« 至仏山の夏雲 | トップページ | 見出し 11 »

2016-08-11

麦草峠から北横岳と双子池

9日は ← 2016年8月
往路は麦草峠から北へ ← 茶臼山を経て北横岳
復路は双子池から南へ ← 雨池を経て麦草峠

蓼科山 たてしなやま 2530m
双子山 ふたごやま 2224m
大岳 おおだけ 2381m
北横岳 きたよこだけ 北八ヶ岳の横岳
北横岳の北峰 2480m
北横岳の南峰 2473m
雨池山 あまいけやま 2325m
縞枯山 しまがれやま 2403m
茶臼山 ちゃうすやま 2384m
麦草峠 むぎくさとうげ 2120m

北八ヶ岳ロープウェイ
山麓駅 1771m ~ 山頂駅 2237m

今までの北八ヶ岳はコチラ
緑の北横岳と縞枯山は今回が最初

2015年1月14日
北横岳

縞枯山

2013年2月20日
縞枯山

2013年1月24日
北横岳

2012年3月14日
北横岳

2011年3月9日
縞枯山

2011年1月26日
北横岳


麦草峠への車は
諏訪ICを経て国道152号を北東へ進み
湖東新井交差点で152号を左に分け国道299号を東へ

家~諏訪IC 222km
諏訪IC~麦草峠 31km

麦草峠の国道沿いに一般用駐車場 ← 手洗いあり
到着時は1~2割程度
帰り際は7~8割 ← 一時立ち寄り客も出入り
峠の交通標識近くの国道沿いにも駐車余地

一般用駐車場と麦草ヒュッテはスグ ← 木道あり
麦草ヒュッテ前の広場に麦草峠バス停
登山届一式は麦草ヒュッテの建物入口にあります

歩いた経路は
麦草峠の一般用駐車場
⇒ 木道で麦草ヒュッテへ ← 入山届を投函
⇒ ヒュッテから国道に出て横断すると
⇒ 茶水ノ池 ちゃみずのいけ 2119m?
⇒ 茶水ノ池の分岐で茶臼山方面へ
⇒ 大石峠 2156m?
⇒ 中木場 2232m なかこば? ← 視界が開ける
⇒ 茶臼山の山頂 ← 眺望ナシ
⇒ 茶臼山展望台 ← 山頂の少し西 眺めよい
⇒ 茶臼山の山頂に戻り
⇒ 茶臼山と縞枯山の鞍部 2310m? ← 五辻方面分岐
⇒ 縞枯山展望台分岐
⇒ 縞枯山展望台 2387m ← 三角点 眺めよい
⇒ 縞枯山展望台分岐に戻り
⇒ 縞枯山の山頂 ← 眺望ナシ 下り始めは滑り易い
⇒ 雨池峠 2247m?
⇒ 縞枯山荘 2239m?
⇒ 山頂駅へ向かう途中に坪庭への階段
⇒ 坪庭を横切って ← 溶岩台地
⇒ 道標に従い北横岳への登山道に進み
⇒ 北横岳ヒュッテ 2387m?
⇒ 北横岳の南峰 ← 眺めよい
⇒ 北横岳の北峰 ← 眺めよい
⇒ 北峰からは大岳方面を避け亀甲池方面に下山
⇒ 石ゴロゴロ道 ← 暫くは勾配強く距離も長い
⇒ 亀甲池 きっこういけ 2038m?
⇒ 亀甲池を西側で巻いて北東へ進み
⇒ 双子池の雌池 ふたごいけ めいけ 2021m?
⇒ 雌池を右まわりで巻いて南下 ← 魚影あり
⇒ 双子池の雄池の入口 ふたごいけ おいけ 2022m?
⇒ 入口から先はザック持込不可 ← カメラは可
⇒ 入口手前から坂を上がり双子池ヒュッテ 2040m?
⇒ ヒュッテの裏から林道と山道を延々と南下
⇒ 雨池の北岸分岐 2073m?
⇒ 雨池の東岸分岐 2071m?
⇒ 雨池の南岸分岐 2068m?
⇒ 南岸から麦草峠方面へ更に南下
⇒ 茶水ノ池の分岐
⇒ 麦草峠の一般用駐車場

双子池以南は林道と山道を交互に辿る

雨池へは笹を刈り払った山道も ← 弾んで歩き易い
その他は石ゴロゴロ道が長く続き
標高差が少ない割に足に負担
雨池から暫くと茶水ノ池付近は一部木道

出合った人は
麦草峠から雨池峠まではゼロ
縞枯山荘前に2人連れ
北横岳ヒュッテへの上りで下山者3組6人
北横岳北峰から亀甲池への下山途中で3人連れ
双子池の雌池の湖畔でテント1張り
双子池ヒュッテ付近で3組4人
雨池からのルート途中で単身2人
併せても20人以下 ← 距離が長く人影は稀

双子池の雌池で『めっし~』に出合いました ?!(笑)

