« 積雪の高尾山と小仏城山 | トップページ | 2月の奥高尾縦走路 »

2016-02-04

節分の明星ヶ岳と明神ヶ岳

3日は ← 2016年2月
宮城野から明星ヶ岳と明神ヶ岳へ

明星ヶ岳 みょうじょうがたけ 924m
明神ヶ岳 みょうじんがたけ 1169m
金時山 きんときざん 1213m

宮城野 みやぎの 旧・足柄下郡宮城野村
宮城野橋バス停 455m?
宮城野バス停 465m?

大雄山最乗寺 だいゆうざん さいじょうじ 330m?

明神ヶ岳 2014年1月25日

 最乗寺

 富士山と金時山

金時山 11年12月 14年12月 15年06月


車は
箱根町立郷土資料館近くに時間貸し駐車場
ソコから箱根湯本駅前のバス乗り場へは徒歩5分

手洗いは駅前広場の一角にあります ← 地下一階

有料の箱根仲町駐車場は周囲も狭く
徒歩で箱根湯本駅へはひと山越える必要

箱根湯本駅前から箱根登山バスで移動
往路は6時20分発に乗車、宮城野橋バス停で下車
復路は宮城野バス停で11時5分発に乗車
復路の11時5分発は遅れて到着
復路の車内は通路まで満員

箱根湯本駅発・宮城野方面のバスは ← 冬季平日
6: 20 45
7: 05 15 25 45
他の時間帯は省略
宮城野バス停発・箱根湯本駅方面は ← 冬季平日
11: 05 20 35 50
12: 05 10 20 35 50
他の時間帯は省略

道標多数
山は人影皆無
雪面の足跡も一人か二人程度
圧雪面にはほとんど出合わず
明神ヶ岳山頂の樹木に雨氷
宮城野40分の道標から宮城野へは勾配が強い

歩いた経路は
宮城野橋バス停で下車
→ 宮城野橋を渡り箱根老人ホーム方面へ右折
→ 緩い上りの舗装路は左へカーブ
→ すぐ先の分岐を右折、道形に辿り
→ 箱根老人ホームを右に見てさらに進むと
→ 二股分岐 ← 道標に従って左上手へ
→ 明星ヶ岳65分の道標から山道
→ 暫く歩くと大文字焼きの肩 ← 展望よい

ココまではごく普通のルート、ところが
大文字焼きの肩から尾根出合いまでの上りと
明星ヶ岳から明神ヶ岳への鞍部までは
雪でたわんだ篠竹が次々に現れ
潜ろうとすると押し戻され
踏みつけると撥ね返されれ
払い除けると細く強靭な鞭の洗礼
弱りました(苦笑)

→ 尾根出合い ← 宮城野・明神ヶ岳・塔ノ峰分岐
→ 塔ノ峰方面へ少し歩いて明星ヶ岳山頂を往復
→ 宮城野・明神ヶ岳・塔ノ峰分岐に戻り
→ 尾根筋を明神ヶ岳方面へ ← 次々と篠竹の藪漕ぎ
→ 最も低い鞍部から上り返し
→ 宮城野40分の道標を過ぎ
→ 明神ヶ岳の山頂
→ 宮城野40分の道標に戻り
→ 暗い斜面を延々と下り ← 下方まで積雪
→ 植林帯と別荘街の狭間を進み ← ぬかるみ
→ 舗装路出合い ← バス停への道標明解
→ 宮城野バス停

明星ヶ岳山頂は展望なし
明神ヶ岳山頂は眺めがよいです

宮城野40分の道標からは
凍結とぬかるみで時間がかかりました

歩いた時刻は
06:50 宮城野橋バス停 ← 歩き始め
07:05 明星ヶ岳登山口
07:35 大文字焼きの肩
07:50 宮城野・明神ヶ岳・塔ノ峰分岐
07:55 明星ヶ岳の山頂
08:00 宮城野・明神ヶ岳・塔ノ峰分岐
08:45 宮城野40分の道標
09:25 明神ヶ岳の山頂 ← 暫く休憩
10:10 宮城野40分の道標
11:00 舗装路出合い
11:10 宮城野バス停 ← 11:05発に乗車
箱根湯本駅バス停で下車
駐車場に着いのは 11:35

写真は撮った順です


歩き始めは宮城野橋から
橋を渡って右手の緩い坂を辿ると
左にカーブした先すぐに分岐があります
箱根老人ホーム方面は分岐を右へ


箱根老人ホームを過ぎ
道標に従いさらに舗装路を辿ると登山口があります
明るい山道を上って行くと眺望のよい開けた斜面
強羅の夏祭りに大文字焼きと花火が上がるそうです
大文字焼きの肩を過ぎると次第に天候が悪化
なので今回はココからの眺めが一番よかった


雪でたわんだ篠竹です
左右の竹が合わさった中央が登山道
左右のトンネルは
ザックが枝にかかって押し戻され
中央の狭間は体をはじき返されオロオロ
数ヶ所なら強引に進めますが
次々と行く手を塞がれ半ばうんざり


尾根筋出合いから明星ヶ岳の山頂までは穏やか
今回最後の陽射し
2点目が明星ヶ岳の山頂です


尾根筋出合いに戻り明神ヶ岳との鞍部を目指します
広く穏やかな尾根なので
晴れれば気分がよい筈 ← 期待して出かけました
ところが待っていたのは篠竹の藪漕ぎ
跳ねた篠が顔にも当たって目から涙
写真の中央が登山道
積雪が増せば難は減る筈


藪漕ぎの頻度が減ると前方に明神ヶ岳の山容
明星ヶ岳から鞍部への下りは尾根の北面
鞍部から明神ヶ岳への上りは尾根の南面
尾根の南面は雪でたわんだ篠も影をひそめる


当初は明神ヶ岳の山頂から金時山方面へ抜け
金時山への分岐を経て宮城野へ下る予定でしたが
北西方面の登山道に不安を覚え
ショートカットの分岐を探しながら歩くと
鞍部から明神ヶ岳への途中に宮城野40分の道標
少し急でしたが
すぐに気分ルンルン ← 根が単純

写真は歩いてきた尾根筋
後方が明星ヶ岳


明神ヶ岳の山頂に近づくと眺望が開けます


山頂手前に雨氷の林


明神ヶ岳の山頂は平坦で広いです
晴れていると
相模灘も大涌谷も金時山も富士山も望めます
今回の金時山はとても寒そう
富士山方面はどんよりとした雲
やがて小雪がチラチラ


こちらは帰り際の山頂にて
2点目は明星ヶ岳方面と相模灘
3点目は伊豆大島がうっすら


下山後バスに乗って
箱根湯本に戻ってきました
中央が早川
駅とバス乗り場は写真右手の岸辺すぐ
写真左方手前の空き地に時間貸し駐車場
空き地側の高台に箱根町立郷土資料館





|

« 積雪の高尾山と小仏城山 | トップページ | 2月の奥高尾縦走路 »