« 城ヶ丸と日陰山 | トップページ | 新宿御苑 18年1月 »

2018-01-21

大高山から天覧山へ

19日は ← 2018年1月
吾野駅から大高山、天覚山、多峯主山、天覧山へ

大高山 おおたかやま 493m
天覚山 てんかくさん 445m
釜戸山 かまどやま 293m
久須美山 くすみやま 260m
永田山 ながたやま 277m
多峯主山 多峰主山 とうのすやま 271m
天覧山 てんらんざん 197m

飯能駅 はんのうえき 106m?
吾野駅 あがのえき 187m?

飯能駅前で朝食
西武秩父線 ← 吾野駅が池袋線と秩父線の境
飯能駅 6:22 - 6:46 吾野駅 ← 平日
吾野駅の手洗いは改札の外
登山届一式も改札の外

歩いた経路と時刻 ← 大よそ
07:00 吾野駅前から歩き始め

 駅前の舗装面を西へ
 すぐに現われた『吾野湧水』の案内板通りに
 軌道下の狭く暗い地下道を抜けると
 大高山・天覚山への道標に出合いました
 以降、要所に道標または手書きの案内

07:05 大高山登山口 ← 墓地脇の舗装路から山道へ

 大高山登山口から暫くは植林の斜面
 尾根上からも永田山までホボ全域植林帯
 踏み跡はハッキリ ← 歩きやすい
 標高差の少ない上り下りが延々と続きます
 巻き道が消えても上り下りは消えなかった

 多峯主山~天覧山は上りも下りも緩く穏やか
 その緩い上りで足がソッポ
 仕方なく休み休み
 天覧山への緩い上りも同じ調子

07:35 前坂 ← 竹寺・中藤方面分岐
07:45 フェンス出合い ← 遥か下方にゴルフ場
07:47 舗装路を横切り
07:50 丸太の腰掛け
08:05 大高山の山頂
08:20 大岩 ← 尾根筋の露岩 巻きます
 上り下り上り下り ∧∨ ∧∨
09:15 天覚山の山頂 ← 10分休憩
 上り下り ∧∨
09:40 鉄塔前の分岐 ← 道標の文字は
 天覚山 0.7km 多峯主山 5.0km 東吾野駅 1.2km
09:50 舗装路出合い ← 舗装路を左へ
09:52 舗装路の右脇に道標 ← 東峠(長尾坂)
10:05 鉄塔下
10:15 再びフェンス ← 遥か下方にゴルフ場
10:35 釜戸山方面分岐
10:50 武蔵横手駅方面分岐
10:55 久須美方面分岐 ← この分岐が久須美坂かも
10:58 久須美山山頂の祠
11:10 永田山の山頂 ← ケルンの先に展望地
 山道は丘の上公園を右方で大きく巻いて下り
 整然とした住宅街の縁へ
 縁の林間に飯能アルプス永田尾根と記した木札
 雑木の穏やかな永田尾根を経て
11:30 湿地帯のフェンス脇に下り
11:30 すぐ車道出合い 151m?
 車道を右方に進むと
11:32 車道の左脇に多峯主山への登山口 144m?
 穏やかな斜面を上って行くと
11:40 太陽光発電施設のフェンス 224m?
12:00 下ると湿地の鞍部
 上り返して雑木の山道
12:15 久須美坂・本郷・多峯主山分岐
 多峯主山~天覧山は分岐が多く
 ルートは気にせずテキトーに歩きました
12:20 多峯主山の山頂
12:30 下ると雨乞い池
 広く穏やかな山道
12:35 多峯主山・天覧山・高麗駅分岐
 ウッドチップの緩い段々
12:40 見返り坂下の湿地 ← 飯能笹の説明あり
 湿地を抜けると再びウッドチップの緩い段々
 この緩い上りが今回で最もキツく
 足が前進をサボタージュ
12:55 天覧山の山頂 ← 展望台あり
13:03 芝生広場に下り ← 手洗いあり
13:05 舗装路出合い
 能仁寺の広い敷地を左外側から回り込んで
13:10 能仁寺下の舗装路分岐
 街路を左に右に
13:30 飯能駅北口

