« 大谷崩の紅葉 | トップページ | 牛奥ノ雁ヶ腹摺山と雁ヶ腹摺山 »

2015-10-29

大菩薩嶺と小金沢山

28日は ← 2015年10月
上日川峠に駐車
雷岩、熊沢山、天狗棚山、小金沢山を歩きました

上日川ダム かみひかわだむ (大菩薩湖) 1486m
上日川峠 かみにっかわとうげ 1590m
大菩薩嶺 だいぼさつれい 2057m
大菩薩峠 だいぼさつとうげ 1897m
熊沢山 くまざわやま 1978m
石丸峠 いしまるとうげ 1934m?
天狗棚山 てんぐだなやま 1957m
狼平 おおかみだいら 1880m?
小金沢山 こがねざわやま 2014m


乾燥 大菩薩嶺 2014年12月03日

 


大菩薩峠から小金沢山 2014年10月11日

 


上日川峠から大菩薩嶺 2013年11月20日

 


大菩薩嶺、大菩薩峠、石丸峠 2011年11月16日

 


今回の経路は2014年10月11日と同じです
上日川峠 ← 駐車場数ヶ所 無料
→ 福ちゃん荘の分岐
→ 唐松尾根
→ 雷岩 ← 大菩薩嶺の山頂には寄らず
→ 神部岩
→ 賽ノ河原
→ 大菩薩峠 ← 介山荘あり
→ 熊沢山
→ 石丸峠
→ 天狗棚山
→ 狼平
→ 小金沢山の山頂 ← 雨沢ノ頭
→ 狼平 ← 帰りは往路を戻って
→ 天狗棚山
→ 石丸峠 ← ココから往路を離れ
→ 上日川峠 ← ロッヂ長兵衛あり


歩いた時刻は
今回 14-10 13-11 11-11
**:** **:** **:** 06:00 丸川峠分岐 (裂石)
**:** **:** **:** 07:30 丸川峠
06:00 07:25 06:05 **:** 上日川峠
06:20 07:40 06:20 **:** 福ちゃん荘の分岐
07:10 08:20 07:00 **:** 山頂より先に雷岩
**:** **:** 07:20 08:50 大菩薩嶺の山頂
**:** **:** --:-- --:-- 山頂を踏んでから雷岩
07:50 09:00 08:20 09:55 大菩薩峠
08:15 09:30 08:55 10:25 石丸峠
08:40 09:50 09:20 **:** 狼平の道標
09:25 10:30 **:** **:** 小金沢山頂 ← 雨沢ノ頭
10:15 11:10 10:30 **:** 復路の狼平
10:40 11:25 10:55 10:25 石丸峠
11:45 12:30 12:15 11:40 上日川峠
**:** **:** **:** 12:50 丸川峠分岐 (裂石)

は先ず雷岩へ
は丸川峠から山頂を経て雷岩へ

--:--は記録漏れ
**:**は立ち寄らず


2014年12月3日の経路は
上日川峠
→ 福ちゃん荘の分岐
→ 大菩薩峠 ← 介山荘あり
→ 神部岩
→ 雷岩
→ 大菩薩嶺の山頂
→ 雷岩に戻って
→ 唐松尾根
→ 福ちゃん荘の分岐
→ 上日川峠

2014年12月3日の歩いた時刻は
06:45 上日川峠
07:00 福ちゃん荘の分岐
07:30 大菩薩峠
08:30 雷岩
08:40 大菩薩嶺の山頂
08:50 雷岩
09:25 福ちゃん荘の分岐
09:40 上日川峠


総時間比較
15年10月28日 5時間45分 上日川峠 雷岩 小金沢山
14年12月03日 2時間55分 上日川峠 大菩薩嶺
14年10月11日 5時間05分 上日川峠 雷岩 小金沢山
13年11月20日 6時間10分 上日川峠 雷岩 狼平
11年11月16日 6時間50分 丸川峠 大菩薩嶺

上日川峠から
大菩薩嶺を歩くときは3時間前後
大菩薩嶺と小金沢山を歩くときは6時間前後

私は頻繁に休みながら歩きますので
休憩に費やした総時間はわかりません
時刻も5分刻みと大雑把


大菩薩嶺の南に小金沢山
小金沢山の山頂に牛奥ノ雁ヶ腹摺山への道標
小金沢山の南に牛奥ノ雁ヶ腹摺山

大菩薩山塊には雁ヶ腹摺山が三山
北から
牛奥ノ雁ヶ腹摺山 1994m? 1990m?
雁ヶ腹摺山 1874m
笹子雁ヶ腹摺山 1358m


笹子雁ヶ腹摺山とお坊山 2015年5月6日

 笹子雁ヶ腹摺山の山頂


小金沢山のルートは
暗い林間
リボンは間隔が長い
リボンは多くが古くなって千切れた破片
尾根が狭まった箇所の踏み跡が判りにくい
岩場の縁では凍結時滑落に注意
山頂の方向を迷うことはないと思いますが
積雪時はチョットした読み違いでルートを逸れ
痩せ尾根の反対側に踏み込んだり
下山時に裾の方向を誤ると困ったことに

大菩薩嶺のルートは ← 丸川峠~狼平の付近一帯
踏み跡明解
要所に道標

今回は
上日川峠に着いたときは曇り
雷岩に近づくと雲が去り ← 霧が消え
その後は快晴
風はほぼゼロ
復路は半袖 ← 9月の陽気

写真は撮った順です


最初の3点は唐松尾根にて


次の2点は雷岩から


以下、広い尾根を辿って大菩薩峠へ

賽ノ河原


次の4点は石丸峠の前後の山
順に
A 熊沢山から石丸峠と天狗棚山
B 石丸峠
C 石丸峠から熊沢山を振り返る
D 天狗棚山から熊沢山を振り返る
熊沢山の大菩薩峠側は暗い林間


A

B

C

D


次の3点は天狗棚山の下り斜面から
A 上日川ダム方面
B 狼平方面
C 小金沢山

A

B

C


次の2点は
明るく見晴らしのよい狼平と
鬱蒼とした小金沢山のルート


次の7点は小金沢山の山頂にて
3点目左の白いポールが牛奥ノ雁ヶ腹摺山への道標


小金沢山から往路を戻ります


狼平から天狗棚山


次の6点は天狗棚山にて
天狗棚山は眺めがよいです


天狗棚山を越えると石丸峠
道標の後方が小金沢山


石丸峠からは熊沢山の笹の斜面を横切り
上日川峠へ向けて直接下山

暫くは富士山と小金沢山と狼平を眺めながら
やがて明るい林間を黙々と進み ← 踏み跡は明解

未舗装の林道を横切り ← 道標も明解 ↓
次いで国道20号から上日川峠への車道も横切り

再び明るい林間を進むと沢に出ます
水量がやや多いので飛び石を選んで濡れないように
さらに浅く狭い水路も一、二 ← ぬかるみ程度

車道を歩いたほうが早かったのではないかと
文句を言いたくなれば峠はスグ


上日川峠



|

« 大谷崩の紅葉 | トップページ | 牛奥ノ雁ヶ腹摺山と雁ヶ腹摺山 »