« 梅ノ木尾根を経て大山 | トップページ | 行道山から両崖山 花の季節 »

2018-04-11

有間山と蕨山 2018年4月

10日は ← 2018年4月
名郷バス停から鳥首峠、有間山、蕨山へ

快晴
歩き始めは摂氏3度
稜線の風も冷たかった

鳥首峠 とりくびとうげ 953m
有間山 ありまやま ← いくつかの峰の総称
橋小屋ノ頭 ← 有間山と記された表示板あり 1163m
タタラノ頭 ← 有間山の三角点 1213m
蕨山 わらびやま 最高点? 1044m 蕨山展望所 1033m

名郷バス停 なごうばすてい 327m? ← 手洗いあり
手洗いの並びに有料駐車場 ← 今回利用

今まで近隣へは

2016年03月20日 武川岳と横瀬二子山

2016年03月12日 名郷バス停から武川岳

2015年4月25日 鳥首峠と有間山と蕨山

2015年4月16日 武甲山と小持山と大持山


今回歩いた経路 ← 2015年4月25日に同じ
名郷バス停から
大鳩園キャンプ場の看板を頼りに舗装路歩き
→ 大鳩園キャンプ場
→ 大場戸橋 ← 渡ります
→ 舗装路の終点 ← 鳥首峠方面登り口の看板 524m?

舗装路の終点の
石灰石鉱業所は土台を残して消えていました

→ 白岩の廃村
→ 植林帯のジグザグ道
→ 鳥首峠
→ 尾根を南へ上り
→ 鉄塔下
→ さらに二、三の急登を過ぎると
→ 片側にフェンスが続く尾根歩き ← 穏やか
→ 滝入ノ頭 1071m
→ ショウジクボノ頭
→ ヤシンタイノ頭 1100m ← 名札が消えていた
→ 橋小屋ノ頭 1163m ← 有間山の山頂表示板あり

橋小屋ノ頭~タタラノ頭はより穏やかな尾根道
中間のピークごとの名札は消えていました
ナニもないと初めて歩くときは不安

→ タタラノ頭 1213m ← 三角点あり 表示札あり
→ 橋小屋ノ頭に戻り
→ 蕨山へ向けて下降
→ 逆川乗越 ← 東屋あり 広場を横切る
→ 上り返して蕨山の山頂へ向かいます
→ 右脇に蕨山の最高点? 1044m
→ すぐ先の名郷への下降点で先に蕨山展望所へ上り
→ 名郷への下降点に戻り下山開始
→ 急な下りが続きます ← 細粒の石が滑り台効果
→ 尾根筋の下りを終え植林の斜面へ右折 833m?
→ 暗い林間
→ 林道出合い 432m
→ 林道歩き
→ 蕨入橋を渡ると左に名郷バス停
周回コース

歩いた時刻 ← 休憩含む
今回 15年4月
05:30 06:40 名郷バス停
06:00 07:10 舗装路終点
06:15 07:25 白岩の廃村
06:50 08:00 鳥首峠
07:30 08:35 滝入ノ頭
07:40 08:45 ショウジクボノ頭
08:05 09:05 橋小屋ノ頭
08:30 09:30 タタラノ頭 ← 有間山の三角点
09:00 10:00 橋小屋ノ頭
09:15 10:15 逆川乗越 ← 前回は雨衣に着替え
09:25 10:35 蕨山最高点? ← ルート脇
09:35 10:40 蕨山展望台
10:40 11:40 尾根筋から植林帯への右折点
11:05 12:00 林道出合い
11:15 12:10 名郷バス停

集計 名郷バス停~蕨山展望台~名郷バス停
前回 4時間00分 1時間30分 計5時間30分
今回 4時間05分 1時間40分 計5時間45分

山歩きの時間の記録は体調の判断に役立っています
血液検査値は明らかに漸増
主治医からは『必ず検査を続けてください』

父の肺ガンが判ったのは旅先で体が動かなくなって
父は持病の検査と治療のため
都心の権威ある病院に何十年も通っていたのですが
肺ガンは発見が遅れ摘出手術は無理でした
私の病院は出先でたまたま訪れた開業医の紹介です
やはりたまたま診ていただいた先生が
スポーツマンタイプの若い(?)先生 ← 年齢不明
雰囲気に惹かれ深く信頼 ♪
私は有名病院や大学病院はお見舞いを除いて無縁

蕨山の下りは
前回は雨衣でしたが足許は確か
今回は晴れなのに足許フラフラ ← 少し気がかり

写真は撮った順です

最初は名郷バス停からの眺め

石灰石鉱業所が消えた登山口から鳥首峠までは植林帯

鳥首峠

峠から送電線の鉄塔を経て稜線へ
何ヶ所かの急登は小石で滑りやすい
右脇にネットの柵が現れると傾斜が緩み足許穏やか

有間山の山頂です
表示板には小さく橋小屋ノ頭の文字も

橋小屋ノ頭からは仁田山方面へさらに稜線を辿り
いくつかのピークを越えるとタタラノ頭に着きます
写真はタタラノ頭の前後
タタラノ頭の表示板は2点とも荒れていました

橋小屋ノ頭に戻り蕨山方面へ下ると逆川乗越
写真の背後は橋小屋ノ頭

上り返して名郷への下降点を掠め蕨山展望台へ

下降点へ戻り名郷バス停へ向かって下山
下り始めは単調な急坂
やがて露岩の下りも
急坂には段差が刻まれ露岩にも確かな足場
但し
細かい石粒 ← 滑りやすい
脆い岩 ← 落石のモト

沢筋を経て林道からの眺め

名郷バス停





|

« 梅ノ木尾根を経て大山 | トップページ | 行道山から両崖山 花の季節 »