« 皇鈴山、登谷山、釜伏山 | トップページ | 金勝山、官ノ倉山、石尊山 »

2016-12-30

笠山と堂平山

28日は ← 2016年12月
皆谷バス停から笠山と堂平山へ

皆谷バス停 216m? かいや
笠山 西峰 837m かさやま
笠山 東峰 842m ← 笠山神社あり
堂平山 876m どうだいらやま
白石車庫バス停 358m? しろいし
槻川 つきかわ

交通は ← 平日
08:10 東武東上線・小川町駅
08:20 小川町駅バス停
08:48 皆谷バス停 ← ココまでは予定通り
14:38 白石車庫バス停 ← 乗車予定
14:50 落合バス停 ← 実際に乗車

イーグルバス W01 ← ICカードは使えません
往路 小川町駅バス停 ⇒ 皆谷バス停 500円
復予定 白石車庫バス停 ⇒ 小川町駅バス停 640円
復実際 落合バス停 ⇒ 小川町駅バス停 500円

落合橋南詰の食料品店でアイス130円出費
バス代が140円浮いていたので差引10円のお得

落合橋までの途中に酒店がありましたが
熱燗が欲しかったので素通り ← 店内も人影ナシ

歩いた経路は
皆谷バス停から
すぐ先の笠山登山口を左折 ← 青い案内板あり
案内板を頼りに
⇒ 山道と林道を交互に辿り
⇒ 集落を抜け
⇒ 東屋のある舗装の丁字路を右折
⇒ 林道白萩線起点の分岐を左折
⇒ 外秩父七峰縦走ハイキングコースの案内板出合い

以降、笠山、堂平山など山の名前の道標と
頻繁に現れる『七峰縦走』の案内板を頼りに

⇒ 植林帯の山道
⇒ 雑木の尾根道
⇒ 堂平山方面分岐は笠山へ
⇒ 笠山西峰の山頂
⇒ 笠山東峰の山頂
⇒ 笠山西峰の山頂に戻り
⇒ 堂平山方面分岐に戻り堂平山方面へ
⇒ 斜面を下り
⇒ 林道を掠め雑木の尾根道に入ると

前方に低い三つの峰が並んでいました
その一番奥からの眺めがよさそうなので
林道に下り立ち
林道の突き当たりの丁字路から
少し戻ると山道入口 ← 表示なし
そこから臼杵山を経て奥へ歩くと
笹山山頂の手前に通行止めの鎖 ← ガッカリ
仕方なく林道の丁字路まで引き返しました
丁字路の広場は伐採した丸太の置き場

⇒ 丁字路を右折
⇒ さらに丸太の置き場を経て
⇒ 林道から再び山道 ← 緩やか
⇒ 堂平山の山頂 ← 見晴らしよい

山頂は広いので抜けるルートが判りづらいです
頼りは『七峰縦走』の案内板
山頂を過ぎると舗装路
舗装路の脇の『森林学習道』を辿ると
平らな落ち葉面の、距離もとても短いですが
息が切れる上りの先に森林学習道のピーク?
ピークは電波塔が占拠
電波塔から先へ下ると

⇒ 堂平山山頂からの舗装路出合い
⇒ 舗装路を右手へ進むと林道が二股に分岐
⇒ 二股の中間が剣ヶ峰への山道 ← 案内板あり
⇒ 剣ヶ峰の電波塔 ← 網塀の隅に剱峯大神の石碑
⇒ 剣ヶ峰の電波塔で西に転じて
⇒ 尾根筋の山道
⇒ 舗装路の交差点 ← 白石峠 765m? 東屋あり

