« 蔵王の御釜と芝草平 その1 | トップページ | 須川温泉から栗駒山 »

2017-09-05

笹谷峠から山形神室

4日は ← 2017年9月
笹谷峠から山形神室へ
笹谷峠も山形神室も山形と宮城の県境
山形神室への稜線からは
東は仙台湾を、西は山形市内を望めます

笹谷峠 ささやとうげ 912m?
山形神室 やまがたかむろ 1344m
神室岳 かむろだけ 1356m 仙台神室

車は
山形道・笹谷ICを出て国道286号を西進
笹谷峠の駐車場へ ← 手洗いあり 水なし

笹谷ICから笹谷峠への国道は舗装の林道を連想
幅が狭く頻繁に蛇行 ← すれ違いに困る箇所は僅か
仙人沢コース登山口前の国道は駐車余地なし
笹谷峠の駐車場は国道から逸れた砂利の広場
私が着いた時は1台先客 ← 雁戸山への登山者
その人にイロイロ教えてもらいました
笹谷峠の車は観光客を除けばほとんど神室方面
それを聞いてヤット安心 ← 初めては心細い

月曜なのに帰り際は満車 ← 路肩込みで20数台
ナンバープレートは1台だけ岩手県
ほかは山形県と宮城県のみ ← モチロン関東はゼロ

登山道は踏み跡明解
道標あり ← 文字が消えかけた板も一、二
歩き始めは草を掻き分け ← 朝露でビッショリ
やがてルート脇が刈り払われ歩き易く

何ヶ所かは勾配急
そのほかは穏やかで見通しのよい稜線 ← 時折強風
ハマグリ山の山頂を過ぎると岩の斜面 ← ロープ場
足掛かりは確か ← ロープなしで下り上りできます

ルートは往路は無人、復路は散発的に十数人

家発 朝 2:30
往復の走行距離 713km

歩いた経路と時刻 ← 休憩含む

07:10 笹谷峠の駐車場
07:50 ハマグリ山の山頂 1146m
08:30 トンガリ山の山頂 1241m
09:00 山形神室の山頂
 往路を戻る
09:40 トンガリ山の山頂
10:10 ハマグリ山の山頂
11:00 笹谷峠の駐車場

写真は撮った順です
花の名前は ← 正答率3割以下
タテヤマウツボグサ
オオハナウド
オヤマリンドウ
ヤマハハコ
ヤマハギ
ヨメナ
オヤマボクチ
カンチコウゾリナ
シデシャジン

笹谷峠の駐車場
左方が国道、前方は山形方面、手前が登山道

写真前方の山に上がって尾根に出ます
2点目は上がる途中から眺めた山形自動車道

尾根に上がるとこれから辿る稜線が見えます

東方には仙台湾 ← 1点目
西方には山形市街 ← 2点目

中央の低いピークがハマグリ山
左上のトンガリ山を経て中上の山形神室へ
上右端が神室岳(仙台神室) ← ススキが邪魔

ハマグリ山の山頂です
2点目は山頂から眺めた蔵王連峰
中奥が雁戸山方面
更に奥の右端に熊野岳 ← 雲が掛かっていました

ハマグリ山の山頂を過ぎると岩の斜面
2点目はトンガリ山への斜面から振り返った岩場
写真の中央から灰色の斜面を左下に下ります
足掛かりがあります ← ロープもあります

トンガリ山山頂への上りから振り返ったルート

トンガリ山の山頂です

花を眺めながら更に稜線を山形神室へ

山形神室の山頂です
展望は今ひとつ

折り返します
1点目は順にトンガリ山とハマグリ山
上辺奥に雁戸山の山頂部
さらに奥の右上に熊野岳
2点目もトンガリ山とハマグリ山

復路にて
2点目は振り返った山形神室 ← 左上
3点目はトンガリ山へのルートから仙台湾方面
4点目の中央はハマグリ山

岩場を上って振り返ると台形の神室岳 ← 1点目
3点目は左端がトンガリ山、その右隣が山形神室

ハマグリ山の山頂に戻ってきました
写真前方の緩い稜線を辿り ← 1、2点目
急な斜面をジグザグに下ると駐車場です
3点目は下り斜面から眺めた駐車場 ← 方形の空き地
左手の鉄塔横にも数台駐車 ← 路肩

駐車場へのルートも草が深く花が豊富





|

« 蔵王の御釜と芝草平 その1 | トップページ | 須川温泉から栗駒山 »