« 大多摩ウォーキング・トレイル | トップページ | 上野原市の要害山 »

2017-04-04

四尾連湖

3日は ← 2017年4月
大門碑林公園から四尾連湖へ

過日、身延山へ向かう途中で
読みの判らない交通案内標識に出合いました
それがシビレコ

市川三郷町へは
夫婦それぞれの介護生活が終わってドライブした際
二人で歌舞伎文化公園を見学したことがあります
その後は家族が計画した旅行に便乗
石和温泉を足場に『山梨ヌーボーまつり』に出かけ
有料の講座と試飲会に参加、あの折、家族の二人は
屋外の会場で深夜までワインを試飲
翌日は山梨市内のほったらかし温泉で富士山を眺め
さらに甲斐市内へ移動
サントリー登美の丘ワイナリーで有料試飲
それでも足りずに北杜市内へ移動
白州蒸留所で有料の工場見学と原酒を試飲 (笑)

介護中は異変に即応するため
全介助の8年間は土曜のみビールひと缶
毎土曜は母を我が家へ移したので
ナニかあればカミサンが運転
僅かな量なら私だけ飲めたのです
カミサンは車で通いながら自分の母親を介護
なので週末も『ノンアルコール』しか飲めなかった

介護が終わってからも暫くはお酒に慎重でしたが
山梨ヌーボーまつりをきっかけに我々も本格解禁
今は二人ともフツウに飲酒

今回は蛾ヶ岳を予定するも
人影がなかったので不安が強かったこと
および都心の午後の渋滞を避けたかったので
四尾連湖の少し先で引き返しました

御坂山地 みさかさんち

市川三郷町 いちかわみさとちょう
大門碑林公園 だいもんひりんこうえん 340m?
狼煙台 のろしだい 烽火台
四尾連峠 しびれとうげ 979m?
四尾連湖 しびれこ 881m? ← 蛾ヶ岳のカルデラ湖
大畠山 おおはたやま 1118m
西肩峠 にしかたとうげ 1168m?
蛾ヶ岳 ひるがたけ 1279m

三方分山 さんぽうぶんざん 1422m
精進湖 しょうじこ 900m

三方分山へは
2016年03月02日
2015年01月10日
2013年12月07日
2012年02月01日
2010年11月18日

車は
大門碑林公園の駐車場へ
大門碑林公園は丘陵の斜面に立地
駐車場は三ヶ所? ← 無料 閉園日も利用可
公園入口の向かいに上下二ヶ所
公園入口前の舗装路を数百メートル下ると一ヶ所
この日は休園日のため車はホボゼロ

歩いた時刻と経路は
大門碑林公園入口前の狭い舗装路を少し上がると
06:15 県立四尾連湖自然公園登山道入口の看板
--:-- 舗装面はすぐ消え
--:-- 勾配の強い斜面をジグザグに上ります
--:-- 厚い落ち葉を猪?に掘り起こされルートは凸凹
07:00 碑林公園から2km・道標四尾連湖へ3.2km地点
07:05 古城山の砦方面分岐から尾根筋 ← 穏やか
07:25 烽火台跡への分岐 ← 巻き道あり
07:27 烽火台跡 ← 下方に朽ちかけた東屋
07:28 少し先に展望のよいベンチがいくつか
07:45 えぐれた斜面に鉄橋
07:50 碑林公園から4km・道標四尾連湖へ1.2km地点
07:55 ルートに薄い残雪
08:05 四尾連峠? ← 文学碑公園の看板あり
--:-- 四尾連峠?から蛾ヶ岳へは大畠山方面へ
--:-- 四尾連峠?から四尾連湖へは斜面を下る
08:15 湖畔の水明荘出合い
--:-- 水辺に沿って湖畔を南へ
--:-- 出合った舗装路で湖畔から離れると
--:-- 山荘?二軒が営業する有料駐車場各1ヶ所
--:-- 駐車場付近にハイキングコースの案内看板
--:-- 蛾ヶ岳(1時間半)を経て精進湖への矢印に従い
08:35 明るい雑木の斜面をジグザグに上がり
08:55 大畠山分岐で文学碑公園からのルートに合流
09:00 痩せ尾根出合い

四尾連湖には寄らない手元の案内書では
碑林公園から蛾ヶ岳山頂まで 4時間5分
四尾連湖に寄った私は痩せ尾根出合いで 2時間45分
まだ少し余裕
但し痩せ尾根の先は残雪が増している様子
足をとられると厄介
人影は未だにゼロ
引き返す潮時と判断
蛾ヶ岳の山頂は次の機会に

09:10 復路は大畠山分岐から直接文学碑公園へ
09:25 四尾連峠? ← 文学碑公園の看板あり

四尾連峠?~大畠山分岐は
直行すると 15分
湖畔を経由すると 50分
碑林公園から蛾ヶ岳山頂を往復する際も
30~40分追加すれば湖畔に寄れそう

09:45 えぐれた斜面に鉄橋
10:00 烽火台跡の手前のベンチ
--:-- 復路は烽火台跡を巻いて
10:15 古城山の砦方面分岐
--:-- 尾根を離れ斜面に入ると再び
--:-- 厚い落ち葉を掘り起された凸凹の山道
10:50 四尾連湖自然公園登山道入口の看板

↑ この時間ならまだ待たされないで
近くの?上りのPAで定食を食べられます
狭いですが運送便のドライバーが多い食堂
調理場では全員一人三役

写真は撮った順です
最初は朝の大門碑林公園
2点目の右端が四尾連湖自然公園登山道入口

山道は整備が行き届いている印象
厚い落ち葉や猪?の掘り起こしは自然の産物

古城山の砦方面分岐から尾根筋

烽火台跡だと思います
すぐ先の東屋は荒れが目立った ← 2点目
広場のベンチからは眺め良好
広場の先にも見晴らしのよいベンチがあります

山道に慣れてくるとホカのことが脳裏を占拠
足許に注意を払うだけで周囲には鈍感になります

多分、四尾連峠
近くに文学碑も
蛾ヶ岳へは写真奥へ ← 大畠山方面
四尾連湖へは右手の林間を下ります

四尾連湖です

四尾連湖畔を南へ歩くと写真の舗装路に出ます
手前の奥に山荘?二軒の各有料駐車場があります
付近にはハイキング数コースの案内板も
その一つが2点目
蛾ヶ岳(1時間30分)を経て精進湖方面への矢印に従い
明るく穏やかな斜面をジグザグに上り
3点目の大畠山分岐で文学碑公園からのルートに合流
さらに精進湖方面へ4点目まで歩いて引き返しました

大畠山分岐からの復路は四尾連湖畔には下らず
直接、四尾連峠?へ
大畠山の山頂は気づかずに巻いてしまったようです

四尾連峠?からは往路を下山
烽火台跡は復路では巻きました

花盛りの大門碑林公園





|

« 大多摩ウォーキング・トレイル | トップページ | 上野原市の要害山 »