« 燧ヶ岳 2017年秋 | トップページ | 鷹ノ巣山から石尾根 »

2017-10-19

尾瀬ヶ原とアヤメ平

17日は ← 2017年10月
鳩待峠から尾瀬ヶ原とアヤメ平へ

今季の鳩待峠は10月9日に交通規制終了
例年私は
規制終了から冬季閉鎖までの間に一度
鳩待峠から至仏山を歩いています

晩秋の至仏山
2016年10月31日 東面登山道で山頂へ
2015年10月15日 東面登山道で山頂へ
2014年11月05日 雪の訪れ 東面登山道で山頂へ
2013年10月30日 東面登山道で山頂へ
2012年11月10日 雪の訪れ オヤマ沢田代まで

 16年

 15年

 14年

 14年

 13年

 12年

今秋は至仏山は休みアヤメ平へ
歩いた経路は ← 周回コース
鳩待峠から山ノ鼻に下り尾瀬ヶ原の
研究見本園⇒山ノ鼻⇒牛首分岐⇒竜宮十字路
竜宮十字路で尾瀬ヶ原を離れ南進
長沢新道を上り富士見田代から西進
アヤメ平⇒中ノ原三角点⇒横田代を経て
樹林帯を下り鳩待峠へ

2010年8月25日も同様のコースを歩いています

今までの尾瀬ヶ原と尾瀬沼
2015年09月02日 夏の終わりの尾瀬ヶ原
2013年09月06日 至仏山と植物研究見本園
2011年05月07日 5月7日の尾瀬ヶ原
2010年10月21日 冬支度の尾瀬ヶ原
2010年09月07日 尾瀬沼一周と小渕沢田代

 15年

 13年

 11年

 10年10月

 10年9月

 10年8月

歩いた時刻 ← 休憩を含みます
今 回 15-09 10-08
06:40 06:00 05:30 鳩待峠 1591m の有料駐車場
07:30 06:40 --:-- 尾瀬ヶ原の山ノ鼻 1400m
07:50 **:** **:** 研究見本園を経て山ノ鼻
08:25 07:20 --:-- 尾瀬ヶ原の牛首分岐
08:50 07:50 --:-- 尾瀬ヶ原の竜宮十字路 1406m
09:20 **:** --:-- 長沢
09:55 **:** --:-- 長沢頭
10:15 **:** --:-- 土場
10:40 **:** --:-- 富士見田代 1890m で西に転じて
11:00 **:** --:-- アヤメ平
11:15 **:** --:-- 中ノ原三角点 1969m
11:40 **:** --:-- 横田代 1860m
**:** 08:35 **:** 東電小屋
**:** 08:50 **:** ヨッピ橋
**:** 09:20 **:** 牛首分岐
**:** 09:55 **:** 山ノ鼻
12:35 10:40 --:-- 鳩待峠

--:-- 記録漏れ
**:** 立ち寄らず

今回は
往路の車道は雨
鳩待峠から曇り
竜宮十字路で雲に切れ目
富士見田代から青空

冷え込みを予想
実際は秋真っ盛り?の気温
霜や氷はカケラもなかった
落ち葉が地面を厚く覆い
ぬかるみにも出合わなかった
代わりに水溜りがアチコチに
厚い落ち葉も水をタップリ
木道も一部水路に
その木道の ← 特に乾いた木道の
濡れ落ち葉が厄介 ← 特に見落としてしまう小片が
スタスタなんてとてもムリ
長雨でジョギングも思うにまかせず ← 運動不足
体を引きずり休み休み ← 沢庵石を抱えた気分

駐車料金の領収日は朱で訂正されていました
前日の領収用紙がマルマル残っていたとか
今回の帰り際は満車でした

写真は撮った順
最初は鳩待峠から山ノ鼻へ

山ノ鼻の建物

先に研究見本園を巡り

山ノ鼻に戻って牛首分岐へ
前方の山は燧ヶ岳 ひうちがたけ 2356m
後方は至仏山 しぶつさん 2228m
振り返った画像も含んでいますが
今回は雲が邪魔して山容は曖昧

牛首分岐

さらに竜宮十字路へ

竜宮十字路

方向を変え富士見田代に向かいます
1400m? 竜宮十字路 ← ?は大よそ
1890m? 富士見田代
1970m? アヤメ平
標高差約 500m ← コツコツ歩けば自ずと着きます
ルートには濡れ落ち葉がタップリ

富士見田代
燧ヶ岳には雲

再び方向を転じて

振り返ると富士見小屋

さらに前へ

アヤメ平

アヤメ平を過ぎると中ノ原三角点です ← 2点目
起伏がないので ← 三角点は木道の脇
標柱を見落とすと気づかないかも
中ノ原三角点を中原山と記す資料も
一帯は広く平坦な草地と灌木の台地
山頂の雰囲気はありません

次第に前方が開け
至仏山が迫って来ます

横田代です
中ノ原の広い台地もやがて終わり

樹林帯の鳩待通り(登山道)を暫く下ると

鳩待峠の建物の背後に



尾瀬の写真集



|

« 燧ヶ岳 2017年秋 | トップページ | 鷹ノ巣山から石尾根 »