« 鍋割山を経て塔ノ岳 霧氷 | トップページ | 宮ヶ瀬湖北岸の南山 »

2016-12-13

高松山と松田山

12日は ← 2016年12月
田代向バス停から高松山へ
下山は松田山を経てJR御殿場線・松田駅まで

寄 やどろぎ
田代向 たしろむかい
虫沢 むしざわ
尺里 ひさり
最明寺 さいみょうじ
西平畑 にしひらはた

花じょろう道 花じょろ道 ← 意味は花嫁街道

高松山 たかまつやま 801m
松田山 まつだやま 568m ← 山頂にゴルフ場

新松田駅・松田駅関連の山は今まで※
2014年2月22日 寄からシダンゴ山
2016年1月16日 高松山入口バス停から高松山
2016年2月27日 山北駅から大野山
※西丹沢自然教室から歩いた山を除く

2014年2月のシダンゴ山

2016年1月の高松山

2016年2月の大野山


今回の往路のバスは ← 富士急湘南バス
小田急・新松田駅で 寄行き 6:50 に乗車
田代向 で 7:08 下車 身繕いして

歩いた経路は
田代向バス停から 247m?
⇒ 少し戻り右折
以降『花じょろ道』の道標に従い
⇒ すぐ橋を渡って直進 ← 西進
⇒ さらに橋を渡って突き当たりを左折、南進
⇒ 虫沢川に架かる橋の北詰めで右折、北進
⇒ 尺里峠(第六天)方面と花じょろ道の分岐
⇒ 谷戸沢(やとざわ)の表示板を過ぎ
⇒ 丸塚沢(まるつかざわ)の表示板を過ぎ
⇒ ヒネゴ沢の橋の袂で林道(舗装路)を離れ山道へ
⇒ 植林の斜面
⇒ 炭焼き窯跡
⇒ ヒネゴ沢乗越 764m? ← 斜面歩きから尾根道へ
⇒ 山北八丁方面分岐を過ぎ
⇒ ビリ堂からの道と合わせ 783m? ← 前回の経路
⇒ 高松山の山頂

帰路は最明寺史跡公園の道標を頼りに
⇒ 山頂から鎖の手すりの下山道へ ← 緩い階段
⇒ 緩やかな尾根を辿るとカヤトの真弓ヶ丘?
⇒ 富士見台
⇒ 尺里峠(第六天)534m? ← 林道出合い
⇒ 林道を横切り松田山方面へ別の林道を南下
以降、未舗装・舗装の林道または里道歩き
⇒ 送電線の鉄塔の際
⇒ 道標があるのに迷った分岐 ← 狭い舗装路へ
⇒ 狭い舗装路を下ると尺里・最明寺史跡公園分岐
⇒ 最明寺史跡公園方面の林道へ、やがて山道
⇒ 山道沿いに何本かの桜
⇒ 最明寺史跡公園に近づくと木の机とベンチ
⇒ 寄自然休養村近道・最明寺史跡公園分岐
⇒ 眺望を求めて寄方面へ
⇒ 展望のよい場所が見当たらず分岐に戻って
⇒ 遊歩道を下り
⇒ 最明寺史跡公園の池と休憩広場 445m?

最明寺史跡公園からは自然館への道標を頼りに
⇒ 舗装の林道
⇒ 東屋の近くに動物避けの金網の扉
⇒ 林道を離れ扉を開閉
⇒ 山道を進むと果樹園が広がる舗装の農道
⇒ さらに進むと二つ目の金網の扉
⇒ 農道を離れ再び扉を開閉
⇒ 松田山みどりの風自然遊歩道? を辿ると
⇒ 西平畑公園の山側の外れに 183m?

