« 節分の明星ヶ岳と明神ヶ岳 | トップページ | 2月の南高尾山稜 »

2016-02-07

2月の奥高尾縦走路

6日は ← 2016年2月
陣馬山から高尾山へ

陣馬山 じんばさん 陣場山 855m
明王峠 みょうおうとうげ 739m
堂所山 どうどころやま 731m
景信山 かげのぶやま 727m
小仏峠 こぼとけとうげ 548m
小仏城山 こぼとけしろやま 城山 670m
一丁平 いっちょうだいら 570m
高尾山 たかおさん 599m

高尾山口駅すぐの市営高尾山麓駐車場を利用
高尾山口駅から京王電鉄 6:01 で高尾駅へ
陣馬高原下行きは高尾駅北口バス停1番乗り場
冬の土曜は 6:55 7:35 など
昼には駐車場に戻る必要
そこで今回は高尾駅からタクシー

陣場高原下バス停 328m? から
道標に従って和田峠方面へ県道521号を辿り
陣馬山新ハイキングコース入口 433m? から山道
陣馬山山頂からは高尾山に向かって縦走路を延々と

歩いた時刻は
06:45 陣場高原下バス停
07:00 陣馬山新ハイキングコース入口
07:20 植林帯を抜けた辺りから積雪
07:45 和田峠からのルート出合い
07:55 陣馬山の山頂 ← 下山路にも積雪
08:35 明王峠 ← 雪なし
09:00 堂所山の山頂 ← 積雪
09:50 景信山の山頂 ← 積雪とぬかるみ
10:25 小仏峠 ← ぬかるみ
10:50 小仏城山の山頂 ← 暫く休憩
11:15 一丁平 ← 部分的にぬかるみ
11:40 高尾山の山頂 ← 雪なし
12:45 高尾山麓駐車場 ← 稲荷山コースを経由

稲荷山コースの上半分はひどいぬかるみ

ハイカーの姿は明王峠から
それまでは人影ゼロ

歩いた時間の比較
休憩時間を含む
今回 15-04 14-04
08:35 **:** 08:45 明王峠
09:00 10:20 09:05 堂所山の山頂
09:50 11:00 09:50 景信山の山頂
10:25 **:** 10:20 小仏峠
10:50 **:** 10:35 小仏城山の山頂
**:**は立ち寄らず
今回と14年4月は25分差 ← ぬかるみの差

今回 16-01 15-03
10:50 08:45 09:55 小仏城山の山頂
11:40 09:30 10:45 高尾山の山頂
12:45 **:** 11:50 高尾山麓駐車場
**:**はケーブルカー
今回と15年3月は差なし
16年1月は小仏城山の山頂で休まず

高尾山からの下山路は
15年3月は4号路と1号路
今回は稲荷山コース

写真は撮った順です
最初は陣場高原下バス停
2点目はバス停すぐ先の分岐
陣馬街道を辿ります


陣馬山新ハイキングコース入口で陣馬街道を離れ
暫く植林帯の山道を歩くとやがて積雪


陣馬山の山頂


陣馬山の山頂からは明王峠へ


陣馬高原下 5.0km 高尾山口 14.0km


明王峠からは頻繁にハイカーの姿


伐採地


奥が堂所山の山頂


堂所山から景信山への道は単調
眺望も開けず距離を長く感じます
それだけに景信山の山頂に着くと ← 2点目以降
見晴らしもよく気分爽快
但し北側は深いぬかるみ ← 4点目
南側は乾いていました ← 5点目


景信山の次は小仏城山へ


小仏城山の山頂も北側は多少ぬかるみ
乾いた南側では売店が営業


小仏城山からは
一丁平を経て ← 2点目
高尾山の山頂へ ← 3点目


下山は稲荷山コース
途中までひどいぬかるみ
やがて乾いた林間 ← 1点目
続いてケーブルカーの清滝駅 ← 2点目
さらに高尾山口駅前の靴の洗い場へ直行



今までに歩いた高尾山と周辺の山

2012年1月17日
往路は高尾山口駅 → 表参道 → 高尾山山頂
復路は稲荷山コース


2014年4月5日
生藤山 → 連行峰 → 醍醐丸 → 和田峠 → 陣馬山


2014年4月12日
明王峠 → 堂所山 → 景信山 → 小仏城山

 城山の山頂


2015年3月28日 南高尾山稜と高尾山

高尾山麓駐車場 → 四辻 → 草戸山 → 榎窪山
→ 三沢峠 → 泰光寺山 → 中沢山 → 中沢峠
→ 金比羅山 → 大洞山 → 大垂水峠 → 小仏城山
→ 一丁平 → もみじ台 → 高尾山山頂 → 4号路
→ 浄心門出合い → 1号路 → 高尾山麓駐車場


2015年4月4日 北高尾山稜

霊園前バス停 → 本丸跡 ← 城山(深沢山)
→ 杉沢ノ頭 → 狐塚峠 ← 杉ノ丸 → 黒ドッケ
→ ツツジ平 → 大嵐山 → 三本松山 → 関場峠
→ 堂所山 → 景信山 → 小仏バス停


2016年1月23日 積雪の高尾山と小仏城山
稲荷山コース → もみじ台 → 一丁平
→ 小仏城山 → 高尾山 → ケーブルカー





|

« 節分の明星ヶ岳と明神ヶ岳 | トップページ | 2月の南高尾山稜 »