« 陣見山から榎峠 | トップページ | 埼玉県の山 »

2017-01-08

大霧山

7日は ← 2017年1月
白石車庫バス停から大霧山へ

白石車庫バス停 358m?
大霧山 おおぎりやま 767m
粥仁田峠 かゆにたとうげ 537m?
橋場バス停 187m?

槻川 つきかわ
定峰 さだみね
橋場 はしば

帰りの交通は
イーグルバス W01
橋場バス停 ⇒ 小川町駅バス停
平日は 10~13時台 バスなし
土日祝は 11:32 を除き 11~13時台 バスなし
なので土曜に橋場バス停 11:32 を予定

往きのバスは 7:10 に乗車
小川町駅バス停 ⇒ 白石車庫バス停
平日 6:46 ⇒ 7:17 土日祝 7:10 ⇒ 7:44
平日 8:20 ⇒ 8:51 土日祝 8:14 ⇒ 8:48

小川町駅バス停 ⇒ 白石車庫バス停 640円
橋場バス停 ⇒ 小川町駅バス停 500円
イーグルバスはICカードは使えません

歩いた経路は
白石車庫バス停の東屋で身繕いしてから
定峰峠または
大霧山と加筆された『七峰縦走』の案内板を頼りに
⇒ バス道を暫く戻り
⇒ バス道左隅の『七峰縦走』の案内板が登山口
⇒ 林間の斜面
⇒ 舗装路を2度横断
⇒ 3度目の舗装路出合いから舗装路を約100m辿ると
⇒ 定峰峠 618m? ← 舗装の分岐
⇒ 舗装路を離れ斜面に取りつき再び山道
⇒ ネットの外側 ← 内側に『読売の森』の看板
⇒ 雑木の尾根を上り下り
⇒ ルート脇に獅子岩 ← 小さな露岩の塊
⇒ 雑木、植林、さらに雑木の尾根道
⇒ 経塚バス停への分岐 ← 近くに小さな祠
⇒ 木のベンチと 大霧山 1.1km の道標が立つ広場
⇒ 右側に牧場の鉄条網 ← 鉄条網は延々と
⇒ 大霧山の山頂
⇒ 山頂を過ぎ急坂を経て暫く下ると
⇒ 高原牧場入口 3.3km の三叉路 ← 右手へ
⇒ 粥仁田峠 ← 舗装の分岐 橋場側の大霧山登山口
⇒ 彩の国ふれあい牧場 1.5km の看板前は右へ

以降、橋場バス停への案内板を探しながら30分ほど
舗装と未舗装の、林道、路地、里道を交互に

⇒ 二車線の車道出合い
⇒ 槻川を渡るとバス道との丁字分岐 ← 橋場バス停

ルートは穏やか

往路では誰にも出会わず
山頂には先客4人
下山路では断続的に何人ものハイカー
時折ザックなしの姿も ← 地元の人かも

歩いた時刻は
07:55 白石車庫バス停
08:00 バス道の左隅の登山口
08:10 1度目の舗装路横断
08:15 2度目の舗装路横断
08:24 3度目の舗装路出合い
08:25 定峰峠の舗装の分岐
08:30 読売の森のネット沿い
08:45 ルート脇の獅子岩
08:55 経塚バス停への分岐
09:10 大霧山 1.1km の道標が立つ広場
09:15 牧場の鉄条網出合い
09:30 大霧山の山頂 ~ 09:45
10:09 高原牧場入口 3.3km の三叉路
10:10 粥仁田峠
10:12 彩の国ふれあい牧場 1.5km の看板の前
10:40 二車線の車道出合い
10:45 バス道との丁字分岐 ← 角に橋場バス停

橋場バス停 11:32 には時間があったので
今回も落合バス停まで歩いてヒマを調整
落合バス停 ⇒ 小川町駅バス停 500円

白石バス停、橋場バス停、落合バス停は手洗いあり
白石バス停と白石車庫バス停は短い橋を隔てるだけ

外秩父七峰縦走コースは
東秩父村の境界を時計回りで巡っています
小川町駅から
⇒ 官ノ倉山
⇒ 笠山
⇒ 堂平山
⇒ 剣ヶ峰
⇒ 大霧山
⇒ 皇鈴山
⇒ 登谷山
⇒ 寄居町の鉢形城公園
外秩父七峰縦走ハイキングは
競争ではなく各自の体力に応じた里山歩き
狭いルートには『追い越し禁止』の注意書きも

写真は撮った順です

白石車庫バス停からバス道を暫く戻ると
バス道の左隅に『七峰縦走』の案内板があります
写真右方には林道への分岐も
登山口から山道に取りつくとその後はルート明解

3度目の舗装路出合いから舗装路を辿ると
定峰峠の分岐に出ます
大霧山への道標で分岐を離れ山道

ネット内に『読売の森』の看板

雑木の尾根を上り下りすると
獅子岩の脇に出ます ← 2点目
さらに経塚バス停への分岐を過ぎ
木のベンチの広場を抜けると

ルート右側に牧場の鉄条網が現れます
鉄条網は山頂付近まで続いていました

山頂近くの尾根道
2点目は鉄条網とは反対側の林間からの眺め

大霧山の山頂です
それほど広くはないですが平坦
山の配置を示した方位盤もあります
2点目は両神山方向
3点目の中央上は浅間山
4点目の中上左は草津白根
6点目の中央上は日光男体山

大霧山の山頂を過ぎると
緩急の雑木のルートを下ります
山頂から20分下っても浅間山が見えていました ↓

さらに10分ほど下ると
高原牧場入口 3.3km の三叉路を経て粥仁田峠
粥仁田峠は橋場バス停側の大霧山登山口

粥仁田峠からは橋場バス停への案内板を探しながら
舗装と未舗装の、林道、路地、里道を交互に下り
集落に出合い車の手入れなども目撃して
山歩きは終わったと思うのは勝手でしたが
再び山道が現れた箇所も ↓

車道に出合い更に下ると
正面にバス道との丁字分岐 ← 2点目
3点目は橋場バス停から眺めた橋と分岐





|

« 陣見山から榎峠 | トップページ | 埼玉県の山 »