« 蕨山から藤棚山 | トップページ | 岩船山、馬不入山、晃石山、太平山 »

2018-11-21

篠井富屋連峰(宇都宮アルプス)

20日は ← 2018年11月
宇都宮市内の篠井富屋連峰を歩きました

篠井富屋連峰 しのいとみやれんぽう
榛名山 はるなさん 524m
男山 おとこやま 527m
本山 ほんざん 562m
飯盛山 いいもりやま 501m
青嵐峠 せいらんとうげ 篠井連峰と富屋連峰の境
高舘山 たかだてやま 477m
黒戸山 くろとやま 412m
兜山 かぶとやま 372m 北側の鬼山
鬼山 おにやま 372m 南側の鬼山 ← 登山口不明
など

船入 ふにゅう
徳次郎 とくじら

里山の山並みの縦走を
地名を冠して○○アルプスと呼ぶことがあるそうです
○○アルプスはご近所の散歩級から
山岳耐久レースに準ずる長距離まで様々
里山の踏み跡には
電力や植林の作業道、地元の管理道、山菜の採集跡、
ケモノ道などが交じり合って迷うときも
脆い岩場、急斜面、崖っぷち、藪にも出会うことが
登山口が多く
道標はなくて当たり前と思った方が無難
リボンも入山者の意図とは(方向とは)違うことが
入山届は函も用紙も期待できない
読図力必須

バリエーションと記されたコースを私は敬遠
ハイキングの一般向け案内本に載っている
自治体や協会の観光案内で紹介されている
などを手掛かりに先にブログの原稿を仕上げ
原稿のコピーをカミサンに提出してから

納得行くまで調べないと原稿なんて書けません (笑)
提出しないとカミサンの承諾も得られません (涙)

交通

往路の鉄道とバス ← 平日ダイヤ
東武・館林行で久喜 6:12 着
JRに乗り換え 6:33 - 7:29 宇都宮着

バスは関東自動車 ← SuicaとPASMOは不可

往路のバス
宇都宮駅西口 ← ⑧番乗り場
船生行 7:40 - 8:17 一里塚バス停 710円
通勤通学時間帯のため⑧番乗り場はバス待ちの長い列
途中で多くの乗客が降車、一里塚ではガラガラ
市街は車道も混雑、一里塚バス停は15分遅れの8:30頃

復路のバス
中徳次郎 - 宇都宮駅西口 630円
13:06-13:45
13:44-14:24 ← 私が乗車 終点で降りたのは私だけ
14:26-15:05
14:46-15:25
など

晴れのち濃い雲
兜山ではポツリポツリ
市街地に戻ると再び青空

人影ゼロ

要所に道標
各所にリボン
迷いそうなのでよく調べて出かけたのですが
よく調べなくても歩けたかも
脇からの?一、二のコースに立入禁止の札

岩場は脆く足許を確かめながら
落ち葉で踏み跡が判りづらい
落ち葉の下りは滑りやすい

ハイキングコースに手洗いはなかった

歩いた経路と時刻

08:40 一里塚バス停 215m? で身支度、歩き始め
 船入街道入口交差点で国道を離れ船入街道を北上
 うつのみや平成記念子どものもり公園に入り
09:10 冒険活動センター管理棟の上手に東屋
 東屋の先に『ハイキングコース』と記した矢印板
 矢印に従い広い道に入るとスグの左斜面に段々
 この段々を上ると困ることに (笑)
09:18 広い道の奥にも『ハイキングコース』の矢印板
 ここから山道

09:25 植林帯の斜面を上りきると見晴台のデッキ
 植林帯の尾根を過ぎると脆い岩の斜面
 上り切ると勾配の緩んだ尾根
09:45 榛名山の山頂
 以降、道標を頼りに雑木の尾根へ
09:55 中篠井登山口への道標を過ぎ
10:05 男山の山頂
10:25 本山の山頂 ← オニギリ休憩
 脆い岩場を下り
 植林帯の斜面を下り切ると
11:10 本山・飯盛山・中篠井登山口の道標
11:15 送電線鉄塔の脇
 再び雑木の尾根
11:25 飯盛山の山頂
 山頂を過ぎると落ち葉が積もった急な下り
 斜面の上から下までロープがあります
11:50 舗装路出合い
11:52 大畑林道登山口の道標から再び山道
 以降、雑木の尾根とは雰囲気が変わり
 平坦または勾配の緩い植林帯に踏み跡
 植林の下草は藪っぽい ← 踏み跡は判ります
11:55 青嵐峠 ← 平らな山道の途中に道標
12:10 植林帯を過ぎると雑木の尾根
 大岩を巻き
 高舘山・黒戸山分岐の道標を経て
12:20 高舘山の山頂
 分岐に戻り
 雑木、植林帯、藪を経て ← いずれも緩いか平ら
12:40 黒戸山の山頂
 植林帯の緩い斜面を下り
12:48 舗装路出合い
12:50 舗装のT字分岐
 この分岐には左手を指す中徳次郎への矢印板のみ
 先に右折、頭上に送電線を見て
 蛇行する狭い舗装路を辿ると左に兜山入口の矢印板
 緩く藪っぽい踏み跡を辿ると大岩、右脇から巻いて
13:00 兜山の山頂
 T字分岐に戻り舗装の林道を中徳次郎方面へ
 何かの施設に出合い右手で巻いて
13:25 舗装の農道に下り立ち橋を渡って直進
 信号を右折、国道293号を西へ、ほどなく
 徳次郎交差点に出合い右折すると国道119号沿いに
13:35 中徳次郎バス停 195m?
 13:44 の宇都宮駅行に乗車、先客は1人だけ
 宇都宮駅からの乗り継ぎも順調


写真は撮った順です
最初は一里塚バス停付近

船入街道にて
2、3点目は宇都宮アルプスの山並み

子どものもり公園の入口

冒険活動センター管理棟の左側を辿って東屋へ

東屋から眺めた管理棟

東屋の上手にハイキングコースの矢印板
矢印の方向へ進むと再びハイキングコースの矢印板
ココから山道

植林の斜面を上ると展望デッキ
更に植林の尾根を辿り ← 1点目
雑木の岩場を上って行くと ← 2、3点目
勾配が緩み ← 5点目

榛名山の山頂に着きます

次は男山の山頂を目指して

男山の山頂

更に本山の山頂へ

本山の山頂に近づくと
折れた幹や根を掘り起こされた自然木

本山の山頂にて

飯盛山の山頂に向かいます

飯盛山の山頂です

脆い岩場は姿を消しましたが
飯盛山山頂からの下りは落ち葉が積もった急な斜面
滑りやすいので慎重に
3点目にもロープが写っています

青嵐峠の表示板
次第に藪っぽく

雑木の尾根に上がり
大岩を巻くと高舘山の山頂です ← 2点目

更に黒戸山の山頂へ ← 2点目

黒戸山の山頂から植林の斜面を下ると
舗装路に出てしまうので兜山は字余り的
兜山の山頂は荒れて暗く
雨粒も落ちてきたので気分が滅入った
そそくさとT字分岐に戻り
中徳次郎バス停に向かう舗装路へ ← 1点目





|

« 蕨山から藤棚山 | トップページ | 岩船山、馬不入山、晃石山、太平山 »