茶臼山展望台と ← 古い案内書では天望台
縞枯山展望台と
北横岳の南峰と北峰は絶景を独り占め

晴れのち曇り

都心は摂氏37.7度の報道
帰り際の麦草峠は18度
歩き始めの麦草峠は肌寒かった

歩いた時刻は
05:10 麦草峠の一般用駐車場
05:15 茶水ノ池の分岐
05:25 大石峠
05:35 中木場
06:00 茶臼山の山頂
06:03 茶臼山展望台
06:10 茶臼山の山頂に戻り
06:20 茶臼山と縞枯山の鞍部 ← 五辻方面分岐
06:30 縞枯山展望台分岐
06:35 縞枯山展望台
06:40 縞枯山展望台分岐に戻り
06:50 縞枯山の山頂
07:15 雨池峠
07:25 坪庭への分岐 ← 階段あり
08:00 北横岳ヒュッテ
08:10 北横岳の南峰
08:20 北横岳の北峰 ← 南峰~北峰は1、2分
08:30 北横岳の北峰から下山開始
09:25 亀甲池に出合い
09:55 双子池の雌池出合い
10:10 双子池の雄池表示板
10:12 双子池ヒュッテ脇
10:25 未舗装の林道を辿り近道分岐
10:30 再び林道に出合い林道を辿り
10:40 林道の橋を渡ると山道への道標
11:20 雨池の北岸分岐 ← ココまでの山道も長い
11:35 雨池の南岸分岐
11:45 木道を経て林道出合い
11:50 林道脇に麦草峠への山道分岐 ← ココからも長い
12:30 茶水ノ池の分岐を経て麦草峠の一般用駐車場

私は頻繁に休みながら歩きますので
休憩に費やした総時間はわかりません
時刻も5分刻みと大雑把

今回の ← 総時間は7時間20分
南端は麦草峠
北端は双子池の雌池

麦草峠⇒双子池の雌池 4時間45分
双子池の雌池⇒麦草峠 2時間35分

山歩きと池巡りの時間は
麦草峠⇒北横岳北峰から下山開始 3時間20分
北横岳北峰から下山開始⇒麦草峠 4時間00分

北横岳の北峰から下るときに
今回の山はコレで終わり、アトは池を巡るだけ
残りは僅かな時間と思ったのが大きな錯覚
その僅かがナント4時間

亀甲池の名前の由来は
水底が乾くと泥土に亀甲形のひび ← 一般の説明
池の背後の山が亀甲の形 ?? ← 私の印象

雨池は流れ込む沢のない自然の溜め池
私が着くと雨雲モクモク ← 雨を呼ぶ池 ???

亀甲池も雨池も湖水が少なかった

写真は撮った順です

最初の画像は ↓
駐車場から木道で麦草ヒュッテに向かい
麦草ヒュッテから国道に出て横断
茶水ノ池の分岐で茶臼山方面に進んだ辺り

中木場に着くと正面に茶臼山を望めます

茶臼山の山頂からは ← 1点目
茶臼山展望台を往復します

茶臼山展望台にて
古い道標には天望台の表記も
3点目には天狗岳の背後に南八ヶ岳の峰々
5点目は蓼科山方面
長居すると寒くなるほど風が冷たかった

縞枯山との鞍部に下ります
2点目は五辻方面分岐

鞍部から上り返すと縞枯山展望台への分岐
先に展望台に寄ります

縞枯山展望台
2点目からは茶臼山方面

展望台への分岐に戻って山頂へ ← ルートは平坦
周囲は縞枯れ
4点目が山頂です
山頂は眺望を期待できずスグ雨池峠に下山

雨池峠 ← 1点目
ほどなく縞枯山荘 ← 2点目

縞枯山荘からはロープウェイの山頂駅方面へ
駅を経由してもよいのですが
今回は駅には寄らず手前の分岐で階段を上がり
坪庭に出ました ← 2点とも前方に北横岳

道標に従って坪庭を横切ると
北横岳への山道に入れます
1点目は山頂駅方面の眺め
2点目は縞枯山と坪庭

縞枯山に面した斜面をジグザグに上り
さらに林間を辿ると北横岳ヒュッテ
南峰の山頂はヒュッテからヒトノボリ

ヒトノボリすると視界が開けます
山頂はそのスグ先 ← 3点目
4~7点目は南峰山頂からの眺め

北峰に移動します ← 林間の平らな道
4点目は南峰方面
5点目は亀甲池方面への下山口、背後は蓼科山

亀甲池方面への山道の石と勾配

亀甲池に着きました

更に石ゴロゴロ道を辿ると

双子池の雌池です
4、5点目は『めっし~』

雌池の東岸を辿ると左上手に双子池ヒュッテ
雨池方面への林道はヒュッテの裏から始まりますが
休憩所の注意書きに従ってザックはベンチに置き
カメラだけ下げ先に雄池を眺めました

池の奥右の崩落箇所が工事現場の一つ ??
工事でルートに規制があって
各所の案内板に従いウロウロしたので
どこをどう歩いたのやら

雄池から振り返ると双子池ヒュッテ ← 4点目
坂を上がって建物の裏に出ると未舗装の林道
林道歩きが始まります

1点目は林道沿いの林
林道脇には水場も
3点目の橋の先から雨池方面への山道
暫くは笹を刈った土の山道
弾力があり足の負担は軽かったですが
何しろ長く寂しく単調でした

雨池に着きました
4点目は南岸の道標
南岸から暫くは歩き易い木道 ← 5点目
続いて暫くは歩き易い林道 ← 6点目
7点目の麦草峠への道標から山道
山は深く距離も長く
まだかな~~~と思っていると木道が現れ ← 8点目
茶水ノ池を経て駐車場着





|

« 至仏山の夏雲 | トップページ | 見出し 11 »