« 白笹山、南月山、牛ヶ首 | トップページ

2018-05-18

御嶽駅から大塚山と広沢山

17日は ← 2018年5月
山の会の山行きに参加 ← 女性2名 男性3名
御嶽駅から大塚山に上り鉄五郎新道を下って古里駅へ

御岳山 みたけさん 929m
武蔵御嶽神社 むさしみたけじんじゃ 925m?
御岳登山鉄道 みたけとざんてつどう
 滝本駅 たきもとえき 407m
 御岳山駅 みたけさんえき 831m
西東京バス・ケーブル下バス停 389m?

御嶽駅 みたけえき 240m? ← JR青梅線
杣ノ小橋 そまのこばし 217m? ← 発電所手前の橋
神路橋 かみじばし 214m? ← 吊り橋
山本山? やまもとやま 583m
中ノ棒山? なかのぼうやま 846m 丹三郎平尾根に合流
大塚山 おおつかやま 920m
広沢山 ひろさわやま 848m
下コンピラ山 しもこんぴらやま 526m
寸庭橋 すんにわばし 249m?
古里駅 こりえき 293m? ← JR青梅線

丹三郎山 たんざぶろうやま 667m 丹三郎平
丹三郎山は大塚山の北、下コンピラ山の東

今回はリーダーともう1人の男性が諳んじているルート
私1人だったら網で封鎖されている登山口は
探しても判らなかったと思います

大塚山から広沢山への下り口も私は判らなかった
林間の急斜面を我々が足早に下っていくと
作業服の1人が『大丈夫ですか』と声をかけてくれた
ルートを外しているように思ったのです
リーダーともう1人の男性に揺るぎはなかった
バリエーションコースは不安がつきもの
今回は例外かも

往路は植林帯をジグザグに急登
汗ビッショリ ← この日の青梅の最高気温は32度
丹三郎平尾根に出会ってからは
気温が下がり心地よい風が吹いていました
辺りには新緑が爽やかな自然林も

大塚山から広沢山への下りは穏やかな尾根
広沢山の山頂からは植林の急斜面をジグザグに下山
続いて露岩の尾根の長い下り
狭く急ですが足がかりは確か

盛り上がった岩場の手前で向きを変えます
先に岩頭に上ろうとすると
左下の絶壁の上部に2つの人影 ← ロッククライミング

岩頭から戻って向きを変えると
倒壊した家屋の残骸と沢の水音
今度は沢沿いの斜面へ ← 草の多い穏やかな踏み跡

舗装路に出てからは『ガリガリ君リッチ』が話題に
新作が加わったそうです
駅近くのコンビニには見当たらなかった ← ガッカリ

歩いた経路と時刻 ← 大よそ

徒歩30分の最寄り駅で始発に乗車
中央線への乗換駅で途中下車、朝食をとり
青梅駅経由奥多摩行で御嶽駅へ

09:15 御嶽駅から歩き始め
 青梅街道を横切り
 御岳橋北詰の左外から狭い階段を下り
 多摩川左岸の遊歩道を西へ
09:25 杣ノ小橋を潜る
09:30 神路橋を渡る
09:35 御岳山参道入口で滝本駅方面を離れ
 多摩川右岸の県道45号を川井駅方面へ進み
 日原20Kmの看板とは反対側の脇道を上ると
09:45 大塚山登山口のネット
 青梅市と奥多摩町の境界尾根へ ← 植林帯
10:40 583m標高点 ← 山本山?
11:40 846m標高点 ← 中ノ棒山?
12:00 大塚山山頂手前のケーブルカー方面分岐
 大塚山園地休憩所を経て
12:10 大塚山の山頂 ~ 12:50
 山頂からは北西に転じ穏やかな尾根をスタスタ
13:15 広沢山の山頂
 北に転じ
14:10 岩頭に金比羅神社の祠
 神社から戻って休憩 ~ 14:30
 沢沿いの斜面を延々と横切り
15:00 舗装路出合い
 コンビニでアイスを購入
15:35 古里駅 ← 15:40 青梅行に乗車

計6時間20分

休憩1時間と小休止計20分を除くと
実際に歩いた時間は5時間 ← 予定通り

写真は撮った順です
1点目は青梅線・御嶽駅

歩き始めは多摩川の流れに沿って

登山口です ← 大塚山は手前方向
網を外し通過してから網を戻しました
登山口を過ぎると植林帯の斜面 ← 急登の連続

583m標高点(山本山?)辺りから自然林も

846m標高点(中ノ棒山?)で丹三郎平尾根に合流
穏やかな尾根を経て大塚山の山頂へ
大塚山からは御岳山駅への下山も可

今回は広沢山を経て古里駅へ下山
広沢山山頂までは穏やか

広沢山山頂を過ぎると勾配が強まります
植林帯の急な斜面はジグザグに下降
踏み跡は往来が少なく?傷んでなかった
露岩の尾根は石の段々が足がかり

金比羅神社の祠は1点目の右上方 ← 岩頭
2点目は岩頭に上がる途中の石の祠
ほかに一、二の石像も
1点目の左下方は切れ落ちた絶壁

岩場を離れさらに下り

舗装路に出て古里駅へ





|

« 白笹山、南月山、牛ヶ首 | トップページ