« 聖峰から高取山 | トップページ | 戸倉三山と今熊山 »

2017-03-04

身延山

3日は身延山へ ← 2017年3月

身延山 みのぶさん 1153m

日蓮宗総本山 久遠寺 くおんじ 本堂 376m?
思親閣 ししんかく 1149m? 久遠寺奥之院の本堂

総門 そうもん 門前に久遠寺入口交差点 215m?
三門 さんもん 280m?
菩提梯 ぼだいてい 287の石段
大光坊 だいこうぼう 702m?
三光堂 さんこうどう 702m?
法明坊 ほうめいぼう 977m?
感井坊 かんせいぼう 927m?
松樹庵 しょうじゅあん
妙石坊 みょうせきぼう

身延山ロープウェイ
山麓・久遠寺駅 370m? ~ 山頂・奥之院駅 1120m?

身延山バス停 257m?

車は
身延山バス停最寄りの町営有料駐車場へ

往路は
奥之院への表参道で山頂へ ← 1~50丁
表参道は車両進入禁止
25丁まで舗装面
その後は微細に砕けた砂利の林道 ← 遊歩道
40丁から山頂にかけては浅い新雪 ← 凍結なし
山頂の仏閣前の磨かれた踏み石は凍ってツルツル

復路は
山頂から西コース(裏参道)を下山
下山開始直後に
裏参道を上ってくる小型トラックに出合いました
感井坊までは舗装面が凍結 ← 滑り止め必要
感井坊から方向を転じると未舗装の林道 ← 乾燥
同じ小型トラックに感井坊の先で追い越されました
25丁から林道を離れジグザグの山道
何度か林道を横切って下り
妙石坊の石段を経て三門方面への車道へ

歩いた経路は
町営有料駐車場から
⇒ 三門
⇒ 菩提梯 ← 287の石段 ほかに男坂と女坂あり
⇒ 久遠寺本堂
⇒ 本堂の左手裏の奥之院表参道起点
⇒ 暫く植林の斜面 ← 眺望なし
⇒ 無縁仏の墓石多数
⇒ 丈六堂 ← 釈尊堂
⇒ 大光坊 ← 25丁 休憩舎あり 奥に三光堂
⇒ 25丁から微細に砕けた砂利の林道 ← 遊歩道
⇒ 34丁付近の舗装面を過ぎると
⇒ 次第に尾根筋 ← 視界が開けてきます
⇒ 37丁からは勾配が強まり九十九折れに
⇒ 法明坊 ← 40丁
⇒ 片側が開けた植林の斜面
⇒ 富士山と富士川を望める伐採跡
⇒ すぐ48丁 ← さらにすぐ49・50丁
⇒ 奥之院の境内の東側の一角
⇒ ロープウェイ奥之院駅の東隣の展望台
⇒ 奥之院の入口 ← 二本の柱あり
⇒ 境内を通って思親閣への階段を上り
⇒ 思親閣 ← 奥之院の本堂
⇒ 思親閣の裏の高台
⇒ 北側の展望台へ移動 ← 山頂標柱あり
⇒ ロープウェイ奥之院駅の西隣の展望台へ移動
⇒ 土産物店で休憩、下山道の様子を尋ね
⇒ 奥之院駅前の西コース下山の起点から西進
⇒ 頻繁に舗装面が凍結 ← 滑り止め必要
⇒ 感井坊から南に転じて ← 休憩所あり
⇒ 尾根を離れ斜面を延々と横切る林道を南下
⇒ 千本杉 ← 植林の大木多数
⇒ 登山道(参道)⑧分岐 / 裏参道25丁 から
⇒ 林道を離れ明るい斜面をジグザグに下り
⇒ 林道を横切った少し先に松樹庵 ← 手洗いあり
⇒ 松樹庵の階段の下から再びジグザグに下り
 出合った林道を経て
 上の空だと見落としやすい道標に従い
 再び林道を離れ山道を下ると
⇒ 妙石坊の境内
⇒ 妙石坊の石段を下ると舗装の車道
⇒ 三門を経て
⇒ お店を覗きながら駐車場まで

