« 美ヶ原の美シノ塔 | トップページ | 伊豆ヶ岳から子ノ権現 »

2016-09-17

巾着田から日和田山

16日は ← 2016年9月
巾着田、日和田山、高指山、物見山へ
起点は西武池袋線・飯能駅 ← 高麗駅からが賢明
終点は西武池袋線・武蔵横手駅

加治神社 かじじんじゃ 131m?
宮沢湖 みやざわこ 114m?
巾着田 きんちゃくだ 83m?
高麗本郷交差点 89m? ← コンビニあり
日和田山 ひわださん 305m
宝篋印塔 ほうきょういんとう
高指山 たかざすやま 332m?
物見山 ものみやま 375m
五常ノ滝 ごじょうのたき

飯能駅 はんのうえき 106m?
武蔵横手駅 むさしよこてえき 115m?

車は
飯能駅北口広場の時間貸し立体駐車場へ

今回歩いた経路は
飯能駅北口から …… だったのです、ところが
今年の6月1日以降暫く ← 期間不明
施設工事のため宮沢湖外周道路が通行できない
コトを現地で知ってオロオロ
車道歩きに変更してウロウロ
結局、JR高麗川駅へ10分ほどの地点まで大まわり
偶然、
巾着田を発着点とした歴史と自然を感じるルート
と記された指導板に出合ってホッと

宮沢湖・高麗川駅・高麗神社・巾着田の
四方面を指す道標からは当初の予定通り

以下、道標に従って里道を辿り
⇒ 高麗小学校の角を左折
⇒ 巾着田入口
⇒ アイアイ橋を渡り高麗川沿いを遊歩
⇒ 北西の端から巾着田を出て
⇒ コンビニ前の信号で車道を北側に渡り
⇒ 北への舗装路を少し進むと
⇒ 左側に日和田山登山口への道標
⇒ 左折して進むと有料駐車場 ← 私有地?
⇒ 駐車場の先に絵図入りの案内看板
⇒ 案内看板の脇から山道、以降も道標を頼りに
⇒ 暫くは濡れた粘土で滑りました ← 傾斜は緩い
⇒ 男坂・女坂分岐 ← 男坂へは沢を横切る
⇒ 男坂の岩場を上って ← 足掛かりは確か
⇒ 金刀比羅神社に出合い ← 素朴
⇒ 再び穏やかな山道を辿るとすぐに
⇒ 日和田山の山頂
⇒ 山頂から西に下り ← 以降もルートは穏やか
⇒ 高指山の山頂下 ← 山頂に鉄塔
⇒ 高指山の山頂下から暫く舗装路歩き
⇒ 東屋と手洗いと茶店?を過ぎ
⇒ 駒高陸橋で林道を跨ぎ舗装路を離れ再び山道
⇒ 物見山の山頂 ← 北側の林の奥に三角点
⇒ 三角点から山頂に戻り北向地蔵方面へ
⇒ ヤセオネ峠も北向地蔵方面へ
⇒ やがて左から現われる狭い山道に接します
⇒ 接した先の道標で北向地蔵方面を離れ
⇒ 狭い山道を武蔵横手駅方面へ
⇒ 暫く進むと山道の脇に馬頭観音の碑 ← 大きい
⇒ さらに進むと行く手に民家

民家は二軒あります
付近に道標が見当たらず
奥の民家まで進むと行き止まり
引き返して最初に出合った民家の
玄関と庭先の下側斜面を横切る踏み跡へ
踏み跡は畔のように狭く草が迫り判りづらい
この畔道?の下側斜面は草地と畑
この畔道?は暫く辿ると ← 暫く斜面を横切ると
植林帯を下る山道に続いています
以降再びルート明解
舗装路出合いからは道標を頼りに武蔵横手駅方面へ
舗装路を下る途中の左下方に五常ノ滝
五常ノ滝から戻りさらに舗装路を下ると丁字路
武蔵横手駅のホームは目の前

記録した時刻は
06:25 四方面を指す道標
06:40 巾着田入口 ← 7時前に入場した人は無料
07:00 巾着田出口 ← 有料駐車場と手洗いあり
↑ 係員多数が入場したので時刻が判りました
07:14 コンビニに寄って買い物してから
07:17 信号を渡り少し奥に日和田山登山口への道標
07:20 有料駐車場の先に日和田山登山口
07:45 金刀比羅神社 ← 男坂の上です
07:50 日和田山の山頂
08:10 高指山の山頂下
08:20 駒高陸橋
08:35 物見山の山頂
08:36 物見山の三角点
08:40 ヤセオネ峠
08:45 左手からの狭い山道との接点
08:50 馬頭観音の石碑
08:57 最初の民家出合い ← 付近をウロウロ
09:10 畔道?を経て植林帯を下ると舗装路
09:20 五常ノ滝 ← 滝下で長話
09:50 武蔵横手駅

私の歩く時間はイツモ大概参考時間通り
但し私の方は休憩時間を含みます

曇り時々小雨

武蔵横手駅から五常ノ滝方面に向かうハイカー多数

写真は撮った順です
最初は宮沢湖・高麗川駅・高麗神社・巾着田の
四方面を指す道標

巾着田を発着点とした歴史と自然を感じるルート
と記された指導板
背後の山影は日和田山?

巾着田の入口です
2点目は入口を入ってすぐのアイアイ橋
3点目はアイアイ橋から眺めた高麗川
4点目以降はヒガンバナ
川に沿って奥に行くほど開花が進んでいました

正面左の看板の脇が日和田山の登山口

日和田山の男坂
岩場を上って行きます

上り切ると岩の広場に鳥居があります
鳥居の奥に金刀比羅神社の社
天気に恵まれると
鳥居前方からの眺めがよい筈 ← 方位盤あり

金刀比羅神社の先は穏やかな山道
道標の裏手が日和田山の山頂
2点目は山頂の宝篋印塔

高指山山頂の無線中継塔 ← の跡かも

写真中央の駒高陸橋を渡って右へ入り再び山道

物見山の山頂です
3点目は物見山の三角点

北向地蔵方面の山道から
武蔵横手駅方面のより狭い山道に移ると
やがて馬頭観音の石碑に出合います
石碑は大きいですが
山道はとても狭い ← 写真下段の左隅

狭い山道は民家に出合います
玄関方面には向かわず ← 上がらず
建物の斜面下方の畔道?を ← 草で判りづらい
写真中央から左真横へ向かうと
再び踏み跡がハッキリします ← 2点目
3点目は写真右端の踏み跡から見下ろした畑です

畔道?を経て植林帯を下ると舗装路
舗装路を武蔵横手駅方面へ下る途中に五常ノ滝
2点目は滝壺の手前のシュウカイドウ

武蔵横手駅





|

« 美ヶ原の美シノ塔 | トップページ | 伊豆ヶ岳から子ノ権現 »