車順は JR日光駅 ⇒ 東武日光駅 なので
駅に着いて余裕のあるときは ← 双方の距離は僅か
JR日光駅バス停を利用した方が席を確保しやすい
2点目はJR日光駅前の
霧降高原方面バス乗り場 1C から
湯元温泉方面バス乗り場 1A を眺めた画像

霧降高原バス停脇の案内マップ

天空回廊からの眺め
中右の芝面が大山方面

天空回廊を上り切ってさらに進むと
前方に赤薙山山頂へ向かう踏み跡 ← 2点目奥
丸山山頂へは道標に従って右に逸れます

丸山山頂への斜面と
丸山の山頂 ← 3点目
4点目は山頂から望む赤薙山
5点目は山頂から見下ろすキスゲ平園地の駐車場
5点目の右脇下に天空回廊の一部が写っています

丸山山頂の北東側の下山路に残雪
ぬかるみの程度が判らないので引き返すことに

小丸山から眺めた赤薙山の山肌

レストハウス近くの道標です
丸山の北東側を下り
八平ヶ原を経て下山すると左端の道標に出ます
大山方面は右の道標を頼りに

上手の駐車場を横切って短い階段を下り
大山への踏み跡から振り返った天空回廊と丸山
天気がよく静かなハイキングを楽しめました
人影なし

大山・つつじヶ丘分岐
この先で涸れ沢が現れます

涸れ沢を横切ります
写真右上の道標には 高原ハウス 1.3km 大山 1.6km
および『合柄橋』とありますが橋はなかった
2点目は横切って振り返ったルート

2度目に横切った涸れ沢
道標には 大山 1.5km ← 写真中央微かに道標

とても小さい花ですが癒やし効果は120%

霧降高原牧場の柵に出ました
以降はハイカー用に金属の柵越階段やゲートが各所に
緩く穏やかな芝面を上って行くと

大山の山頂です
1点目の中央右上に
天空回廊、丸山、赤薙山山頂が固まって写っています
左上は男体山の一部
2点目前方の三角の芝面が恐らく猫ノ平
踏み跡が芝面でバラけて判らなかったので
真っ直ぐ下り舗装路に出て左折しました
下る途中でハイカー用の
ショートカットを探したのですがハッキリしなかった
霧で視界が閉ざされてしまうと磁石に頼るほかなさそう

蛇行する舗装路は西へは向かわず
東から南へと道なりに下れば
猫ノ平を指す道標に出合えます ← 1点目
2点目は舗装路沿いに咲いていたアカヤシオ

猫ノ平への道標からは明解な踏み跡をスタスタ南下
高原の全景を見渡せました
視界には霧降高原道路沿いの温泉施設も ← 4点目
5点目は歩いてきたルートを猫ノ平から振り返る

猫ノ平にて
尾根コースは辿れないことが判ったので
マックラ滝へ向かうことに

ツツジヶ丘・マックラ滝・大山分岐
マックラ滝は次回に譲りツツジヶ丘方面へ
3点目と5点目は玉簾滝の流れ

木の根元に丁字滝への矢印板
左奥にも『廃道・進入禁止』の表示
丁字滝を経て『隠れ三滝入口』へ

隠れ三滝入口バス停は 99番
バス停の順は日光駅側から
霧降 = 霧降の滝 = つつじヶ丘 = 隠れ三滝入口
霧降の滝バス停は 97番





|

« 古峯神社から横根山 | トップページ | 明智平から半月山 »