« 見出し 12 | トップページ | 城ヶ丸と日陰山 »

2018-01-08

初詣ハイク 堂所山から高尾山

7日は ← 2018年1月
山の会の山行きに参加 ← 女性4名 男性5名
陣馬高原下バス停から堂所山を経て高尾山へ

前回参加した会の山歩きは忘年ハイク
今回参加した会の山歩きは安全祈願と年始の挨拶
今年もどうぞよろしく

往路の交通 ← 土日祝ダイヤ
徒歩30分の最寄り駅からJR
1回乗り換え西八王子駅着

昨春は ← 2017年4月22日
高尾駅南口の珈琲チェーン店で飲食後
南口から北口へ移動する途中で迷子に
合流時間が迫って慌てました
北口待合室隣のパン店を利用すればよかったのです
前回も ← 2017年12月23日
やはり朝食はパンと珈琲

私は朝はシッカリ食べる派
朝の早い山旅でも先に食事処を探します
希望は主菜中盛りの定食
ソレが高尾駅前では見当たらず
今回は西八王子駅で途中下車、南口へ
食事後、電車で高尾駅へ移動
高尾駅北口で会に合流

西東京バスは
高尾駅北口バス停・1番乗り場
霊園32 陣馬高原下行き ← 大久保止まりは不可
8:10 ~ 8:47 陣馬高原下 ← 増発便も満員

歩いた経路
09:00 陣馬高原下バス停から山下屋GO'sルートへ
 ルートを拓いたのは陣馬そば山下屋のご主人
 バス停隣に陣馬そば山下屋さん
 バス停向かいの舗装の路地に入ると
 すぐに民家、奥に踏み跡 ← 山道入口
 植林帯をジグザグに上って行きます
09:20 左下方からの荒れ尾根出合い
 出合いにGO'sルート山下屋への下り矢印板あり
 矢印板は足許
 上りは矢印板に気づかないことも
 下りは荒れ尾根への迷いこみに注意
09:50 さらに上ると右方への巻き道分岐
 巻かないでリボンの側を直登
 直登の踏み跡は枯れ枝に埋もれて薄い
09:55 尾根上で関場峠からの踏み跡に合流
 尾根上出合いの足許にもGO'sルートへの矢印板
 以降、明解なハイキングルート
 水分補給の休憩を経て
10:10 堂所山の山頂

堂所山から先はできるだけ巻き道を経由
次第にハイカーが増加
どうしても顔が写ってしまうので写真は遠慮
写真を撮らないと記録が残らず
以下の時刻はとても曖昧

11:10 景信山の山頂 ← お昼の休憩 30分
 小仏峠を経て
12:45 城山の山頂 ← 短い休憩
14:00 高尾山薬王院 ← どの仏閣にも初詣の列
 何ヶ所かで参詣後
 急勾配のコースを経て琵琶瀧に下り
15:30 高尾山口駅
 人込みの中で解散
 京王線で高尾駅へ移動
15:37 中央特快・東京行きに乗車

中央特快のときは神田駅から2回乗り換え
私鉄始発駅経由で 17:08 に徒歩30分の最寄り駅着
単に快速のときは1回乗り換え
17:10 に徒歩30分の最寄り駅に着いた筈
乗り換えは1回多いですが前者はホボ全区間着席可
後者は乗り換えてから席が空くまで立ち続ける必要
さらに後者は
乗り換えの際に上下線のホームを間違え
ひと電車乗り遅れるウッカリがホボ毎回

前者も後者も違いは僅か ← 後者は240円安い
難関は 17:08 に着いても 17:10 に着いても
寒風の中で待っていないと
1時間に1本のバスに乗れないことです
仕方なく最寄り駅から家まで30分歩く羽目に


陣馬高原下バス停

山下屋GO'sルートからバス停方面を振り返る

山下屋GO'sルートにて
勾配は強いですがジグザグに上へ上へ
2点目は巻き道との分岐にあったリボン
右方には逸れず直登

関場峠から堂所山へのルートは穏やか

シモバシラ (←植物の名前) の霜バシラ
景信山へのルート脇にて
城山へも高尾山へも日陰の斜面のアチラコチラに

城山からの眺め

高尾山薬王院にて
石段を下るほどに仏閣がいくつも現われます



陣馬蕎麦に寄ったときは ↓
2017年03月28日 東京でスノーハイク
高尾山稜のハイキングの写真は ↓
2016年11月09日 陣馬山から高尾山



|

« 見出し 12 | トップページ | 城ヶ丸と日陰山 »