« 芦ノ湖西岸の三国山 | トップページ | お花見 2016年春 »

2016-03-30

丸岳から富士見ヶ丘公園

29日は ← 2016年3月
長尾峠を起点に北は丸岳まで
南は富士見ヶ丘公園まで歩きました
都合のよい周回コースを思いつかず今回は下調べ

丸岳 まるだけ 1156m
長尾峠 ながおとうげ 911m ← 長尾峠の位置は曖昧
富士見ヶ丘公園 1063m

ハイキングルートは ← 山道
長尾峠~丸岳は林道沿い
長尾峠~富士見ヶ丘公園は箱根スカイライン沿い

眺めがよかったのは
富士山は箱根スカイライン沿いの山道から
芦ノ湖は芦ノ湖スカイライン沿いの山伏峠付近から
芦ノ湖スカイライン沿いの山道は先日歩きました↓

2016年3月25日の三国山



今回、丸岳の山頂からは
林道側に出ないと富士山が見えなかった
手元の古い案内書では富士山が写っていますが
今は篠竹が伸びてしまって
山頂広場から西側は眺められない
鉄塔に鈴なりだったパラボラも ← 4、5個??
取り払われてしまい今は1、2を残すのみ

富士見台から富士山を眺めるには
乙女峠同様、物見台に上がる必要があります

箱根スカイライン沿いの
富士見ヶ丘公園付近からの眺めがよいです

今回歩いた経路は ← 無駄が多い
05:40 長尾隧道の西側入口から林道歩き
----- 林道は丸岳の山頂まで続いています
05:55 富士見台で林道を離れ山道へ
06:10 丸岳山頂の道標
----- 少し先に林道側にまわる踏み跡があります
06:25 丸岳山頂の道標に戻り
06:40 さらに戻って富士見台から山道を長尾峠へ
06:51 朽ちかけた長尾峠の標柱 ← 藪に分岐の痕跡
06:52 仙石原20分の道標 ← 分岐側も踏み跡明解
06:54 長尾峠の低い表示板 ← 藪に分岐の痕跡
06:58 長尾駐車場5分の道標 ← 分岐側も踏み跡明解
07:00 箱根スカイライン料金所近くの車道に近接
07:20 富士見ヶ丘公園の手前も車道に近接
07:25 富士見ヶ丘公園 ← 芝の狭い空き地
07:35 富士見ヶ丘公園の少し先で折り返しました
07:50 富士見ヶ丘公園
08:15 長尾駐車場5分の道標
08:30 富士見台に戻って
08:45 林道で長尾隧道の西側入口に下山

手元の古い案内書では登山口は長尾隧道入口付近
現在は箱根スカイライン料金所の手前に
登山者用の駐車場があります ← 未舗装、広い
駐車場には登山口の道標あり ← 踏み跡明解
登山口からは
長尾駐車場5分の道標に出られます
長尾駐車場5分の道標から南への山道は
数ヶ所で箱根スカイラインと接しています
箱根スカイラインは歩行禁止

歩き始めは摂氏2度
戻った時は摂氏7度

天候に恵まれ富士山の眺めがよかった

写真は順不同

最初は丸岳の山頂にて
1点目は仙石原方面
2点目はパラボラの数が減った鉄塔
富士山は鉄塔の左側ですが伸びた篠竹が目隠し
3点目は
奥が三国山と芦ノ湖スカイラインに沿った稜線
稜線の左側が芦ノ湖
右手が箱根スカイラインと林道に沿った稜線
稜線の左側は仙石原
4点目の雲海は手前が仙石原、奥が芦ノ湖


丸岳の山頂からは富士見台に戻ります
3点目は大涌谷方面
4点目は手前が仙石原、奥が芦ノ湖


富士見台を過ぎ暫く下って平らになると
長尾峠の朽ちた標柱に続いて
長尾峠の低い表示板があります ← 1点目
どちらも西側にリボンを見かけましたが
藪が深く峠方面へ向かえなかった
次いで長尾駐車場5分の道標と踏み跡 ← 2点目
長尾駐車場は下山後に確かめることにして


富士山の眺めがよかったのは
長尾駐車場5分の道標を過ぎてからの
富士見ヶ丘公園付近と
公園へ向かう途中の箱根スカイラインと接する箇所
2点目が富士見ヶ丘公園 ← 芝の狭い空き地
富士見ヶ丘公園からは
湖尻方面へ少し下って折り返しました
3点目以降は富士見ヶ丘公園と周辺を行き来しながら


そろそろ引き返すことにして


長尾駐車場5分の道標に戻る途中で
スカイラインを覗くとスグ料金所
下山後に料金所に向かってみると
登山者用駐車場はこの↓写真の右奥なので
通行料を払わずに利用できます


下山は富士見台に戻って林道を経由
1点目は富士見台に戻る途中の山道から仙石原
2、3点目は芦ノ湖方面
どちらも雲海が消えていました
4点目は富士見台の物見
物見の左で林道と接しています
5点目は林道から富士山
6点目は長尾隧道の入口付近
写真左の枠外に廃業した茶屋の建物があります
長尾隧道入口の手前から箱根スカイラインに進むと
料金所手前の左に登山者用駐車場
広いですが29日の9時頃は僅か2台 ← 7点目








3月16日夕の入院から2週間経過
入院時は胆肝だけでなく膵にも炎症の検査値
29日 膵は平常値に、胆肝の値も大幅に改善
30日 前日に抗生剤の点滴中止、その後に全身症状
主治医の先生に容体を教えていただき
今後の推移をイメージ、考えを固め兄に連絡
風邪をこじらせ我が家で伏せっていた妻にも連絡
二人の了解を得てケアマネさんに下調べをお願い
母の願いは在宅です
その願いはごく自然



|

« 芦ノ湖西岸の三国山 | トップページ | お花見 2016年春 »