« 陽だまりハイク 横隈山 | トップページ | 陽だまりハイク 能岳と八重山 »

2017-12-20

陽だまりハイク 大山千枚田から二ツ山

18日は ← 2017年12月
金束駅バス停で下車、大山千枚田を経て二ツ山へ

金谷 かなや
長狭 ながさ
金束 こづか 金束駅の駅はバスの駅
嶺岡 みねおか
高蔵 たかくら
大山 おおやま
大里 おおさと
大田代 おおたしろ
東星田 とぼしだ
平久里中 へぐりなか
平群 へぐり
保田 ほた
岩井 いわい

頑固山 がんこやま 325m
二ツ山 ふたつやま 南峰 376m
愛宕山 あたごやま 408m

交通 ← 平日ダイヤ
往路
徒歩30分の最寄り駅へ
1回乗り換え千葉駅前で朝食
JR内房線・館山行
千葉 - 浜金谷
07:45 - 09:09

浜金谷駅から東京湾フェリーバス停へ徒歩 ← 500m?
バス停前の物産店で休憩 ← 手洗いあり
鴨川日東バス 長狭・金谷線
亀田病院行 ← 今回はICカードが使えないバス
東京湾フェリー - 金束駅 640円
09:40 - 10:11
バスはフェリーバス停に9:30着 9:40発

復路
南房総市・市営路線バス富山線トミー ← 車体黄色
路線区間内自由乗降
国保病院前 - 岩井駅 ← 一律200円 前払い
15:05 - 15:19
ほかの乗客は途中で乗降の1人のみ

JR内房線・千葉行
岩井 - 千葉
16:31 - 18:11

16:31は14:52の次の電車 ← 平日は特急なし
2列車の間隔は100分
15:19に岩井駅に着いた私は70分待ち
駅舎に着いたとき改札前の腰掛けに通学の生徒1人
私は少し歩いてコンビニで100円コーヒー
駅舎に戻ったときは人影ゼロ
電車タビに必携の文庫本を読み始め
16:25に改札を抜け陸橋を渡りホームへ
電車を待つ数人のなかに先客の通学生徒も
ホームの奥にも待合室、多分、ソコから

千葉駅で乗り換え
さらに乗り換えた駅は車両点検の延着で混雑
ザックを背中からおろし手でぶら下げ
立ったまま徒歩30分の最寄り駅着 ← 疲労感なし
1時間に1本のバスはスグに乗れた ← 延着が幸い ♪

歩いた経路と時刻
10:20 金束駅バス停 64m? から歩き始め
 すぐ大山不動尊への道標 ← バス道を逸れ右へ
 以降、二ツ山山頂へのごく僅かな区間を除き
 東星田への下り口まで舗装の林道
 大山千枚田までは道標明解
 棚田倶楽部からは道標僅か ← 二ツ山の文字なし
 東星田に下る境界尾根は
 道標なく枯れた枝葉で踏み跡も曖昧

10:35 大山不動尊 177m? の石段出合い
10:45 本堂を経て高蔵神社 201m? ← 高蔵山山頂
10:50 舗装路に戻り更に南へ
11:10 棚田倶楽部の建物下の分岐 143m?
 南東の下り斜面に棚田
 棚田倶楽部は何かの行事で貸し切り
 棚田倶楽部の建物下から再び南へ緩い上り
 鴨川自然王国への道標が頼り
 Aコースの緑の案内が何かは判らなかった

11:35 T字路出合いを右折 ← Aコースも右折
 左折は鴨川自然王国方面
 ココまで道標があったので気持ちが緩み
 ウワのソラで歩いていたので
 頑固山への登山口を見落としました

11:40 舗装路の左脇に踏み跡 ← 見た目は登山口
 すぐ奥に分岐、先に広い方を奥へ
 ウロウロが始まったので引き返し狭い方へ
11:45 行き止まり?に祠

 祠へは赤いテープが道先案内 ← 足許は荒れ
 東星田への境界尾根にも赤いテープ
 どちらの赤いテープも小さく間隔が長い
 その小さなテープが大きな頼りに

11:55 舗装路に戻り
12:00 二ツ山・安田公園分岐のT字路出合い
 二ツ山・安田公園と記された道標は緑色
 この分岐にはほかにも
 青い交通標識 ← 富山町・大山千枚田の文字
 白い道標 ← 南房総市・鴨川市の文字
 白い道標には林道嶺岡中央1号線管理標識の文字も

