« 笠山と堂平山 | トップページ | 陣見山から榎峠 »

2017-01-03

金勝山、官ノ倉山、石尊山

2日は ← 2017年1月
東武竹沢駅から金勝山、官ノ倉山、石尊山へ
帰りは石尊山を経て小川町駅まで

金勝山と官ノ倉山は市街地で切り離されています

今回の舗装路歩きは
東武竹沢駅から金勝山の登山口まで 5~10分
金勝山下山後から天王池の登山口まで 30~40分
石尊山下山後から小川町駅前まで 60分前後
つまり歩いた総時間 3時間40分の半分
なので市街の様子も楽しみながら

官ノ倉山と石尊山は一つの繋がり
石尊山が主で官ノ倉山は従の印象
今回出合った3人連れと1人歩きの
いずれもザックなしの地元の婦人は
北向不動の側から直接石尊山へ

金勝山と官ノ倉山では誰にも出会わず

東武東上線・東武竹沢駅 116m?
八高線・竹沢駅 118m?
金勝山 きんしょうざん 264m
小川げんきプラザ 250m?
三光神社 さんこうじんじゃ 150m?
天王池 てんのういけ 155m?
官ノ倉山 かんのくらやま 344m
石尊山 せきそんざん 344m
長福寺 ちょうふくじ 114m?
八幡神社 はちまんじんじゃ 124m?
東武東上線・小川町駅 92m?

小川げんきプラザの以前の名前は小川少年自然の家

往路の交通は ← 土日祝
東武東上線
小川町駅 7:34 - 東武竹沢駅 07:38

歩いた経路は
案内板と道標を頼りに
東武竹沢駅前から金勝山・官ノ倉山への矢印に従い
⇒ 地下道で東武東上線を潜り右折
⇒ 線路沿いの舗装路を北へ
⇒ 東登山道の案内板で線路沿いを離れ
⇒ 小川げんきプラザ 1.1km の道標から山道
⇒ 第一避難小屋
⇒ すぐ先のY字分岐は右側 ← 道標なし
⇒ 沢コースと合流
⇒ 金勝山の山頂
⇒ 山頂を越え裏金勝山の山頂を過ぎ
⇒ 小川げんきプラザの建物出合い
⇒ 建物の脇の舗装路を進み
⇒ 東西南北の登山道の道標は関係なく
⇒ JR竹沢駅 1.2km の道標の先から再び山道
⇒ 雑木の尾根道を左折、斜面を下山
⇒ 金勝山 0.4km の分岐から林道
⇒ 林道に続いて舗装の里道
⇒ 八高線に沿った車道に出合い左折
⇒ 暫く車道歩き
⇒ 八高線・竹沢駅を右に見てさらに車道を歩き
⇒ 酒店の十字路を右折、八高線の踏切を渡り
⇒ 国道254号を横断、舗装の里道を道形に西進
⇒ 木部区民センター
⇒ 木部公衆トイレ
⇒ 三光神社
⇒ 天王池 ← 東屋あり
⇒ 里道が終わり林道を経て植林帯の山道歩き
⇒ 官ノ倉山の山頂直下の分岐
⇒ 官ノ倉山の山頂
⇒ 山頂を越え
⇒ 尾根の北向不動・小川町駅への道標は素通り
⇒ 石尊山へは道標が見当たらず踏み跡を辿ると
⇒ やがて石尊山の山頂に着きます ← 眺めがよい
⇒ さらに山頂を過ぎ足場の確かな鎖場を下ると
⇒ こちら側にも北向不動・小川町駅への道標
⇒ この道標から山道は次第に林道の様相
⇒ 林道脇に北向不動への階段 ← 北向不動を往復
⇒ 階段の反対側に不動の瀧
⇒ 林道は次第に車道の様相
⇒ 丁字路に出合って右折
⇒ 笠原工務店前の分岐も右折
⇒ お帰りコースの狭い橋を渡ると再び山道
⇒ 林道を横切り竹林を抜け
⇒ すぐに舗装の里道出合い、以降、舗装路歩き
⇒ 長福寺の門前を経て石舟橋で流れを渡り
⇒ 丁字路を右折、さらに丁字路を
⇒ 右折すると二車線の車道の
⇒ ガードレールの左外側に狭い舗装路
⇒ 左外側の舗装路を辿ると八幡神社の正面?の参道
⇒ 社殿に進み右方へ逸れると桜並木の参道
⇒ 桜並木の参道を東進

