« 斧窪御前山 | トップページ | 滝上バス停から高山へ »

2017-05-20

展望台 平標山と仙ノ倉山

19日は ← 2017年5月
松手山を経て谷川連峰の平標山と仙ノ倉山へ

松手山の山頂手前と山頂の先の尾根に残雪
尾根の残雪を過ぎると平標山の山頂を経て
仙ノ倉山山頂までルートは雪ナシ
平標山の山頂から平標山乃家まで再び残雪
平標山乃家から登山口への下りも暫く残雪

山裾のスミレを除いて花はほぼゼロ
松手山山頂の先にショウジョウバカマが僅か数輪
ガッカリする筈がゼーンゼン
天候爽快、眺望抜群

松手山 まつでやま 1614m
平標山 たいらっぴょうやま 1984m
仙ノ倉山 せんのくらやま 2026m

平標山乃家 1657m?
登山者用有料駐車場 957m? ← 駐車車両は7、8台
手洗いあり ← 洗浄便座 但し個室は僅か

谷川岳 1977m
苗場山 2145m

歩いた経路は毎回同じ

昨年の5月23日は花が一杯

 

 

2015年9月5日は天気が外れ画像ナシ
2014年9月27日

2014年7月2日

この間に一度 ← 記録なし
微熱を押して歩き始め、どうにも脚が動かず
松手山の先で引き返したことがあります

2012年6月20日


歩いた時刻は
今回 16-5 15-09 14-09 14-07 12-06
06:25 06:00 07:20 07:45 04:50 07:45 駐車場
07:15 06:50 08:05 --:-- --:-- --:-- 鉄塔
07:55 07:10 08:35 09:00 06:10 09:20 松手山頂
09:10 08:25 09:40 10:10 07:20 10:40 平標山頂
10:00 09:10 10:25 10:55 08:05 11:35 仙ノ倉山頂
10:05 09:15 10:30 11:00 08:10 **:** 山頂の先
10:10 09:25 10:35 11:05 08:15 11:35 仙ノ倉山頂
11:00 10:10 11:10 11:45 09:00 12:30 平標山頂
11:45 10:50 11:40 12:10 09:30 13:00 平標山乃家
12:35 --:-- 12:20 12:55 10:20 13:55 林道出合い
--:-- --:-- --:-- --:-- 10:55 --:-- 沢沿いへ
13:30 12:30 13:10 13:40 11:15 14:50 駐車場

--:--は記録漏れ
**:**は立ち寄らず

総時間
17-5 往路 3時間40分 復路 3時間25分 計 7時間05分
16-5 往路 3時間15分 復路 3時間15分 計 6時間30分
15-9 往路 3時間10分 復路 2時間40分 計 5時間50分
14-9 往路 3時間15分 復路 2時間40分 計 5時間55分
14-7 往路 3時間20分 復路 3時間05分 計 6時間25分
12-6 往路 3時間50分 復路 3時間15分 計 7時間05分

写真は撮った順です

松手山を経て平標山の山頂まで
歩き始めのルートは乾燥

残雪に出合って少し緊張
より標高の高い仙ノ倉山の
ルートに不安を感じたからです

松手山の尾根沿いのルートは狭いですが
残雪があると尾根の真上を歩けるのでむしろラク

松手山の山頂です
天気がよかった ← 今回の山歩きは眺望抜群

山頂を過ぎても暫く尾根の残雪歩き
写真真上のピーク右側を経て右上のピークへ

松手山尾根筋の残雪を振り返ったところ

尾根の残雪は融ける前にずり落ちて消えるのかも
一緒に落ちるとマズイので雪面の外側には近寄らず

残雪が消えた箇所から再度振り返ってみました

これから暫くは勾配の強い斜面
写真の右上にルートが見えています

山裾を除き今回出合った花は僅か数輪

背後の苗場山

松手山が随分下に

平標山山頂へ続く斜面の様子

先程の急登を越えると見晴らしのよい散歩道

松手山方面

松手山とは反対の側

平標山の山頂から仙ノ倉山の山頂を往復
正面左から二番目のピークが仙ノ倉山の山頂

振り返ると平標山の山頂
平標山乃家へは三角定規?の長辺を下ります

仙ノ倉山へのルートは乾いていました

ルート脇の眺め

仙ノ倉山山頂の少し先に ← 縦走路あり
谷川連峰を見晴らせる高台があります

コチラは仙ノ倉山山頂下の斜面

仙ノ倉山から平標山山頂に向かって引き返します

平標山の山頂から平標山乃家へ

平標山乃家から林道を経て駐車場へ

林道出合い
ココには一般車は入れません

駐車場近くのルート沿い
紅一点は花
テープに見誤ると沢に転落
撮ろうとして近づいても同じ憂き目に (笑)





|

« 斧窪御前山 | トップページ | 滝上バス停から高山へ »