« 石射太郎から高宕山 | トップページ | 行道山から両崖山 »

2017-12-04

ときがわ町の弓立山

3日は ← 2017年12月
明覚駅から弓立山を歩きました

明覚駅 みょうかくえき 77m?
都幾川 ときがわ
男鹿岩 おがいわ
弓立山 ゆみたてやま 427m
大附 おおつき
瀬戸 せと
桃木 もものき

交通
車は小川駅近くのコインPへ
電車はJR八高線 ← ICカード可
往路
高麗川方面 ← 上り
小川町駅 - 明覚駅 ← 明覚駅は無人駅
05:14 - 05:22
06:24 - 06:32 ← 乗車
06:41 - 06:49
復路
高崎方面 ← 下り
明覚駅 - 小川町駅
09:27 - 09:35
10:39 - 10:48 ← 乗車 待ち時間は日向ぼっこ
11:52 - 12:00
ほかの時間帯は省略

歩いた経路と時刻
一般に市街地と里山は分岐が多いです
そこで大枠を描けるまで事前に地図で学習
折角の道標も地名が判らないと迷子になります
因みに私は
いくら学習しても迷わずにはいられないタチ

歩いた経路と時刻
往路
06:45 歩き始め ← 明覚駅は改札内と駅前に手洗い
 駅前の車道を直進
06:50 川北橋で都幾川を渡り
 都幾川の流れに沿って北岸の土手道を西へ
 土手道は暫く遊歩道、やがて車道に合流
07:10 本田橋北詰の信号で県道を横断
 本田橋は(都幾川は)渡りません
 農村文化交流センターへの脇道を左に見送り
 野球場とサッカー場を左下に見ながらさらに西へ
07:20 八剣神社 ← 少し左に逸れます
 元の舗装路に戻り
 【日帰り温泉・四季彩館・都幾の湯】の看板の先に
 中島製作所の工場が何棟かあります
07:25 T字分岐で建物の間の舗装路へ左折 ← 南下
07:28 別所橋で都幾川を渡り
 舗装路を上り返して突き当りを右折
07:33 すぐの信号をクランク状に直進 ← 南進
07:35 八幡神社への参道入口
07:36 舗装路を逸れ参道を通って八幡神社の社殿へ
 本殿の左の舗装路に出ると割れて朽ちた道標
 辛うじて男鹿岩方面の文字 ← 神社側の登山口?
 男鹿岩方面への下りを右に分け奥へ
 参道入口前からの舗装路に合流
 次第に勾配を増す舗装路は里道から林道の色合い
07:45 民家が絶えた先に数棟の白い建物 ← 幼稚園?
07:45 舗装路を隔てた広場の端に男鹿岩への道標
 道標の指す側に(白い建物の側に)優先駐車場
 優先駐車場の奥のフェンス沿いが登山口
 すぐ山道が始まります
 植林帯を右方へ大きくカーブしながら上へ上へ
 途中、方面の判らない分岐を右に見送り
08:00 尾根筋に出たところで神社からの山道に合流
 以降、山頂まで穏やかな一本道
08:10 男鹿岩 ← 踏み跡は岩を避けています
08:20 弓立山の山頂広場 ← 三角点あり
 広場には網で保護された若木と切株がいくつか
 弓立山と記された柱に焦げ跡 ← 山火事の跡かも
 山頂は見晴らしがよかった
 広場の先に木製の展望デッキ ← 周囲はススキ

帰路
 展望デッキの脇から山道を南下
 弓立山の南側は山頂まで舗装路も ← 行先不明
 帰路の山道は短かった
08:30 車道出合い ← 蛇行を繰り返す舗装の林道
08:35 T字分岐の道標で瀬戸方面へ左折、更に下り
08:50 バス道出合い ← 弓立山入口バス停 208m?
 以降、明覚駅を意識しながら北へ東へ北へと下り
 気づいたら本田橋へ通じる県道に出ていました
09:15 県道沿いに『木のむら物産館』
09:17 都幾川桃木簡易局 105m? から東へ転じて
09:30 明覚駅前 ← 3分差で去って行く電車に涙

写真は撮った順です
1点目は川北橋
2点目は橋から眺めた都幾川
3点目は『ときがわ水辺の道』案内図

川北橋を渡って眺めた弓立山
山頂域の一部に樹がなかった

都幾川に沿って西へ

本田橋の信号です
橋を渡らず県道を横断

もっと奥へ

球場2ヶ所を左下に眺め
さらに進むと左奥に八剣神社

舗装路に戻ると
やがて都幾の湯の看板と工場の建物
工場の前まで歩くとT字分岐
左折、建物の間を抜けて少し下ると

別所橋に下り立ちます
川北橋で渡った都幾川は別所橋で渡り返し
突き当りを右折、信号をクランク状に直進
舗装路は次第に緩い上りに

八前神社の参道前です
弓立山への登山口を確かめに寄りました

社殿の左に出ると男鹿岩方面を指す割れた道標
狭い舗装路が右方に下っていましたが見送って
前方に進み参道前からの舗装路に合流

坂を上って行くと民家が途切れ次第に寂しく
状況も雰囲気もソロソロ迷う頃合い(?)
八幡神社の登山口に
戻ろうと想っても足はまだ納得せず ← 想行不一致
前に進むと白い建物 ← 日曜のためかヒト気ゼロ

建物の向かい側に男鹿岩への道標
道標は建物側の優先駐車場を指しています ← 2点目
3点目のフェンスの脇を奥へ進むと山道
以降は踏み跡を辿ってグングン上へ

八幡神社からの?山道に合流
神社方面?には赤いリボンの列 ← 左上の下方

上り続けると露岩が数ヶ所
最初の岩が男鹿岩だと思います ← 振り返った写真
露岩は歩行には影響なかった

もうひと息進むと

草の広場に出ました ← 弓立山の山頂
4点目が三角点

三角点を過ぎ舗装面を横切るとススキの広場
1点目左上のススキの凹みが木製の展望デッキ
2点目は展望デッキからの眺め

下山も山道を歩きたかったのですが
見出した踏み跡の距離はほんのわずか

舗装の林道に出ました
以降は舗装路を下へ下へ

弓立山入口バス停でバス道に合流
バス停には次の↓掲示も
 ときがわ町代替バス
 デマンドバスバス停
 デマンドバスは予約があったときのみ運行します
 予約をしないで待っていてもバスは来ません

さらに前へ

県道に出ました
1点目は本田橋方面
車が多いので2点目の先で右折

テキトーに歩いて明覚駅前の車道着
明覚駅前には腰掛け多数 ← のんびりできます
2、3点目は線路沿いの道にて
4点目は上りホームへの歩道橋から上り方面
5点目は上りホームへの歩道橋から下り方面





|

« 石射太郎から高宕山 | トップページ | 行道山から両崖山 »