« 朝は滝山丘陵 昼は御岳渓谷 | トップページ | 市道山~生藤山~熊倉山 »

2017-04-13

利根運河

12日は利根運河へ ← 2017年4月

利根運河は利根川と江戸川を結ぶ人工の運河
水運の役割は終わっています
北千葉導水路が完成して導水の役割も担えず
現在は沿岸地域の排水、親水公園、観光資源
私には数少ないハルノオガワ ← 水深浅い

川筋は東西方向 ← 東端は利根川、西端は江戸川
北側は野田市
南側は流山市と柏市で分けあっています

下車駅は東武鉄道・野田線の運河駅
東武野田線の現在の表記は
東武アーバンパークラインで統一
舌を噛んでしまうので私は今もトーブノダセン

利根運河はやはり桜の開花期がよいです

歩いた範囲は ← 江戸川の土手も歩きました
09:10 運河駅
10:00 利根運河と江戸川の接点
10:10 江戸川の土手の折り返し点 ← 野田方面
10:20 利根運河と江戸川の接点に戻り
11:00 運河駅

運河駅近くの水際に遊歩道があります

利根運河の土手は南側北側ともに狭い舗装路
交通量は少ないですが時折速度を上げた車が往来

私は飲料を予め駅のベンダーで調達
帰りは流山おおたかの森駅へ移動して買いもの
さらに柏駅へ移動すれば居酒屋にも困りません

流山おおたかの森駅でTXに乗り換えられます
TXは『つくばエクスプレス』の略称

幹線道路の
江戸川の橋の渋滞を考慮すると電車利用が賢明

写真は撮った順です
最初は運河駅から江戸川へ
今回は水量が多かった
江戸川に近づくと富士山が見えました

次の1点目は河川管理境界
写真の橋の奥に歩行者の橋もあります ← 2点目
江戸川の土手は遊歩道です ← 車は入れません
但し遊歩道へ上がったり離れたりする際
狭い舗装路を横切る必要、その舗装路を
時折ですが渋滞を迂回する車が速度を上げて走行
河川敷の未舗装路には工事の車両も
3点目以降は江戸川の土手の遊歩道にて

復路の利根運河にて


以下は手元の江戸川関連の写真

江戸川河川敷の小岩菖蒲園 2014年6月10日


江戸川の黄葉 2010年11月27日


江戸川 2009年3月3日
所帯を持ったとき左岸に住んだことが
柴又は右岸 ← 2~4点目


旧・庄和町の稲田 2007年9月2日


北千葉導水路 2005年8月12日
北千葉導水路は約8割が地下水路
江戸川の水は関宿で分岐した利根川の水ですが
北千葉導水路が出来てからは
坂川を経由した利根川の水も加わっています


関宿水閘門 2003年10月4日
利根川の河川敷が冠水すると 2004年10月10日
関宿水閘門も荒れます


以下は朝のジョギング中に撮りました
ジョギングも介護時代は
限られた朝走るのがヤットでした

コンデジはポケットに入ります
今回の利根運河もコンデジです
一眼デジは重くて嵩ばります
山では背中のバッグとのバランスがよいので
雨でも雪でも一眼デジを持参しますが
街や家族旅行はコンデジ一筋

坂川
2006年1月22日
2010年5月02日

富士川 ← 坂川に合流
2009年4月10日
2010年5月02日

ココは何処? 2011年12月4日
もう出合えないと思います
ここ何年間に
随分、樹が伐られたので様子が一変
今までのジョギングコースも
うっかりすると造成地に入り込んで動きがとれなく





|

« 朝は滝山丘陵 昼は御岳渓谷 | トップページ | 市道山~生藤山~熊倉山 »