« 山北駅から大野山 | トップページ | 介護メモ 2016年3月初旬 »

2016-03-03

三方分山とパノラマ台

2日は ← 2016年3月
精進湖畔から三方分山を経てパノラマ台へ

精進湖 しょうじこ 900m
精進湖北岸の県営駐車場 905m ← 無料
女坂峠 おんなざかとうげ 1210m 阿難坂
三方分山 さんぽうぶんざん 1422m
精進山 しょうじさん 1409m ← 三角点あり
精進峠 しょうじとうげ 三ッ沢峠
パノラマ台 1325m

歩いた経路は
県営駐車場
→ 精進集落
→ 女坂峠
→ 三方分山山頂
→ 精進峠 ← 精進湖岸の駐車場へ下山できます
→ パノラマ台へ向かう途中の精進湖への下山口
→ パノラマ台
→ 精進湖への下山口に戻り
→ 県営駐車場


2015年1月10日は同じ経路


2012年2月1日も同じ経路


2010年11月18日はパノラマ台抜き


2012年2月18日はパノラマ台のみ


精進湖畔からはほかに
2013年12月7日に五湖山へ


王岳へは2013年12月4日に西湖から鬼ヶ岳を経由



歩いた時刻は
今回 15-1-10 12-2-1
06:20 08:30 07:10 県営駐車場
07:05 09:15 --:-- 女坂峠
07:35 10:00 08:55 三方分山山頂
08:10 10:35 --:-- 精進峠
08:45 11:15 --:-- 精進湖への下山口
08:55 11:25 10:55 パノラマ台
09:10 11:45 --:-- 精進湖への下山口
09:40 12:15 11:55 駐車場

総時間
2016年3月02日 3時間20分
2015年1月10日 3時間45分
2012年2月01日 4時間45分

--:--は記録漏れ

2012年2月1日は新雪に足を取られた
2015年1月10日は所々に凍った残雪

今回はパノラマ台への上りが一部凍結
ほかは全ルート乾燥 ← 残雪もホボなし

誰にも出会わず

三方分山の山頂では
富士山方面の藪が刈られていました

写真は撮った順です
最初は阿難坂(女坂峠 )


三方分山の山頂
富士山側の見晴らしがよくなりました


三方分山から精進峠へは
林間から精進湖を見おろしながら


精進峠からパノラマ台へは
精進湖とは反対側に南アルプスが見えてきます


左手が精進湖の側、右手が南アルプスの側


精進湖への下山口を左に分け
上り返すとパノラマ台
以下はパノラマ台にて
1点目は三方分山と精進湖
2点目は青木ヶ原樹海方面
3点目はパノラマ台の方位盤
5点目は本栖湖方面
6点目は南アルプス方面


精進湖への下山路にて
鹿の足音と思ったのは間違いで落石でした
猛烈な勢いで遥か下方へ


湖岸はもうすぐ


道の駅なるさわ ← 毎回、立ち寄ります








介護メモ

母は痰が溜まると嘔吐し易く
嘔吐は痰を悪化させます ← 悪循環
なので歯みがきティシュと吸引による
痰の除去が欠かせません
何かの事情で
吸引の困難な外出が長引くと再び嘔吐し易く

便秘によるガスの逆流も嘔吐の誘因
吐きそうだとすぐにPEGを開放
次いで必要な手当て

最近の排便のサイクルは
一日目 浣腸 ← 大量排便
二日目 排便なし
三日日 排便なし
四日目 浣腸 ← 大量排便

浣腸すると大量の排便を続けて二回
さらに粘液状の便が出て一段落
浣腸による排便だと臀部の荒れが消え介護がラクに

吐くと介護開始当初はパニックに
今は慣れてしまって手際よく処置
今の不安は嘔吐の原因に対して

便が下りていないと浣腸は効きません
そのときは下剤を投与
何時間か経って
便が下りてきたのを確認してから浣腸を実施

2月下旬の排便の状況
25日木 夕 浣腸実施 ← 大量排便
26日金 排便なし
27日土 排便なし
28日日 排便なし 夕に下剤6滴投与
29日月 未明に排便少量、同時に吐き気
便が動き出し発生したガスが逆流したと考え
すぐにPEGを開放、続けて浣腸を実施
大量排便後に吐き気も治まりました

幼いころの私はほとんど何も話さなかった
話しても呂律がまわらず
よその人には通じなかった
飢えた時代に
母は疎開先で第二子を出産
その折、母に医師は『この児は生きられない』と
発育不良は発語にも及び
小1への入学を学校側から疑問視された

幼い私に母は笑いながら
お前はホントに無口だね

相変わらず母の前の私は無口
出先では言葉を発する今の母も
私と一緒だと何も言わない

施設から戻って ← 緊張していたと思います
私を認めると母の表情がやわらぎます
夜分、目覚めた気配に覗き込むと
母の顔がなごみます

癒やされるのは私のほう



|

« 山北駅から大野山 | トップページ | 介護メモ 2016年3月初旬 »