« 房総の鋸山 周回コース | トップページ | 高松山 »

2016-01-10

槇寄山と浅間嶺

笹尾根は南秋川の南側 ← 槇寄山あり
浅間尾根は南秋川の北側 ← 浅間嶺あり
どちらの尾根も起伏が少なく穏やか

車は
上川乗バス停裏の有料駐車場に
1日 500円 駐車枠 5台
備え付けの封筒にお金を入れポストに投函
手洗いは和式

槇寄山は ← 1月4日 平日ダイヤ
上川乗バス停から歩き始め ← 摂氏1度
仲ノ平バス停に下山 ← 11:00
11:49 のバスで上川乗バス停に移動

誰にも出合わず
バスの乗客も上川乗バス停まで私一人

浅間嶺は ← 1月9日 土曜ダイヤ
上川乗バス停 7:46 のバスで払沢ノ滝入口バス停へ
乗車時は氷点下3度
車内には7、8人の先客 ← ハイカーはゼロ
途中でさらに乗客が増え
払沢ノ滝入口バス停では地元の生徒さん多数が下車

私は払沢ノ滝入口バス停から歩き始め
上川乗バス停に下山
山で出合ったのは二人連れと一人歩きの3人だけ

払沢ノ滝の村営駐車場は
2013年03月23日に大岳山をあるいたとき利用


笹尾根の槇寄山 ← 2016年1月4日

上川乗バス停 かみかわのり 408m?
浅間峠 せんげんとうげ 860m?
日原峠 ひばらとうげ 917m?
人里 へんぼり
土俵岳 どひょうだけ 1005m
小棡峠 こゆずりとうげ 1034m?
丸山 まるやま 1098m
笛吹峠 うずしきとうげ 大日峠 997m?
数馬峠・上平峠 かずま かみだいら 1121m?
西原峠 さいばらとうげ 1154m?
槇寄山 まきよせやま 1188m
仲ノ平バス停 なかのたいら 654m?

上川乗バス停の前から上野原方面へ歩き始め
すぐの交差点で数馬方面を右に分け
南秋川橋を渡り走行車両に注意しながら
何回かS字カーブを上って行くと
左側のガードレール沿いに狭い空き地
空き地の入口側に浅間峠への道標 ← 登山口 434m?
以降、道標を頼りに

06:20 上川乗バス停
06:27 浅間峠登山口 ← 浅間峠近くまで植林帯
07:15 浅間峠 ← 東屋あり 以降明るい尾根筋
07:55 日原峠
08:05 土俵岳
08:30 小棡峠 ← 笛吹バス停方面分岐
08:50 丸山山頂 ← やっと笹が目立ち始めた
09:00 藤尾・笛吹バス停方面分岐 ← 笛吹峠らしい
09:25 大羽根山・浅間尾根登山口バス停方面分岐
09:35 数馬峠・上平峠 ← 仲ノ平バス停方面分岐
※数馬峠で初めて展望が開けました ← 富士山側
09:50 田和バス停方面分岐
10:00 西原峠 ← 数馬・仲ノ平バス停方面分岐
10:05 槇寄山の山頂 ← 富士山側の展望よい
10:15 西原峠に戻り仲ノ平バス停へ向かって下山
10:35 大平・数馬分岐 ← 数馬方面へ
10:50 民家出合い
11:00 仲ノ平バス停

以上は歩き始めを除いて着時刻
私は休みながら歩きますので
休憩に費やした総時間はわかりません
時刻も5分刻みと大雑把

笹尾根は
登山口から下山口まで穏やかな遊歩道 ← 私の印象
総時間 4時間40分 ← 休憩含む
参考にした案内書では6時間余りのコース

穏やかな尾根は寛げます
静かだとさらに

写真は撮った順です

最初は浅間峠
槇寄山まで 9.2 km
三頭山まで 12.6 km
笹はこのあと丸山に近づくまであっても僅か


ルートは穏やか


眺めがよいのは数馬峠と槇寄山の山頂
それまでは
林間から富士山が見えたのもこの程度


日原峠
笹尾根には峠が多数


乾いた落ち葉の明るい林間


青笹が広がると丸山の山頂です


笛吹峠
すぐ上に広場 ← 休憩向き


笹はこの辺りを過ぎると再び消えます


前方奥に三頭山の山容


数馬峠
富士山側の眺めがよかった


西原峠 ← 槇寄山の側から
数馬方面は左手
数馬方面は北側斜面ですが下山ルートも穏やか


槇寄山の山頂は西原峠からスグ
こちらも富士山側の眺めがよかった


数馬方面への下山路にて
中央奥が御前山
大岳山は右方
奥多摩三山は
大岳山 おおだけさん 1266m ← 2013年03月23日
御前山 ごぜんやま 1405m ← 2013年3月15年11月
三頭山 みとうさん 1531m ← 2013年3月2日


数馬の山あい ← 檜原村 ひのはらむら


仲ノ平バス停


待ち時間に辺りをウロウロ
数馬バス停にも出かけ系統一覧で次回を検討



浅間尾根の浅間嶺 ← 2016年1月9日

払沢ノ滝入口バス停 277m ほっさわ
時坂峠 とっさかとうげ 571m?
松生山 まつばえやま 934m
浅間嶺 せんげんれい 903m
上川乗バス停 かみかわのり 408m?

