« 行者岳、地蔵岳、夕日岳 | トップページ | 戸倉三山、今熊山、小峰公園 »

2018-04-30

ヌカザス尾根を経て三頭山

28日は ← 2018年4月
小河内神社バス停で下車、浮橋で奥多摩湖を渡り
舗装路脇の登山口からヌカザス尾根を経て三頭山へ
復路は西原峠を経て仲ノ平バス停に下山

奥多摩三山
大岳山 おおだけさん おおたけさん 1266m
御前山 ごぜんやま 1405m
三頭山 みとうさん 1531m
 西峰 1524m ← 広く眺めよい
 中央峰 1531m ← 三頭山の最高峰
 東峰 1527m ← 三角点峰 隣に展望デッキ

小河内神社バス停 536m? おごうちじんじゃ
イヨ山 いよやま 979m
ヌカザス山 ぬかざすやま 1175m 糠指山
ツネ泣峠 つねなきとうげ
入小沢ノ峰 いりおざわのみね 1302m
御堂峠 みどうとうげ1336m
ムシカリ峠 むしかりとうげ 1430m
大沢山 おおさわやま 1482m
槇寄山 まきよせやま 1188m
西原峠 さいばらとうげ 1154m?
仲の平バス停 654m? なかのたいら
数馬バス停 685m? かずま

交通 ← ICカード可 土日祝ダイヤ
車は武蔵五日市駅前のコインPへ

往路の交通
五日市線・立川行
武蔵五日市 5:22 - 5:39 拝島
青梅線・青梅行
拝島 5:46 - 6:04 青梅
青梅線・奥多摩行
青梅 6:05 - 6:52 奥多摩
西東京バス・奥09・鴨沢西行
奥多摩駅 7:00 - 7:26 小河内神社
車併用でないと7:00のバスに乗るには前泊が必要

帰路のバス
西東京バス・五滝10・武蔵五日市駅行
数馬 - 仲の平 - 武蔵五日市駅
13:21 - 13:22 - 14:21 ← 数馬バス停から乗車
14:51 - 14:52 - 15:45

歩いた経路と時刻 ← 休憩含む
各所に道標

07:30 歩き始め
 浮き橋で奥多摩湖を渡る 標高525m?
07:40 対岸から遊歩道を東へ
 奥多摩周遊道路に上がり西へ
07:50 舗装路の左脇に三頭山登山口
 植林帯の斜面
 落葉樹の大らかな尾根
08:40 イヨ山の山頂
 アップ&ダウンが加わり
 勾配も次第に強く
09:35 ヌカザス山の山頂
09:37 ムロクボ尾根経由三頭橋方面分岐
 ムロクボ尾根方面を下り口から覗いて唖然
 ロープが真っすぐ垂れてしまうほどの急坂
--:-- ツネ泣峠
 気をつけていたのですが峠の道標には出会えず
 入小沢ノ峰の道標から推測すると
 ヌカザス山-300m-ツネ泣峠-300m-入小沢ノ峰
 入小沢ノ峰への上りは急でしたが
 ツネ泣峠の『泣き』はキツイ坂とは関係なさそう
10:00 入小沢ノ峰の山頂
 朽ちかけた矢印板には
 ツネ泣峠0.3km・ヌカザス山0.6km
 三頭山1.9km
10:20 鶴峠分岐 ← 鶴峠方面分岐
10:47 巻き道分岐
 直進すると西峰へ100m
 今回は巻いて
10:48 御堂峠 ← 三頭山(東峰)展望台0.2kmの道標
10:51 中央峰 ← 三頭山の最高峰
10:52 東峰 ← 三角点あり
10:53 東峰のすぐ先に展望デッキ
10:58 御堂峠に戻って
11:00 西峰 ← 寛ぐハイカー多数