歩行時間の比較です
吾野駅~多峯主山登山口~飯能駅、および計
参考 5時間05分 1時間45分 6時間50分 ← 休憩除く
実際 4時間30分 2時間00分 6時間30分 ← 休憩含む

ラクな筈の多峯主山登山口から私はモタモタ

出合ったのは
吾野駅で職員2人
天覚山でトレイルラン1人
永田山で逆方向のご夫婦1組
丘の上公園からは遊歩者多数

晴れのち曇り
汗ばむ陽気

写真は撮った順です

吾野駅前を西へ
吾野湧水の案内板通りに地下道を潜ると
大高山・天覚山への道標があります
4点目が登山口
植林帯をジグザグに上り尾根へ
長い尾根歩きが始まります
踏み跡明解

 

 

 

 

 

尾根を黙々と辿ると
竹寺・中藤方面分岐 ← 前坂の分岐
さらに黙々
右側のフェンス沿いを経て
舗装路に下り立ちます ← 1点目
道標に従い再び山道に取りつき

 

尾根を辿ると
丸太の腰掛け
植林帯の小路
倒木
岩尾根
および静寂

 

 

 

 

大高山の山頂です

 

 

再び前へ

 

 

大岩です
尾根筋の露岩は乗り越すか巻くかですが
注意書きに従い巻きました ← 数歩程度

 

尾根道は
静か
穏やか
明解
そして植林 ← 時に照葉樹と落葉樹も
アップダウンは標高差が少なく次第に慣れます

 

 

 

 

天覚山の山頂にて

 

 

 

天覚山山頂からの下り

 

鉄塔前の分岐
道標の文字は
天覚山 0.7km 多峯主山 5.0km 東吾野駅 1.2km

 

舗装路に下り立ち
道標に従い舗装路を左へ
右脇に再び道標 ← 1点目
道標には東峠の表示も

 

鉄塔
森林
ゴルフ場方面を望めるフェンス ← 3点目
釜戸山方面分岐を経て

 

 

 

 

 

武蔵横手駅方面分岐
この辺りから先は
アップダウンはあっても緩やか

 

久須美方面分岐を経て ← 分岐が久須美坂かも
久須美山山頂の祠 ← 根本に 久須美山 260m の表示

 

植林帯も平坦

 

ケルンの上に永田山の表示
続いて芝の高台(丘の上公園?)を見下ろす展望地
住宅街も望めました

 

 

 

展望地からは芝の高台を右方で巻いて下り

 

 

住宅街の外れの緑地へ
樹に飯能アルプス永田尾根と記した木札を発見
永田尾根から振り返った芝の高台 ← 1点目

 

永田尾根の木札が下がっていた辺り

 

永田尾根を過ぎ
湿地帯のフェンス脇に下るとすぐに車道

 

車道を右へ辿ると緩いカーブの先に ← 左路肩に
多峯主山への登山口があります
車道を離れ再び山道 ← 1点目
印象は都市の林間の遊歩道
この遊歩道がキツカッタ
足が前に出ないのです
心当たりは
今年に入ってジョギングをサボっていたこと
休み休み

 

太陽光発電施設のフェンス沿いを経て
湿地の鞍部に下り
上り返すと雑木の遊歩道 ← 1点目

 

久須美坂・本郷・多峯主山分岐を経て
多峯主山の山頂です
2点目の左側が飯能アルプス永田尾根の緑地
2点目の左上の芝地が丘の上公園?

 

 

 

 

山頂から下ります

 

雨乞い池

 

多峯主山・天覧山・高麗駅分岐を経て
ウッドチップの緩い段々を休み休み
見返り坂を下ると飯能笹の説明板 ← 1点目

 

見返り坂下の湿地

 

湿地を抜けると再びウッドチップの緩い段々
ここも休み休み

 

天覧山の山頂です
以降、足のサボタージュが終わってスタスタ
本日2回目のオニギリが効いたのかも

 

 

山頂下の芝生広場

 

能仁寺下の舗装路分岐

 

飯能駅へ

 



|

« 城ヶ丸と日陰山 | トップページ | 新宿御苑 18年1月 »