« 中門岳 会津駒ヶ岳 | トップページ | 日光白根山の五色沼 »

2016-10-01

男体山と中禅寺湖

30日は ← 2016年9月
日光の男体山へ
二荒山神社中宮祠の登拝門から山頂を往復

中宮祠の開門は6時
登山受付も6時から ← 一人500円

男体山 日光男体山 2486m
中禅寺湖 1270m
中宮祠の登拝門 1280m?
志津乗越 しずのっこし 志津峠 1785m

男体山の古い呼称は補陀落山(ふだらくさん)
男体山は二荒山神社の御神体山

二荒山神社は
 山内に本社
 中禅寺湖畔に中宮祠
 男体山山頂に奥宮
 男体山山頂部の西の外れに太郎山神社

日光男体山は今回で8回目
今まで復路は途中で足がオカシク ← ホボ毎回
私の山歩きで最もヨロシクナカッタのも男体山にて
今回の足は全然ヘンにならず
特にキツイとも感じなかった

今回歩いた時刻は
06:05 登拝門
06:45 林道脇の鳥居 ← 以下着時刻
07:00 五合目
07:15 六合目
07:35 七合目
08:00 八合目 ← 瀧尾神社あり
08:40 二荒山大神の御神像
09:10 山頂の広場を遊歩、御神像に戻り
11:15 登拝門

今までとの時間比較
16-9 14-8 11-5 10-9
06:05 08:20 08:40 09:10 登拝門
08:40 11:10 11:50 --:-- 御神像着
11:15 14:00 15:10 14:40 登拝門
--:--は記録漏れ

16-9-30 往 2時間35分 復 2時間05分 + 山頂30分
14-8-30 往 2時間50分 復 2時間50分
11-5-14 往 3時間10分 復 3時間20分

総時間 ← 休憩含む
16-9-30 5時間10分 ← 天気がよかった
14-8-30 5時間40分 ← 天候外れ
12-7-15 6時間前後 ← 山頂は霧
11-9-24 -時間--分 ← 記録は写真2点だけ
11-5-14 6時間30分 ← 天気がよかった
10-9-18 -時間--分 ← 志津乗越から往復
10-9-11 5時間30分 ← 天気がよかった
10-7-07 -時間--分 ← 霧雨 写真6点のみ

8回中、志津乗越からの往復は1回だけ
他の7回は二荒山神社中宮祠の登拝門から往復

2014年8月30日

2012年7月15日

2011年9月24日

2011年5月14日

2010年9月18日

2010年9月11日

2010年7月7日


写真は撮った順です

登拝門から林間の緩い斜面を歩き始め
林道出合いから舗装路歩きを経て
林道脇の鳥居から再び林間の山道を辿ると
やがて大小の石がゴロゴロ
石の転がる区間は短くないです
八合目の瀧尾神社を過ぎ
鳥居を潜り
さらに石ゴロゴロの斜面を辿ると
黒ネットの袋が並べられた道
緑ネットの袋が並べられた道
角材の段々
赤い礫の斜面を経て
山頂広場の奥宮
二荒山大神像
刀が立つ山頂
および刀とは反対側の太郎山神社に向かい
御神像に戻り下山しました

往路では一時、霧が押し寄せ
中禅寺湖が見えなくなりましたが
霧はスグ消え見晴らし回復

♯印の雲海上辺の中右寄りに富士山

中禅寺湖の向こう岸の
社山の背後に未だ荒れた山肌 ← 下の15点目※印

山頂域は広く、休む人が多いのですが
今回の往路と山頂広場は人影なし

復路では多くの人とすれ違いました
一番多かった言葉は コンニチワ
オハヨウゴザイマス もほぼ同数
続いて 『もう下山ですか?』 と
『まだ距離ありますか?』 も各何人か
『歩き始めは何時から?』 3人
『紅葉していましたか?』 1人
『明日は孫の運動会に出ないと……』 1人
その他に
健脚多数 ← 軽々とした足取りと山慣れた恰好
トレイルランも男女数人

登拝門に戻ってきました
左下隅は靴の洗い場





|

« 中門岳 会津駒ヶ岳 | トップページ | 日光白根山の五色沼 »