« 市道山~生藤山~熊倉山 | トップページ | 行者岳~夕日岳 »

2017-04-17

御坂山地の蛾ヶ岳

16日は ← 2017年4月
大門碑林公園から蛾ヶ岳へ
往復です

御坂山地 みさかさんち

市川三郷町 いちかわみさとちょう
大門碑林公園 だいもんひりんこうえん 340m?
狼煙台 のろしだい 烽火台
四尾連峠 しびれとうげ 979m?
四尾連湖 しびれこ 881m? ← 蛾ヶ岳のカルデラ湖
大畠山 おおはたやま 1118m
西肩峠 にしかたとうげ 1168m?
蛾ヶ岳 ひるがたけ 1279m

三方分山 さんぽうぶんざん 1422m
精進湖 しょうじこ 900m

四尾連湖へは2017年4月3日

歩いた時刻と経路は
今回 4月3日
05:55 06:15 碑林公園の先の四尾連湖登山道入口
06:40 07:05 古城山の砦方面分岐から尾根筋
07:00 07:27 烽火台跡
07:20 07:45 えぐれた斜面に鉄橋
07:45 08:05 四尾連峠 ← 文学碑公園の看板あり
**:** 08:15 湖畔の水明荘出合い
**:** 08:35 明るい雑木の斜面をジグザグに上がり
08:10 **:** 大畠山の山頂 ← 前回は寄らず
08:15 08:55 大畠山山頂下の四尾連湖方面分岐
08:20 09:00 痩せ尾根出合い ← 前回はココ迄※

休憩を含みます
**:**は立ち寄らず

16日の最高気温は
甲府 27℃
東京 26℃
戻った車内は熱気でクラクラ

雪は南アルプスの峰々に
八ヶ岳は前回同様、峰々の上の方だけ
富士山の雪も予想よりは少なかった

蛾ヶ岳周囲の山々は
前回は樹間に残雪
今回はどこも乾燥

花は四尾連峠辺りまで
大畠山へのルート沿いの
小さなスミレを最後に山頂まで見なかった

蛾ヶ岳の山頂は穏やかな広場 ← スミレが数輪

大畠山を過ぎると痩せた尾根が4、5ヶ所
足場は平らで真っすぐ ← 狭い廊下の印象
いずれもごく僅かな距離
2、3ヶ所はすれ違いムリ

08:45 **:** えぐれた斜面に橋
08:50 **:** 西肩峠
09:05 **:** 蛾ヶ岳の山頂

帰りは往路を戻る
09:20 **:** 西肩峠
09:50 09:00 最初の痩せ尾根 ← 前回はココ迄※
10:00 09:10 大畠山山頂下の四尾連湖方面分岐
--:-- --:-- 復路は大畠山山頂を巻いて
10:10 09:25 四尾連峠 ← 文学碑公園の看板あり
10:35 09:45 えぐれた斜面に鉄橋
10:50 10:00 烽火台跡への四尾連峠側の巻き道分岐
**:** **:** 烽火台跡 ← 復路は今回も巻きました
11:15 10:15 古城山の砦方面分岐
11:55 10:50 四尾連湖自然公園登山道入口の看板

往路は蛾ヶ岳の山頂まで人影ナシ
山頂に着くと約20人の団体が食事
四尾連湖から来たそうです
山頂からの帰りに十数人の団体が間隔を置いて2組
やはり四尾連湖から

大畠山山頂下の四尾連湖方面分岐からは
四尾連峠を経て碑林公園まで人影ナシ

要所に道標
ルートはよく整備されています

三方分山へは
2016年03月02日
2015年01月10日
2013年12月07日
2012年02月01日
2010年11月18日

写真は撮った順です
花の名前はイツモ曖昧
最初は碑林公園門前の先の登山口

すぐにイカリソウ、ヤマブキ、ヒトリシズカ

以降も小さな花を楽しみながら黙々と
Petite Fleur の曲が浮かびました
あの頃ワタシは …… なんて関係なかった(笑)

烽火台跡です
少し下るとベンチがあります
ベンチは巻き道との出合いにも
どちらも眺めがよい

烽火台跡を過ぎると再びトボトボ
鉄橋を過ぎ四尾連峠への途中に白い蕾
出合った時刻は7時37分

読みとれた文字は 『寛政五』と『月』と『富村』
寛政5年は1793年
旧暦の1月7日に寛政地震

四尾連峠からは
前回は四尾連湖へ下りましたが
今回は植林帯に入って大畠山へ
暫く歩くと案内板に出合い大畠山の山頂へ
大畠山の山頂には電波塔と三角点あり ← 2、3点目

大畠山の山頂を下ると四尾連峠の分岐とは別の
四尾連湖方面分岐に出ます
四尾連湖から蛾ヶ岳山頂を目指す場合は
四尾連峠を経ると大まわりです
私は前回に四尾連湖を経由したので
今回は往路も復路も四尾連湖はパス

大畠山山頂側の
四尾連湖方面分岐を過ぎると最初の痩せ尾根
前回はその先が一面残雪 ← 引き返す口実
今回は乾燥 ← スタスタ前へ

蛾ヶ岳
4月03日 残雪目立つ
4月16日 カラカラに乾燥
醍醐丸
3月28日 ズボスボの積雪
4月13日 カラカラに乾燥
どちらも2週間でスッカリ初夏
念のため軽アイゼンは今後も暫くザックの底に

西肩峠です
アト僅か
上り坂を喘ぎあえぎ

蛾ヶ岳の山頂です
少し先のほうまで様子を見に
林間の外れに三方分山方面へのロープ場
道標や案内板は見当たらず
山頂に戻って
南アルプス、八ヶ岳、富士山の眺めをのんびり

下山します
2点目は大倉山山頂側の四尾連湖方面分岐
復路は大倉山山頂はパス、四尾連峠へ直行 ← 4点目
さらに碑林公園へ向け長い道のり

ユリワサビ

アズマイチゲ 10時27分 ← 朝の蕾の3時間後

キブシ

烽火台跡の巻き道分岐です
復路なので左上へは上がらず
左端のさらに外側の巻き道へ

ヤマザクラも開花

なんだろう?

碑林公園に戻って来ました




釈迦堂PA付近は桃の花盛り
写真は過去の花見
2014年4月16日と2011年4月14日





|

« 市道山~生藤山~熊倉山 | トップページ | 行者岳~夕日岳 »