« 火打山 2018年秋 | トップページ | 奥白根山の秋 »

2018-10-03

天狗岳 霜

2日は ← 2018年10月
唐沢鉱泉から西尾根を経て西天狗⇒東天狗へ
東天狗からは中山峠に下り黒百合平でオニギリ休憩
ふらつく足で渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐を経て唐沢鉱泉へ

衰えがさらに進んだかも
ヒトの感覚あるいは意識は自分の変化に鈍感
日常にヤマを挟み込んだ記録は体重計の代わり
太目細目はある程度対応可能
一方、こちらはムカシが競争相手
勝ち目は99.999パーセントゼロ
00.001パーセントは ……

ムカシは感性に余裕がなかった
今は五感も想念も大きく開放
歩いているときは故人と対話
眺めているときは幼児の観照

歩いた経路
18年10月02日 唐鉱 西尾 西⇒東 中峠 黒百 唐鉱
17年07月06日 唐鉱 黒百 中峠 東⇒西 西尾 唐鉱
16年06月27日 本口 根石 東⇒西⇒東 砂新 本口
15年08月07日 唐鉱 西尾 西⇒東 中峠 黒百 唐鉱
15年07月29日 本口 根石 東 砂新 本口
15年02月04日 渋御 黒百 中峠 東手前 中峠 渋御
14年11月19日 唐鉱 黒百 中峠 東⇒西 西尾 唐鉱
13年08月28日 渋御 黒百 奥庭 東⇒西⇒東 中峠 渋御

渋御 渋御殿湯
唐鉱 唐沢鉱泉
黒百 黒百合平
奥庭 天狗ノ奥庭
中峠 中山峠
西尾 西尾根
砂新 白砂新道
東 東天狗
西 西天狗
根石 根石岳
本口 本沢温泉入口

今回の経路
西天狗山頂への上りは大石を伝って
西天狗から東天狗へは主にガレ
東天狗から中山峠へは石を縫って
黒百合平からの下りは沢の石を飛び飛び
木の板と金属の板に出会うとホッとします
黒百合平から沢の石を下る途中に
表示のあった迂回路は荒れと倒木 ← 厄介な状態
唐沢鉱泉は「停電のため旧館」の掲示

今までに歩いた天狗岳の登山口
渋御殿湯 1880m? ← 黒百合平を経て
唐沢鉱泉 1870m ← 西尾根または黒百合平を経て
本沢温泉入口 1607m? ← 根石岳を経て

車は
渋御殿湯手前に有料駐車場
唐沢鉱泉手前に無料駐車場
本沢温泉入口に無料駐車場 ← 4WDは林道に暫く入れる

今回歩き始めの車外気温は摂氏5度

歩いた総時間
18年10月02日 6時間40分 唐 西 東 中 黒 唐 ← A
17年07月06日 6時間20分 唐 黒 中 東 西 唐 ← a
16年06月27日 6時間45分 本 根 東 西 東 砂 本
15年08月07日 5時間30分 唐 西 東 中 黒 唐 ← A
15年07月29日 6時間35分 本 根 東 砂 本
15年02月04日 4時間55分 渋 黒 東手前まで ← 積雪
14年11月19日 5時間35分 唐 黒 中 東 西 唐 ← a
13年08月28日 6時間55分 渋 黒 奥 東 西 東 中 渋
Aとaは逆コース

黒百合平経由で歩いた時刻
18-10 17-7 15-8 15-2 14-11 13-8
**:** **:** **:** 06:40 **:** 06:00 渋御殿湯
12:35 06:00 10:40 **:** 07:15 **:** 唐沢鉱泉
11:30 07:00 09:45 07:40 08:15 07:05 唐沢・渋分岐
10:40 07:45 --:-- 08:10 09:00 07:45 黒百合平発着
10:25 07:55 08:55 08:25 09:05 08:05 黒百合平発着
10:20 08:00 08:50 08:30 09:10 **:** 中山峠
**:** **:** **:** **:** **:** 08:40 天狗の奥庭
--:-- 08:55 08:15 09:10 --:-- --:-- 擂鉢池分岐
09:10 09:10 07:50 **:** 10:25 09:20 東天狗の山頂
08:40 09:30 07:30 **:** 10:45 09:45 西天狗の山頂
**:** **:** **:** 10:20 **:** 11:05 中山峠
**:** **:** **:** 10:25 **:** 11:10 黒百合平
**:** **:** **:** 11:35 **:** 12:55 渋御殿湯
07:55 10:25 06:55 **:** 11:25 **:** 西尾根第2展望台
07:25 10:55 06:30 **:** 11:45 **:** 西尾根第1展望台
06:40 11:35 05:50 **:** 12:15 **:** 西尾根下降点
05:55 12:20 05:10 **:** 12:50 **:** 唐沢鉱泉
今回と15年8月は下段が歩き始め