要所に道標 ← 明解

歩いた時刻は
06:55 身延山バス停最寄りの町営駐車場
06:58 三門
06:59 菩提梯の下
07:05 菩提梯の上
07:15 奥之院への表参道の起点
07:30 無縁仏の墓石多数
07:35 丈六堂
07:55 三光堂
08:30 法明坊
08:50 富士山と富士川を望める伐採跡
08:50 48丁 ← 49・50丁はすぐ
08:52 奥之院の境内の東側の一角
08:53 ロープウェイ奥之院駅東隣の展望台
08:54 奥之院の入口を示す二本の柱
08:57 思親閣 ← 奥之院の本堂
09:05 北側の展望台 ← 端に山頂標柱
09:10 ロープウェイ奥之院駅の西隣の展望台
09:20 奥之院駅前の西コース下山の起点
09:45 感井坊 ← 赤沢宿方面分岐
10:05 千本杉
10:25 登山道(参道)⑧分岐 / 裏参道25丁
10:35 松樹庵
11:00 妙石坊
11:05 舗装の車道出合い
11:25 町営駐車場

総時間 4時間30分 ← 休憩含む

出合った人は
地元?の朝の参拝者3、4人
山頂のお店の2人
小型トラックの運転者
帰路の三門付近で仕事や運転の5、6人
駐車場の受付のご婦人
ほかには
ハイカーにも観光客にも出合わなかった

写真は
最初の2点は復路の画像
その他は撮った順です

身延山バス停最寄りの町営駐車場

久遠寺の三門

菩提梯の石段

菩提梯を上がると久遠寺本堂の広場に出ます

奥之院への表参道から眺めた本堂の甍(いらか)

無縁仏の墓石

丈六堂

大光坊は25丁 ← 全50丁の半分
写真は大光坊の境内
2点目は大光坊の三光堂
お堂の右下に道標
大光坊までは舗装路
三光堂からは微細に砕けた砂利道 ← 遊歩道

34丁を過ぎた辺り

37丁を過ぎると勾配が強まり
斜面をジグザグに上ります
所々に手すりのある歩き易い山道
浅い新雪が見えると
40丁の法明坊

40丁の先の植林の斜面

48丁手前の伐採跡からの眺め
光っているのは富士川の水面

奥之院の境内の東側の一角

ロープウェイ奥之院駅 ← 駅の東隣の展望台から
2点目の下方に久遠寺本堂
3点目は富士山と富士川

思親閣(奥之院本堂)への階段
2点目が思親閣

山頂の標柱を探しに思親閣の裏手へまわると
林間の右手は電波塔
左手へ進むと

北側の展望台に出ました
広場の端には山頂の標柱も

奥之院駅に戻って駅の西隣の展望台へ

西隣の展望台の手前に売店
売店の外に西コースへの道標 ← 下の写真の中央

下山路にて
付近の山肌は勾配が強そう

西コースは暫く滑りました

感井坊着
感井坊からは向きを変え南下
2点目は感井坊の境内の
身延トレッキングガイドマップ
H29・2現在と記されていました

感井坊から南への林道は未舗装
乾燥して凍結もぬかるみもなかった

千本杉にて

林道の路面には各所に細かい落石
石の落ちる音は聞かなかった
林道山側の斜面の様子

裏参道25丁の道標です
この道標から林道を離れ斜面をジグザグに下ります
2点目左は25丁の端から眺めた久遠寺本堂

再び出合った林道の先で ← 道標あり
さらに斜面をジグザグに下ると

松樹庵に出ます
境内の隅に狭く素朴な手洗い
お堂の前に短く急な階段 ← 2点目
階段の代わりに緩やかな巻き道もあります
3、4点目は階段下の水仙と梅の花

さらに下った斜面 ← ルートはジグザグ

やがて勾配が緩み

妙石坊のお堂に出ます
池には鯉がゆったり
車道は間近



今まで富士山の西側の山へは

毛無山塊
本栖湖畔から竜ヶ岳 2014年11月22日
雨ヶ岳と竜ヶ岳 2012年01月12日
毛無山 2013年11月23日
田貫湖から長者ヶ岳と天子ヶ岳 2014年01月29日

富士川方面
篠井山 2014年02月01日
富士川と興津川方面
貫ヶ岳、平治ノ段 2014年01月16日
興津川
平治ノ段と高ドッキョウ 2013年12月31日
浜石岳 2013年12月14日

安倍東山稜
大谷嶺の大谷崩 2015年10月24日
十枚山と下十枚山 2014年02月05日
青笹山 2014年01月05日



|

« 聖峰から高取山 | トップページ | 戸倉三山と今熊山 »