その後は市街地をどこをどう歩いたか全然判らず

⇒ 小川町駅前

ハイキングルートは幾通りもあるので
道標や案内板だけを頼りにすると
予定した経路通りに歩くのが難しいかも
道標や案内板に併せて地図も参照の要
先月24日と28日では助けになった七峰縦走の案内も
今回はどこを指しているのか読みとれなかった

歩いた時刻は
07:45 東武竹沢駅の駅前
07:50 東登山道の大きな案内板
07:52 小川げんきプラザ 1.1km の道標
08:00 第一避難小屋
08:01 道標のないY字分岐
08:02 沢コースと合流
08:10 金勝山の山頂
08:15 裏金勝山の山頂
08:19 小川げんきプラザの建物出合い
08:20 建物脇の JR竹沢駅 1.2km の道標
08:30 金勝山 0.4km の分岐
08:35 八高線に沿った車道出合い ← 丁字路
08:40 車道歩きの右方に八高線・竹沢駅
08:49 酒店の十字路
08:50 八高線の踏切
08:50 国道254号を横断
09:05 木部公衆トイレ
09:10 天王池の東屋 ~ 09:20
09:40 官ノ倉山の山頂直下の分岐
09:45 官ノ倉山の山頂 ~ 09:50
10:00 石尊山の山頂
10:10 北向不動・小川町駅への道標
10:20 北向不動
10:30 丁字路出合い
10:38 笠原工務店前の分岐
10:40 お帰りコースの狭い橋
10:44 林道を横切り
10:45 再び舗装の里道出合い
10:50 石舟橋
10:51 丁字路
10:55 さらに丁字路
11:00 八幡神社の正面?の参道
11:25 小川町駅前

東武東上線・小川町駅は
平日も土日祝も
池袋方面
11: 23快速 40急行 53快速
12: 23快速 40急行 53快速

写真は撮った順です
最初は東武東上線の車内
小川町駅にて

東上線路沿いの東登山道の案内板

第一避難小屋

ハイキングルートは一つではなかった

金勝山の山頂

裏金勝山の山頂と山頂からの眺め

小川げんきプラザの建物沿いを過ぎ

雑木の尾根道を左折、斜面を下山

下り切ると長い舗装路歩き
3点目は車道に沿った八高線
4点目は八高線・竹沢駅周辺
5、6点目は酒店の交差点と踏切

踏切に続いて国道を横切ると
官ノ倉山登山口への里道歩き
七峰縦走の表示板も頻繁に現れます
4点目は三光神社
6点目は天王池の手前

植林帯の次第に勾配の強まる斜面を上り切ると
平坦な林間に出ます
林間を抜けゴツゴツした坂を上ると

官ノ倉山の山頂直前と
山頂です ← 2~4点目
4点目は山頂からの眺め

官ノ倉山の山頂を過ぎると再び植林帯に出ます
植林帯の先に北向不動・小川町駅への道標※
ココでは北向不動へ向かわず
石尊山への案内板は見当たらなかったですが
踏み跡を辿ると程なく

石尊山の山頂です

石尊山の山頂からは
手前に戻らず先に進むと鎖場に出ます
勾配は急ですが足がかりは確か

石尊山を下ると
※印とは別の北向不動・小川町駅への道標

林道を下ると北向不動の階段があります
階段の上には小さな祠
階段の反対側には不動の瀧 ← 2点目

丁字路に出て右折
2点目は新道?沿いの壁龕(へきがん)
観音像?が祀られていました
工事の際に割ってしまったのか補修の跡がハッキリ
それでもなお表情はとても穏やか

工務店前の分岐を右折 ← 1点目
すぐ先に『お帰りコース』の案内板と狭い橋
橋を渡ると再び山道
2点目は山道からの眺め
林道を横切り竹林を抜けると再び舗装路 ← 3点目
抜けた竹林が3点目の右上に

長福寺の門前
すぐ先に流れを跨ぐ石舟橋

丁字路を右折
七峰縦走の表示板を逆に辿り
さらに丁字路を右折、二車線の車道の
脇の狭い舗装路に逸れ ← 2点目

道形に進むと左側に八幡神社の正面参道
本殿に進み右手に抜けると桜並木の参道 ← 3点目

その後はアチコチ迷いながら小川町駅へ





|

« 笠山と堂平山 | トップページ | 陣見山から榎峠 »