白石峠で丁度正午
下調べでは
白石車庫バス停 9:15 の次は 14:38
なんか怪しくなっていました

⇒ 白石峠からは再び山道 ← 斜面は穏やか
⇒ 沢沿い
⇒ 簡易舗装の林道
⇒ 里の車道出合い

道標の表記は白石バス停ですが
最初に出合うバス停は白石車庫バス停です
白石バス停は白石車庫バス停の次の停留所

⇒ 車道を辿り
⇒ 白石キャンプ村駐車場を左方に見て
⇒ 白石車庫バス停 ← 12:35 着

12:35 から 14:38 までどれだけ待つのだろう
フテ寝した向原バス停はポカポカでしたが
今回の白石車庫バス停はとても寒い ← 東屋は日陰
小川町駅まではムリでも歩くのがよさそうなので
白石車庫バス停の休憩所で着替え
槻川沿いの県道11号をトボトボ

歩いた時刻は
08:50 皆谷バス停
08:50 青い笠山登山口の案内板
09:10 東屋のある舗装の丁字路
09:12 林道白萩線起点の分岐
09:15 外秩父七峰縦走コースの案内板出合い
10:05 堂平山方面分岐
10:05 笠山西峰の山頂
10:10 笠山東峰の山頂
10:15 笠山西峰の山頂
10:25 林道を掠める
10:45 笹山の山頂手前の通行止めの鎖
10:55 林道の二ヶ所目の丸太の置き場
11:15 堂平山の山頂 ~ 11:30
11:40 森林学習道のピーク?の電波塔
11:45 林道が二股に分岐
11:50 剣ヶ峰の電波塔
12:00 白石峠の交差点
12:20 里の車道出合い
12:30 白石キャンプ村駐車場の看板
12:35 白石車庫バス停

14:20 落合バス停 ← 14:50 に乗車

ハイキングコースで出合ったのは
笠山まで 1人
堂平山周辺から白石峠までは
一人歩き10人前後とほぼ同数の団体一組
白石峠から落合バス停までは人影がなかった

落合バス停では私のほかに地元の若い男性が乗車
車内にはハイカーの先客 1人
私を合わせて3人は小川町駅バス停まで
途中
中年女性が和紙の里から乗車して途中下車
その後年輩のご婦人1人が乗車、小川町駅へ

写真は撮った順です

最初は皆谷バス停付近
すぐ先に笠山登山口の青い案内板があります

東屋のある舗装の丁字路は右折
次いで林道白萩線起点の分岐↓を左折

植林の足許にも外秩父七峰縦走コースの案内板

雑木の尾根に出ると笠山の山頂は近いです

堂平山方面分岐
前方は笠山西峰
堂平山方面は右手の斜面を下ります

笠山西峰の山頂

西峰山頂の少し先が笠山東峰の山頂
1点目は笠山神社
2点目は東峰山頂からの眺め

西峰山頂に戻り
さらに手前の分岐に戻り斜面を下ると
下方の林道に沿った尾根道に出ます
林間には低い峰三つが並んで見えます
中央の峰が臼杵山、その左が笹山
林道に下り立ち林道を進むと丸太が積まれた丁字路
少し戻り笹峰への山道に分け入ると ← 表示なし
臼杵山を経て、笹山山頂の手前に立入禁止の鎖
4点目は引き返す途中から眺めた笠山
林道に戻り
丁字路から案内板に従い
林間の緩い山道を辿ると

堂平山の山頂は広く伸びやか
6点目はときがわ町の堂平観測所ドーム
国立天文台堂平観測所は2000年に閉鎖
現在はレクリエーション施設
7点目は『星と緑の創造センター』の宿泊施設方面

山頂を過ぎ
舗装路脇の『森林学習道』に逸れ
山道を辿り急な坂を上ると電波塔があります
電波塔の先を下ると堂平山山頂からの林道出合い
右折して暫く進むと林道はY字分岐 ← 2点目
左右の林道の中間を上ると剣ヶ峰の電波塔 ← 3点目
電波塔の足許に剱峯大神の石碑 ← 4点目
5点目は剣ヶ峰から白石峠方面への山道

白石峠の東屋
案内板に従い右手の山道を下ります
3点目は里の舗装路出合い
7点目は白石車庫バス停の広場
時間調整のため左の橋を渡り
槻川沿いのバス道を落合橋方面へ





|

« 皇鈴山、登谷山、釜伏山 | トップページ | 金勝山、官ノ倉山、石尊山 »