« 至仏山 晩秋 | トップページ | 奥高尾縦走路 11月 »

2016-11-06

大室山と加入道山 秋

5日は ← 2016年11月
西丹沢自然教室から大室山と加入道山へ

檜洞丸 ひのきぼらまる 青ヶ岳 1600m
熊笹ノ峰 くまざさのみね 1523m
犬越路 いぬこえじ 1060m 峠 避難小屋あり
大杉丸 おおすぎまる 1221m 犬越路避難小屋の背後
大室山 おおむろやま 大群山 1588m
破風口 はふくち ← 狭く急な鞍部
加入道山 かにゅうどうやま 1418m 避難小屋あり
白石峠 しろいしとうげ 1307m
用木沢出合 ようきさわであい 610m

西丹沢自然教室 540m

歩いた経路は2013年5月15日に同じ
前回は用木沢出合が起点
今回は西丹沢自然教室が起点
2013年5月15日の写真 ↓

犬越路~用木沢出合は
檜洞丸に出かけた2014年5月2日も歩いています

西丹沢自然教室へは
畔ヶ丸を歩いた時に ← 2014年5月14日


歩いた時刻は
今回 13-05
05:25 **:** 西丹沢自然教室
05:45 05:45 用木沢出合
07:00 06:55 犬越路
08:30 08:20 大室山の西ノ肩
08:35 08:25 大室山の山頂
08:45 08:40 大室山の西ノ肩
--:-- 09:10 破風口
09:45 09:40 加入道山の山頂
10:05 10:00 白石峠
11:40 11:35 用木沢出合
12:00 **:** 西丹沢自然教室
--:--は記録漏れ
**:**は立ち寄らず

私は頻繁に休みながら歩きますので
休憩に費やした総時間はわかりません
時刻も5分刻みと大雑把

今回は体を慣らすために冬のザック ← やや重い
その割には歩いた時間が
前回(2013年5月)と大して変わらなかった

犬越路への上りも大室山~加入道山の間も
前回よりルートが整備された模様
加入道山へは木の段々が何ヶ所も
破風口付近もズルズルしないで済みました

道標も木製から金属製に変えられデザイン統一

白石峠からのルートは今回もアチコチ確かめながら
特に沢沿い ← リボンが少ない
すれ違った一人は沢沿いのルートを外して
ヘンな方から戻って来たところでした
沢沿いの石ゴロゴロ箇所は踏み跡が定着せず
微妙に向きのズレた ← 迷った人が頼った道標
道標の示す方向通りに歩いてしまうと困ることも
そんなときはリボンが頼りですが
新しい道標のほかには何もない場所

時間の比較
左は今回、右は前回
1時間15分 1時間10分 用木沢出合~犬越路
1時間35分 1時間30分 犬越路~大室山山頂
1時間10分 1時間15分 大室山山頂~加入道山山頂
0時間20分 0時間20分 加入道山山頂~白石峠
1時間35分 1時間35分 白石峠~用木沢出合

5時間55分 5時間50分 用木沢出合からの往復
6時間35分 *時間**分 西丹沢自然教室からの往復

長く感じたのは白石峠~用木沢出合の3.8km
用木沢出合に近づくと約1Kmは未舗装の林道歩き
山道部分の約3kmがスタスタとは行かなかった

出合った人は ← 距離が長くほとんど無人状態
加入道山山頂の前後で単身3人と2人連れの計5人
白石峠~用木沢出合で単身3人と二十数人の団体
団体は何かの会とか ← 全員体力ありそう
付添いを除く団員は服もザックも同じ ← 学生かも

西丹沢自然教室の駐車場は
未舗装箇所も含め帰り際は満車でした

写真は撮った順です
最初は犬越路

犬越路避難小屋を過ぎ
大杉丸の斜面を越えると最初の富士山

大室山の西ノ肩分岐を目指して
穏やかな尾根歩きが続きます

西ノ肩です
大室山の山頂まで0.3km
往復しました ← ココは風が強く冷たかった
4点目が山頂
西ノ肩に戻って

さらに加入道山へ
前回は急な斜面やズルズルがあって
今回は歩く前から気が重かったのですが
今回は割とスンナリ
気のセイではなく
整備されたのだと思います
西ノ肩から暫くは木道 ← 1、2点目
すぐに視界が開け富士山三昧
4点目の右上は前大室
前大室の裏側が加入道山の山頂部
前大室へは下って上り返します
各所に木の段々 ← 8点目
お蔭で景色を楽しむ余裕が

加入道山の山頂です
2点目は加入道山避難小屋の内部

白石峠

白い石の涸れ沢 ← 白い石は大理石とか

やがて涸れ沢に水が現れ
下流では水量が増します

用木沢出合のゲート脇を擦り抜け
舗装の林道を暫く下ると西丹沢自然教室
振り返ると大室山の山容 ← 1点目
2点目は西丹沢自然教室の近く
西丹沢自然教室には更衣室もあります





|

« 至仏山 晩秋 | トップページ | 奥高尾縦走路 11月 »