« 火打山 天狗ノ庭のワタスゲ | トップページ | 避暑 白砂山と八間山 »

2016-07-25

西沢渓谷入口から甲武信ヶ岳

24日は ← 2016年7月
木賊山を経て甲武信ヶ岳へ

三宝山 さんぽうざん 2483m
甲武信ヶ岳 甲武信岳 2475m
こぶしがたけ こぶしだけ
木賊山 とくさやま 2469m
破風山 はふうざん 2318m
雁坂嶺 かりさかれい 2289m
雁坂峠 かりさかとうげ 2082m

鶏冠山 とさかやま 2177m
鶏冠尾根 とさかおね
戸渡尾根 とわたりおね

西沢渓谷入口バス停 1107m?

甲武信ヶ岳へは2012年6月7日
毛木場駐車場から歩いています ← 6時間10分

07:40 毛木場駐車場
09:00 ナメ滝
10:50 甲武信ヶ岳山頂
13:50 毛木場駐車場

同じ県境の金峰山へは ← きんぷさん 2599m
2016年6月18日

2015年9月26日

2010年9月14日

小川山へは ← おがわやま 2418m
2012年8月8日


今回の車は
勝沼ICを経由
⇒国道140号を北上 ← 雁坂みち
⇒道の駅みとみ 1084m?
⇒西沢渓谷入口の案内板で国道を離れ
⇒すぐPマークの側(左側)へ下ると市営駐車場

市営駐車場はとても広い ← 舗装 無料
主に西沢渓谷の遊歩者と甲武信ヶ岳の登山者が利用
私の下山時は前回も今回もホボ満車
市営駐車場が満車のときは
『道の駅みとみ』の登山者用駐車場を利用 ← 無料
市営駐車場の入口付近には民間の有料駐車場あり

歩いた経路は
市営駐車場から西沢渓谷入口バス停を掠めて
→ 一般車進入禁止の林道を北上 ← 舗装
→ 近丸新道登山口を右に見て
→ 徳ちゃん新道登山口 ← 山荘前の広場の片隅
→ 徳ちゃん新道
→ 徳ちゃん新道・近丸新道合流点 1869m
→ 戸渡尾根を北上
→ 眺めのよい岩場 ← 穏やか
→ 最初の主稜線出合い 2440m
→ 木賊山の山頂
→ 木賊山の山頂を越えると甲武信小屋 2364m?
→ 甲武信ヶ岳の山頂

要所に道標

復路は
甲武信ヶ岳山頂から甲武信小屋に戻り
小屋最寄りの道標で『破風山(まきみち)』方面へ
この(まきみち)は木賊山山頂を北側で巻く道
『破風山(まきみち)』方面を暫く辿ると
主稜線出合い ← 印の主稜線出合いより少し東側
道標に従い主稜線を戸渡尾根方面分岐へ緩く上ると
程なく印の箇所に着きます

印の主稜線出合いと木賊山山頂は同じような標高
両者を結ぶルートも傾斜が少なく
木賊山山頂を巻く意味が分からなかった
甲武信小屋から木賊山の山頂経由で
直接印の箇所に戻った方がスッキリ

印の箇所から下方は往路に同じ

近丸新道は先月10日に歩きました ← 時間に制約
前半は所々でザレ場を横切る必要 ← 滑ると厄介
沢を二度渡りましたが橋がなく ← 痕跡か残骸のみ
増水時は避けたほうがよいのかも
後半は勾配が強い

徳ちゃん新道は ← 今回は時間に制約ナシ
急な斜面や滑る箇所はありますが難所はなかった?
但し疲れてくると平地も難所に ← 特に復路

歩いた時刻は
今回 前回
04:20 04:50 市営駐車場
--:-- 05:05 近丸新道登山口
04:40 **:** 徳ちゃん新道登山口
**:** 05:45 堰堤
06:20 06:55 徳ちゃん新道・近丸新道合流点