歩いた経路は
払沢ノ滝入口バス停から
県道を右に分け村営駐車場方面へ
→ 払沢ノ滝への道を左に分け
→ 払沢ノ滝村営駐車場 ← 無料 手洗いあり
→ 道標に従って舗装の林道を辿り
→ すぐ山道入口、その後何度か舗装路を歩く箇所も
→ 尾根に出たところが時坂峠 ← 気づかなかった
→ 峠の茶屋 ← 近くに山の神の小さな祠
→ 蕎麦処みちこ ← お代官休息所跡
→ 沢沿いを辿り源流を過ぎ
→ 漸く植林帯を抜け落葉樹林の尾根に沿って
→ 展望台・小岩バス停分岐は展望台方面へ
→ 松生山方面を左に分け
→ 展望台 ← 眺めのよい尾根 浅間嶺の標柱あり
→ すぐ休憩所の広場 ← 建物と手洗いあり
→ 浅間神社?の小さな祠を経て
→ 浅間嶺の山頂? ← 幹に小岩浅間と記した札
→ 休憩所に戻り ← 広場に各方面の道標が分散
→ 上川乗バス停方面へ植林帯を下山
→ 上川乗バス停

要所に道標
踏み跡はどこも穏やか
浅間嶺は展望台が魅力
浅間嶺の山頂らしき林間は暗く眺望ナシ
峠の茶屋と蕎麦処みちこは閉まっていました

歩いた時刻は ← 休憩時間含む
08:10 払沢ノ滝入口バス停から歩き始め
08:55 峠の茶屋 ← 以下着時刻
09:00 蕎麦処みちこ
09:30 展望台・小岩バス停分岐
09:35 松生山方面分岐
09:40 浅間嶺の展望台
09:50 休憩所の広場
10:00 小岩浅間と記した古い木札の林間 ← 山頂?
10:15 休憩所に戻って上川乗バス停へ下山開始
10:55 上川乗バス停

展望台~休憩所~浅間神社~古い木札の林間は
休憩や道標の確認抜きだとそれぞれ1、2分の距離

写真は撮った順です


白倉の大岳山入口へ出かけたときは
車を払沢ノ滝村営駐車場に置き
徒歩で払沢ノ滝入口バス停へ下り ← 駐車場は近い
写真の県道を奥へ辿りましたが
今回は払沢ノ滝入口バス停から駐車場へ
駐車場への舗装路は写真のお店の左裏手


民家沿いには道標のない角もありますが
舗装路も里道も上へ上へ
2点目は植林帯の風景
3点目は峠の茶屋
4点目は蕎麦処みちこ ← お代官休息所跡
休息所跡の先は沢沿いの山道
源流を過ぎると漸く植林帯歩きが終わり
落葉樹林の尾根筋に出ます
それからも尾根上を辿るのではなく
尾根に沿って植林帯との境を進みます
落葉樹林歩きは展望台への道標に近づいてから


落葉樹林では浅間嶺に向かわず先に展望台へ
写真の道標には
時坂峠 3.0 km 展望台 0.5 km 浅間嶺 0.6 km
ほかの箇所の道標では
展望台と浅間嶺の距離はもっと大きかったような??


展望台は次の写真スグ上の平らな尾根です
点ではなく幅広の線
富士山側も大岳山側も眺めがよいです
のんびり進むと
山頂を印象づける大きな標柱 ← 2点目
展望台と山頂は同じ平面 ??
頭がゴチャゴチャ ???


次いで展望台の尾根からの眺め
大きな標柱のある尾根からです
1点目は富士山の側
2点目は大岳山の側
3点目は展望台の樹木


展望台の尾根を下ります
1点目の前方のピークは何処なんだろう
休憩所の広場は写真の鞍部の右手
2点目が休憩所の建物
休憩所の裏からも大岳山が大きく ← 3点目
4点目は休憩所から浅間神社へ向かった先の木札
小岩浅間 903m と記されていました
浅間神社?は小岩浅間の少し手前 ← 小さな祠
5点目は上川乗バス停への道標
上川乗バス停への下山路はオール植林帯
6点目は付近の植林帯の様子 ← 下山路の林間から
7点目が上川乗バス停
バス停の裏に有料駐車場と手洗いがあります


バスや電車での移動は
歩き終わってからではなく歩く前がよいです
下山後の移動は汗が冷えるので困ります
肌着の予備はザックにありますが
駅やバス停での着替えはとても困難(笑)



|

« 房総の鋸山 周回コース | トップページ | 高松山 »