本沢温泉入口から歩いた時刻
16-06 15-07
05:00 05:30 本沢温泉入口の駐車場
05:17 --:-- 路肩の4WD車のP
05:30 06:00 林道ゲート
06:15 --:-- みどり池方面分岐
06:25 07:00 本沢温泉
07:20 08:00 夏沢峠
07:50 08:35 箕冠山の山頂広場
07:55 08:40 コマクサ群生地の囲い
08:05 08:50 根石岳の山頂
08:15 09:05 白砂新道の下り口
08:30 09:20 東天狗の山頂
08:50 **:** 西天狗の山頂
09:10 **:** 東天狗の山頂
09:30 09:40 白砂新道の下り口
10:25 10:50 本沢温泉
11:20 11:40 林道ゲート
11:30 --:-- 路肩の4WD車のP
11:45 12:05 本沢温泉入口の駐車場


北八ヶ岳の山

蓼科山 たてしなやま 2530m
北横岳 きたよこだけ 北八ヶ岳の横岳
北横岳の北峰 2480m
北横岳の南峰 2473m
縞枯山 しまがれやま 2403m
茶臼山 ちゃうすやま 2384m
麦草峠 むぎくさとうげ 2120m
丸山 2330m
高見石小屋 2265m?

ニュウ 2352m
中山展望台 2482m?
中山 2496m
稲子岳 いなごだけ 2380m
中山峠 2455m
ミドリ池 2037m?

黒百合ヒュッテ 2410m?
天狗岳 てんぐだけ
 東天狗の山頂 2640m
 西天狗の山頂 2646m
根石岳 ねいしだけ 2603m
夏沢峠 なつざわとうげ 2430m?

八ヶ岳連峰は夏沢峠を境に
南側を南八ヶ岳 ← 単に八ヶ岳とも
北側を北八ヶ岳
根石岳は北八ヶ岳の最南端
夏沢峠は根石岳の南、硫黄岳の北


今までに歩いた北八ヶ岳の山 ← 日帰り一人

蓼科山
蓼科山登山口バス停から蓼科山 2014年10月29日
県道192号のすずらん峠園地駐車場から幸徳平を経て
山頂ヒュッテで山頂往復→将軍平→天祥寺原→竜源橋

白樺高原国際スキー場から蓼科山 2013年01月30日
白樺高原国際スキー場のゴンドラリフト山頂駅から
将軍平を経て森林限界を過ぎた山頂直下までの往復
林間を抜けると吹き飛ばされそうな風で山頂は断念

 

2011年3月30日はゴンドラリフト山頂駅から将軍平へ
この折は快晴無風で山頂は見るからに穏やか
但し緩んだ深雪に足を取られバテてしまった

蓼科山登山口バス停から蓼科山 2011年02月23日
すずらん峠園地駐車場から山頂往復

麦草峠から
麦草峠から中山展望台 2016年08月24日

麦草峠から白駒池 2016年08月19日

麦草峠から北横岳と双子池 2016年08月09日

坪庭から
坪庭から北横岳 2017年02月01日

坪庭から北横岳 2015年01月14日

坪庭から縞枯山 2013年02月20日

坪庭から北横岳 2013年01月24日

坪庭から北横岳 2012年03月14日

坪庭から縞枯山 2011年03月09日

坪庭から北横岳 2011年01月26日

天狗岳
梅雨時の西天狗 2017年07月06日

本沢温泉入口から天狗岳 2016年06月27日

唐沢鉱泉から西尾根を経て天狗岳 2015年08月07日

本沢温泉入口から天狗岳 2015年07月29日

天狗岳 2015年02月04日

天狗岳 2014年11月19日

天狗岳 2013年08月28日


今回の写真

唐沢鉱泉からは樹林帯です

樹林帯の斜面を上がり西尾根へ
第一展望台からの眺め

更に奥へ

第二展望台にて
1点目の背後が西天狗の山頂部
2点目は振り返った眺め

さらに進み

鞍部に下って樹間を上り返すとやがて大石の斜面
ペンキの○×印と矢印を頼ると見た目より楽です

山頂間近から振り返ると葉先の霜はまだ解けずに

西天狗の山頂にて

山頂から東天狗との鞍部へ下る途中からの眺め
蓼科山の三角がよい目印

鞍部から東天狗へ上り返すルート
山頂に近づくほど石がゴロゴロ

東天狗の山頂にて
中山峠方面

東天狗から眺めた西天狗

中山峠へ下るルート途中にて
ず~っと大石ゴロゴロ

街は半袖、山は秋の盛り

往路の車は諏訪ICから、帰路は麦草峠を経由
唐沢鉱泉の無料駐車場は到着時3台、帰り際満車
麦草峠の無料駐車場は満車
白駒池の有料駐車場は見た目満杯、係員が空所に誘導

唐沢鉱泉から東天狗までに行き合ったのは僅か一人
天狗岳を借り切った気分
東天狗を下り始め唐沢鉱泉までは
小グループ、団体、単身など人影多数
それでも夏山各所の人人人人人人人人とは大きな違い

ルート脇には脆い崖っぷちが一、二
足場は確か

東天狗(左)と西天狗を振り返る

中山峠近く

黒百合平と黒百合ヒュッテ





|

« 火打山 2018年秋 | トップページ | 奥白根山の秋 »