« 避暑 白砂山と八間山 | トップページ | 麦草峠から北横岳と双子池 »

2016-08-05

至仏山の夏雲

4日は ← 2016年8月
山ノ鼻から至仏山へ

鳩待峠 はとまちとうげ 1591m
山ノ鼻 やまのはな 1400m
至仏山 しぶつさん 2228m
小至仏山 こしぶつさん 2162m

車は鳩待峠の駐車場に ← マイカー規制のない日
168.0km 家から沼田IC
025.7km 沼田ICから国道120号・401号分岐
008.5km 国道120号・401号分岐から尾瀬戸倉バス停
011.5km 尾瀬戸倉バス停から鳩待峠

沼田ICから鳩待峠 46km
家から鳩待峠 214km

復路は一般道で
丸沼⇒金精峠トンネル⇒湯ノ湖⇒中禅寺湖
⇒いろは坂⇒日光道(有料)⇒宇都宮市街を経由
020.0km 鳩待峠から国道120号・401号分岐
053.0km 国道120号・401号分岐から清滝IC
150.7km 清滝ICから家

鳩待峠から家 224km ← 往路より 10km 遠い
往復計 438km

高速道は常に緊張を強いられます
その割にPA、SAの数が少ない
一般道は時間がかりますが
コンビニが列をなす時代、好きな時に休めます

新しくなった鳩待峠の駐車場は
見たところ広いのですが
バスも乗合タクシーも一箇所に寄せたため
一般車の駐車枠は以前より減ったそうです
マイカー規制のない日も鳩待峠が満車になると
一般車は戸倉に駐車 ← 規制日の扱い
私が着いた時は十分余裕
帰り際は満車
そのためか戸倉までの帰路は一般の対向車ゼロ

車両の消えた鳩待峠は ← 山荘と休憩所前の広場
ガランとして侘びしげ

今回歩いた経路は
鳩待峠⇒山ノ鼻⇒東面登山道⇒至仏山の山頂
下山は小至仏山山頂⇒オヤマ沢田代⇒鳩待峠

至仏山へは今まで
2015年10月15日 東面登山道で山頂へ
2014年11月05日 雪の訪れ 東面登山道で山頂へ
2013年10月30日 東面登山道で山頂へ
2013年09月06日 東面登山道で山頂へ
2012年11月10日 雪の訪れ オヤマ沢田代まで
2011年09月07日 東面登山道で山頂へ
2011年05月03日 残雪期 山ノ鼻へ下山 ※
2011年04月27日 残雪期 小至仏山直下まで
2010年08月11日 東面登山道で山頂へ
※残雪期の限られた日数のみ東面を山ノ鼻へ下山可


2015年10月15日

2014年11月5日

2013年10月30日

2013年9月6日

2012年11月10日

2011年9月7日

2011年5月3日


歩いた時刻は
今回 15-10 14-11 13-10 13-9 11-9 11-5
05:00 04:45 05:40 06:00 05:30 06:30 11:15
05:45 05:40 06:30 06:45 06:10 --:-- **:** 山
**:** **:** **:** 07:15 **:** **:** **:** 牛
**:** **:** **:** 07:40 **:** **:** 10:15
07:45 08:00 09:00 10:00 08:25 --:-- 08:40
08:25 08:50 09:45 10:50 09:15 --:-- --:--
--:-- 09:20 10:05 11:15 09:40 --:-- --:--
09:55 10:20 11:00 12:15 10:35 12:30 06:30

※ 頭文字は順に
鳩待峠 山ノ鼻 牛首分岐 山ノ鼻 至仏山山頂
小至仏山山頂 オヤマ沢田代 鳩待峠

--:--は記録漏れ
**:**は立ち寄らず
は残雪期

年月日 往路の時間 復路の時間 総時間
16-08-04 2時間45分 2時間10分 4時間55分
15-10-15 3時間15分 2時間20分 5時間35分
14-11-05 3時間20分 2時間00分 5時間20分
13-10-30 3時間05分 2時間15分 5時間20分 + 55分
13-09-06 2時間55分 2時間10分 5時間05分
11-09-07 -時間--分 -時間--分 6時間00分
11-05-03 2時間10分 2時間35分 4時間45分
10-08-11 記録せず

今回 ← 2016年8月4日
鳩待峠を離れたのは午前10時 ……
夏の一日 ← マイカー規制日を除く
朝は至仏山を歩いて気分一新
夕は仕事に食事に家族団欒
随分尾瀬が近くなった ♪

東面登山道は水流優先 (笑)
今までのときより水量が多かった ← 前夜は雨?

往路も復路も足掛かりの石は濡れてツルツル

ハイカー多数

写真は撮った順です
最初の7点は東面登山道にて
1点目は山ノ鼻と至仏山山頂との中間点よりやや下
2点目は燧ヶ岳 ← 尾瀬ヶ原は雲海の下
3点目はオオバギボウシ ← 不確か
至仏山も小至仏山も花が多い

至仏山の山頂に近づくと
小至仏山の山頂が見えてきます

至仏山の山頂です
山頂の標柱はハイカーの溜まり場になるので
人を避けて標柱を撮るのに難儀 ← 構図がヘンテコ
小至仏山山頂の標柱はもっとヘンテコな構図
2点目以降は至仏山山頂からの眺め

至仏山山頂から小至仏山山頂へ向かいます
1点目の左側が小至仏山の山頂
雲の動きが速かった
6点目は唐打草
タカネトウウチソウ? ケトウウチソウ?

小至仏山の山頂にて ← 狭いです
3点目は山頂からオヤマ沢田代方面

小至仏山から鳩待峠への下山途中
4点目の中央に鳩待峠の山荘と休憩所
その右手に駐車場
6点目に燧ヶ岳と尾瀬ヶ原

鳩待峠に戻ってきました
建物は山荘と休憩所
車両が消えた広場は少し侘びしげ

帰り際の駐車場は満車





|

« 避暑 白砂山と八間山 | トップページ | 麦草峠から北横岳と双子池 »