西平畑公園には
無料・有料の各種施設と駐車場があります
園内をウロウロしてから

⇒ 西平畑公園の出入り口の階段を下り
⇒ 東名を潜り、続けて国道246号を潜り
⇒ JR御殿場線・松田駅 ← 付近に時間貸しPあり

今回も道標頼み

歩いた時刻は
07:15 田代向バス停
07:20 虫沢川に架かる橋の北詰め
07:30 尺里峠方面と花じょろ道の分岐
07:45 ヒネゴ沢の際の山道入口
08:15 炭焼き窯跡
08:25 ヒネゴ沢乗越
08:30 山北八丁方面分岐
08:37 ビリ堂方面分岐
08:40 高松山の山頂 ~ 08:55
09:15 カヤトの真弓ヶ丘?
09:20 尺里峠(第六天)
09:30 送電線の鉄塔
09:35 道標があるのに迷った分岐
09:45 尺里方面・最明寺史跡公園方面分岐
10:00 最明寺史跡公園への途中の木の机と腰掛け
10:05 寄自然休養村近道・最明寺史跡公園分岐
10:15 寄自然休養村近道から折り返した箇所
10:30 最明寺史跡公園の池と休憩広場
10:50 東屋の近くに動物避けの金網の扉
11:05 二つ目の金網の扉
11:10 西平畑公園の山側の外れ
11:30 西平畑公園の出入り口の階段下
11:40 JR御殿場線・松田駅

所要時間は
1時間25分 田代向バス停~高松山の山頂
0時間15分 高松山の山頂で休憩
0時間25分 高松山の山頂~尺里峠
1時間10分 尺里峠~最明寺史跡公園の休憩広場
0時間40分 最明寺史跡公園~西平畑公園の山側外れ
0時間20分 西平畑公園内ウロウロ
0時間10分 西平畑公園の出入口の階段下~JR松田駅

総時間 4時間25分

最初に出合ったのはミカン畑で働く人影
次はミニSLスイッチバックポイントで公園の人
それまではほとんど無人

写真は撮った順です

田代向バス停から少し戻って橋を渡り直進 ← 1点目
突き当りを左折、さらに舗装路を進むと
虫沢川の橋の袂 ← 2点目
道標に従い川沿いを辿り橋を渡ると ← 3点目
舗装の里道は次第に林道の雰囲気
谷戸沢と丸塚沢を経て
ヒネゴ沢に着くと登山口に道標 ← 5点目

ヒネゴ沢乗越までは植林の斜面
2点目は炭焼き窯跡
3点目はヒネゴ沢乗越
次いで植林と雑木に挟まれた尾根道 ← 4点目
前回歩いたビリ堂からの道と合わせ

高松山の山頂です
風がなく長閑
1点目と3点目の雲の焦点は富士山上空

山頂を離れ尺里峠へ向かいます
林間に塔ノ岳が見えていました

尺里峠を過ぎ別の林道を辿ると送電線の鉄塔
こちらの林道からも富士山を望めました

林道が未舗装から舗装に変わり
さらに下ると分岐に道標
広い方を指しているようでしたが左手の狭い方へ

狭い舗装路からも富士山
高松山の山頂で見たのと同様
機影も航跡雲も富士山が焦点

狭い舗装路を下り舗装の里道を横断
反対側の林道に入って最明寺史跡公園方面へ
林道は未舗装に変わりやがて山道

最明寺史跡公園の境界が判らなかった
写真の木の机と腰掛けは公園内かも?
2点目は木の腰掛けからの眺め
ほかの方面も見たかったので
池に下るのは後にして
道標の寄自然休養村近道を辿るも
眺めのよい場所には出合えなかった
3~5点目は寄自然休養村近道の折り返した付近

最明寺史跡公園の池に到着
近くに休憩広場と手洗い

最明寺史跡公園の建物からは
自然館への道標を頼りに舗装の林道を下山
林道は狭く急で頻繁に蛇行
舗装面は綺麗
アチコチに小さな落石
出合った車両は数台程度
車が多いと見通しが悪く厄介
車に出合わず歩くだけなら単調そのもの
1点目は林道に被さる紅葉
2点目は下の林道から見上げた1点目の紅葉
3点目は林道脇の東屋
自然館の矢印のスグ先に鹿や猪を避ける金網の扉

扉を開閉して山道を先に進むと何軒かの果樹園
観光みかん狩りの看板も
ルートは舗装の農道に変わり景色もよかった

二つ目の扉を開閉して ← 1点目
山道(遊歩道?)を辿ると程なく

ミニSLのスイッチバックポイント ← 1点目
狭い舗装路の中央にレールが埋め込まれているので
入園できるか不安でしたが、すぐ脇から係の人が
入れます、駅へも抜けられます、どちらから?
2~6点目は公園に入って抜けるまでの風景
白い建物はハーブ館
6点目の左は東名

公園を抜けると出入り口の階段に出ました
東名と国道246号を順に潜って少し歩くと
JR御殿場線・松田駅に着きます ← 2点目
下段左は松田町営駐車場のゲート





|

« 鍋割山を経て塔ノ岳 霧氷 | トップページ | 宮ヶ瀬湖北岸の南山 »