« 大雪山系 赤岳 白雲岳 緑岳 黒岳 | トップページ

2018-08-01

燧ヶ岳 盛夏

30日は ← 2018年7月
御池に駐車、燧ヶ岳へ
下山は長英新道⇒大江湿原⇒沼山峠バス停
沼山峠バス停⇒御池はシャトルバス

燧ヶ岳 ひうちがたけ 2356m
 広沢田代 ひろさわたしろ 1756m
 熊沢田代 くまざわたしろ 1950m
 燧ヶ岳の俎嵓 まないたぐら 2346m
 燧ヶ岳の柴安嵓 しばやすぐら 2356m

尾瀬ヶ原 おぜがはら 1400m
尾瀬沼 おぜぬま 1665m
御池駐車場 みいけちゅうしゃじょう 1500m?

至仏山 しぶつさん 2228m
会津駒ヶ岳 あいづこまがたけ 2133m

今まで燧ヶ岳へは
御池⇒俎嵓&柴安嵓⇒沼山峠 今回は4度目
御池⇒俎嵓⇒沼山峠 1回 ← 一部残雪
御池⇒俎嵓&柴安嵓 往復4回
御池⇒俎嵓往復 1回 ← 全面残雪
御池⇒熊沢田代 往復2回
御池田代遊歩 1回

燧ヶ岳の前3回の夏の写真
2016年07月10日

2014年08月06日

2010年07月21日



歩いた時刻 ← 休憩含む 2013年以降
18-7 17-10 17-6 16-7 15-10 14-8 13-9 ※
06:30 06:00 06:40 05:20 08:15 05:20 05:40 御池
07:15 06:35 07:25 06:00 --:-- --:-- 06:20 広沢
07:55 07:15 08:20 06:35 09:25 06:35 06:55 熊沢
09:10 08:25 09:40 07:40 10:30 07:45 08:00 俎嵓
09:35 08:50 **:** 08:00 10:55 08:05 08:20 柴安
10:15 09:25 09:40 08:30 --:-- --:-- 08:50 俎嵓
**:** **:** **:** **:** --:-- --:-- 09:35 熊沢
**:** **:** **:** **:** --:-- --:-- 10:10 広沢
**:** **:** **:** **:** 13:40 11:10 10:55 御池
10:45 09:45 --:-- 08:50 **:** **:** **:** 長八
12:30 11:30 12:25 10:30 **:** **:** **:** 浅湖
13:35 12:25 13:15 11:30 **:** **:** **:** 沼山

※ 地名は順に
御池 広沢田代 熊沢田代 俎嵓 柴安嵓
長英新道の八合目 浅湖湿原出合い 沼山峠バス停

--:--は記録漏れ
**:**は立ち寄らず

総時間
歩いた年月日 往路の時間 復路の時間 総時間
18年07月30日 3時間05分 4時間00分 7時間05分 A
17年10月09日 2時間50分 3時間35分 6時間25分 A
17年06月20日 3時間00分 3時間35分 6時間35分 B
16年07月10日 2時間40分 3時間30分 6時間10分 A
15年10月10日 2時間40分 2時間45分 5時間25分 C
14年08月06日 2時間45分 3時間05分 5時間50分 C
13年09月12日 2時間40分 2時間35分 5時間15分 C
12年10月17日 2時間40分 2時間30分 5時間10分 C
11年05月18日 3時間15分 2時間25分 5時間40分 D
10年07月21日 -時間--分 -時間--分 7時間30分 A

A 御池⇒俎嵓⇒柴安嵓⇒俎嵓⇒沼山峠
B 御池⇒俎嵓⇒沼山峠 ← 交互に残雪と地肌
C 御池⇒俎嵓⇒柴安嵓⇒俎嵓⇒御池
D 御池⇒俎嵓⇒御池 ← 全面残雪

今回持ち帰った飲料の容器
◆ザックの中
スポーツ飲料 500mlの空容器 3本
麦茶 660mlの空容器 1本
栓を開けなかったスポーツ飲料 500ml 1本
つまり携行した飲料は計 2.66 L
内飲み干した飲料は計 2.16 L
◆車内
野菜ムース 330mlの空容器 1本 ← コンビニで購入
コーラ 500mlの空容器 1本 ← 自販機の冷たい飲み物

この日外出中に飲んだ飲料は 2.99 L
出発時と帰宅時と深夜に飲んだ麦茶 0.70 L
仮に食べものに含まれる水分量を 1.00 L とすると
私は自分の普段1日に必要な水分量の二倍を摂取
更に帰宅後に飲んだ酒精入りの飲料がホンの少し

写真は撮った順です

御池の有料駐車場にて ← 私の払った額は千円

最初の休憩は広沢田代
木道沿いにはコバギボウシの花
黄色い花はキンコウカ

次の休憩は熊沢田代

標高が高まると会津駒ヶ岳も望めるように

俎嵓にて
水面は尾瀬沼

俎嵓から眺めた柴安嵓

俎嵓から柴安嵓へ移動します
俎嵓も柴安嵓も山頂直下は大石ゴロゴロ
俎嵓は山頂にも大石が堆積 ← 狭く混雑
柴安嵓の山頂は広く平らで休憩適地

風は ← 気まぐれ
俎嵓が強く柴安嵓が弱かったり
その逆だったり
今回は暑いので強風を期待したのに ← ヒトは身勝手
どちらも弱すぎ

柴安嵓から眺めた尾瀬ヶ原と至仏山

柴安嵓から眺めた俎嵓

俎嵓に戻ってきました

下山は長英新道を経て大江湿原へ

マルバダケブキの花はまさに夏色

大江湿原の夏雲
花はマルバダケブキとミヤマシシウド





|

« 大雪山系 赤岳 白雲岳 緑岳 黒岳 | トップページ