 御堂峠までに出会ったのは3人、いずれも1人歩き
 下山途中は単身十数人、2、3人連れ数組、5、6人1組

11:10 西峰から下山開始、西峰の道標には
 三頭山避難小屋0.5km、西原峠3.7km など
 以降、下山路はバス停まで穏やか
 13:10のバスに間に合う見通し
11:17 ムシカリ峠
11:18 避難小屋
11:25 大沢山の山頂
11:35 三頭大滝方面分岐 ← 道標がいくつか
 三頭大滝を指す表示板には『約40分』と付記
 三頭大滝方面を左に分け西原峠を指す表示板には
 『これより先は都民の森ではありません』と付記
12:00 クメケタワの道標 1140m?
12:10 郷原方面分岐
12:23 槇寄山の山頂
12:25 西原峠
13:00 西原峠2.1km・仲ノ平バス停1.0kmの道標
 案内板を頼りに山里の舗装路を下り
13:10 仲の平バス停
13:15 数馬バス停
 始発に乗るため数馬バス停に移動したのですが
 増発便も同時発車 ← 空席多数、移動はムダな労力

--:--は記録漏れ

写真は撮った順です
小河内神社バス停で降りると
近くに奥多摩湖の浮橋に下る階段があります

車道脇の三頭山登山口
上の空だと見落とすかも

植林を経て尾根筋へ

イヨ山の山頂

さらに上手へ

段差の大きい箇所も

ヌカザス山の山頂

尾根筋は穏やかだけではなかった

ムロクボ尾根方面分岐
ムロクボ尾根への下りは急なロープ場

新緑は期待通り

写真中央右上微かにロープ
勾配は見た目よりキツク距離も長く
アップ&ダウンを続けてきた足が不平たらたら
歩き初めからココの斜面を意識してペース配分
したくても今回は下調べを手抜き
次回はもう少し考えて歩きます

入小沢ノ峰の山頂

これから先はバス停までルート穏やか

鶴峠方面分岐を経て ← 1点目
歩き続けると巻き道分岐
分岐を直進すると100mで西峰山頂
今回は巻いて先ず御堂峠へ ← 3点目

御堂峠からは中央峰を経て

東峰(三角点峰)、さらに展望デッキへ
4点目は展望デッキからの眺め

御堂峠に戻り

西峰の山頂はハイカー多数

下山は西原峠を目指して

ムシカリ峠
2点目は三頭山避難小屋

避難小屋からは大沢山へ

大沢山の山頂です
富士山が霞んでしまった

三頭大滝への最後の分岐
都民の森を離れ西原峠に向かいます

ルートは乾燥 ← 滑る心配もなかった

1点目は槇寄山の山頂
2点目は西原峠

尾根を離れ穏やかな斜面を下り
植林帯を抜け畑に出合い ← 2点目

舗装の里道を下りバス道に出るとソコが仲ノ平バス停
仲ノ平バス停から数馬バス停へはバス道を4、5分程度
手洗いは数馬バス停にあります



今まで奥多摩三山へは
御前山 2015年11月07日
大岳山 2013年03月23日
御前山 2013年03月09日
三頭山 2013年03月02日

武蔵五日市駅から
直接またはバスを利用して歩いた山は

2017年04月13日 市道山~生藤山~熊倉山
2017年03月28日 市道山~醍醐丸~陣馬山
2017年03月09日 臼杵山~市道山~刈寄山
2016年01月09日 浅間嶺から上川乗バス停
2016年01月04日 上川乗バス停から槇寄山
2014年04月05日 三国山~醍醐丸~陣馬山
4月5日は↑武蔵五日市駅と接点ないかも

2017年03月19日 横沢入
2017年03月16日 吉野から日ノ出山
2013年03月23日 白倉から大岳山

記録しないとスグ忘れます ⇒ 何度歩いても毎回新鮮
一方、記録が溜まると予定づくりに便利



|

« 行者岳、地蔵岳、夕日岳 | トップページ | 戸倉三山、今熊山、小峰公園 »