 T字路出合いから二ツ山方面は左折
 林道嶺岡中央1号線もやはり舗装路

12:02 二ツ山入口の手作りの道標から山道へ
12:05 二ツ山の山頂広場 ← 南峰だと思います

 今回も時間が余ってきました ……

12:20 二ツ山入口に戻り
 嶺岡中央林道を愛宕山方面へブラブラ
12:21 すぐ先に二ツ山入口の緑色の道標
12:23 広い山道を辿ると先程の山頂広場
 入口に戻り嶺岡中央林道を更に東へ
 林道から長狭平野を見たかったのですが
12:35 見晴らせる場所が判らず折り返しました
 林道では愛宕山方面からの
 屈強なランナー4、5人とすれ違い
 愛宕山3角点は航空自衛隊峯岡山分屯基地内
 愛宕山3角点の見学は事前申請の要 ← 月曜不可

12:45 二ツ山・安田公園のT字分岐に戻り
 富山町(旧)方面へ舗装路歩き
 この分岐から県道89号に出るまで道標なし
 県道89号には以前に歩いた2、3の山の道標あり

12:47 舗装路の左側に防火水槽のタンク
 すぐ先の右側に細いアンテナの柱
12:50 アンテナの先左側に三段の石積み
 石積みが東星田に下る境界尾根の入口の筈
 探すと石積みの上の枝に赤いテープ
 石積みをよじ登ると尾根上に出ました
 境界尾根は踏み跡曖昧
 断続的に赤いテープと境界標あり

13:20 ネットの塀と数棟の建物出合い
 ココからは舗装路の下り
 右側の民家を過ぎるとカーブに分岐
 舗装路を真っすぐ下ると早く県道89号に出ます
 早く下っても意味がないので私は未舗装の右へ

13:35 県道89号出合い、西へ
13:36 東星田集会所
 時間を延ばすためさらにユックリ
14:30 平久里中の交差点を左折
 県道88号を南西へ
14:35 国保病院前バス停 57m?
 市営路線バス富山線のバス停は国保病院の玄関前

写真は撮った順です

東京湾フェリーバス停にて

金束駅バス停付近 ← 振り返った画像
手前すぐに大山不動尊への道標があります

蛇行する舗装路を緩やかに上って行きます
次は舗装路からの眺め

大山不動尊の本堂

本堂の裏手を上ると高蔵神社
高蔵山の三角点は神社手前の木の根元に

不動尊の階段下に戻って舗装路を更に奥へ
道端にはスイセンの花が多数

棚田が増えてくると間もなく

棚田倶楽部の建物の下に出ます
大山千枚田は ← 2~5点目
1点目の左下方に広がっています
二ツ山へは1点目の左側の舗装路を奥へ

二ツ山への舗装路にて

T字路出合い
鴨川自然王国方面は左折
二ツ山へは右折

舗装路の左脇に山道入口
二ツ山北峰への登山路ではなかろうかと思い
始めは2点目の分岐を右側の奥へ
踏み跡が判らず引き返して左側を奥へ
暫く進むと突き当りに祠 ← 3、4点目
ほかに踏み跡を見い出せず舗装路に戻りました

舗装路を更に奥へ進むとT字分岐 ← 2点目
緑色の道標には二ツ山・安田公園の文字
青い交通標識には富山町・大山千枚田の文字
白い道標には南房総市・鴨川市の文字
白い道標の支柱に林道嶺岡中央1号線管理標識の文字

私にとっての2点目の分岐は
右: 大山千枚田から
手前: 二ツ山の登山口へ
奥: 東星田への下山口を探しに

二ツ山山頂広場への最初の案内板です
ココの少し先にも登山口の案内板あり
どちらから上っても緩い上りで距離も僅か
2点目が山頂広場
3、4、5点目は山頂からの眺め
広場の真ん前には富士山も ← 雲が多く写真ナシ

時間を潰すため林道を愛宕山方面へ
やがて飽きてしまって折り返しました
折り返し点からの眺め

T字分岐に戻り
大山千枚田方面を右に分け富山町(旧)方面へ
目印は順に
左路肩に防火水槽のタンク
右路肩に細く高いアンテナ
左路肩に三段の石積み ← 1点目
石積みの上は尾根の雰囲気
石積みの頭上の枝に赤いテープ ← とても小さい
石積みの奥の際からよじ登ると荒れた踏み跡
尾根を下れば県道が走っているハズ
そこで一気に下ることに
落ち葉に埋もれた境界標と
細い境界見出標と
赤いテープが不安を排除

何かの建物数棟から再び舗装路
民家を過ぎると下手に分岐 ←直進も右折も県道方面
私は未舗装の右手へ
2、3点目は右手を下る途中からの眺め
3点目の舗装面が県道

県道88号にて
2点目の左端は御殿山を歩いた際に利用した駐車場
4点目は伊予ヶ岳
5点目は前方に平久里中の交差点
国保病院前は平久里中交差点から左方へ400m
国保病院前バス停の少し先に平群病院前バス停あり
平群病院前の路線は館山日東バス・平群線
イオンタウン館山 - 平群車庫 ← 本数少ない



今までに歩いた房総の山



|

« 陽だまりハイク 横隈山 | トップページ | 陽だまりハイク 能岳と八重山 »