2時間05分 駐車場から近丸新道経由合流点
2時間00分 駐車場から徳ちゃん新道経由合流点
⇒ 往路の近丸新道と徳ちゃん新道はホボ同じ時間

07:35 眺めのよい岩場
07:50 最初の主稜線出合い
07:57 木賊山の山頂
08:10 甲武信小屋
08:35 甲武信ヶ岳の山頂
09:00 甲武信小屋
09:15 木賊山山頂の巻き道を辿って主稜線出合い
09:20 印の主稜線出合い
09:30 眺めのよい岩場

10:35 06:55 徳ちゃん新道・近丸新道合流点
12:00 08:15 徳ちゃん新道登山口
12:20 08:35 市営駐車場

復路の合流点から駐車場まで ← 徳ちゃん新道経由
1時間45分 今回
1時間40分 前回

今回
4時間15分 徳ちゃん・近丸合流点から山頂往復
8時間00分 総時間
⇒ 徳ちゃん新道・近丸新道合流点はホボ中間

--:--は記録漏れ
**:**は立ち寄らず

私は頻繁に休みながら歩きますので
休憩に費やした総時間はわかりません
時刻も5分刻みと大雑把

出会った入山者多数
距離が長く人影がバラけてしまい
ルートはどこも寂しい印象
甲武信小屋に出会ってホッとしました

写真は順不同
復路の画像も往路に嵌め込み

歩き始めは暗かった
国道から逸れるとスグ
左下方に市営駐車場 ← 広い 舗装 無料
写真中央奥が登山口と西沢渓谷遊歩道方面
右手に西沢渓谷入口バス停 ← 写真の枠外
バス停のポールは二本
塩山駅行き 1日4本
西沢渓谷線・山梨厚生病院方面行き 1日5本
運行日は暗くて判らず

閉鎖された?山荘です
手前の広場に西沢渓谷遊歩道の案内板
山荘の右方の、写真の枠外に手洗いの小さな建物
手洗いの右手に徳ちゃん新道の登山口

次は徳ちゃん新道と近丸新道の合流点
手前が戸渡尾根の方向
右手が徳ちゃん新道
左手が近丸新道
合流点の下手から上手にかけて石楠花が密生
大概はアズマシャクナゲ
延々と続く石楠花林を抜けると高木の森が深まり
岩場に出るまで眺望ナシ

眺めのよい岩場です
富士山も見えていました ← 4、5点目

最初の主稜線出合い
左手はホボ平らな踏み跡の先に木賊山の山頂
手前が歩いてきた戸渡尾根の方向
右手は主稜線の破風山方面
木賊山山頂の巻き道の分岐は
ココにはなく主稜線を少し破風山方面に下った所

木賊山の山頂は眺望ナシ
山頂の先で甲武信ヶ岳が顔を出します ← 2点目
3点目は山頂から甲武信小屋へ下る斜面
振り返ると木賊山の山頂部 ← 4点目
さらに下ると

甲武信小屋です
甲武信小屋の周囲には各方面の道標あり
一本一本見ておきました ← 習慣

甲武信小屋を離れ甲武信ヶ岳の山頂へ

甲武信ヶ岳の山頂です
3点目は毛木平方面
毛木平から歩いた時は霧で何も判らず
甲武信ヶ岳の印象はゼロ同然でした
実質、今回が初めての甲武信ヶ岳

山頂部から ← 1点目
少し戻った岩場も眺めがよかった ← 2点目以降
6点目は霧の向こうに木賊山の山頂部

甲武信小屋に戻ってきました

帰りは木賊山山頂の巻き道で主稜線に出て ← 1点目
さらに印の箇所へ移動しました ← 緩い登り

以降は下山路にて ← ココは撮った順 ← 標高順
3点目はハクサンシャクナゲの花と蕾
往路から地べたにアチコチ濡れた花びら





|

« 火打山 天狗ノ庭のワタスゲ | トップページ | 避暑 白砂山と八間山 »