« 巻機山の紅葉 | トップページ | 燧ヶ岳の秋 »

2015-10-04

安達太良山の紅葉

3日は ← 2015年10月
奥岳からくろがね小屋経由、安達太良山へ
帰りはロープウェイで下山

鉄山 てつざん 1710m
安達太良山 あだたらやま 1700m

我が家最寄りのICから二本松ICまでは片道255km
長野ICよりも遠いのです ← 片道240km
我が家周囲の渋滞を加えると
土曜の安達太良山は日帰りで歩ける山ではないです
ところが次に遠出できる日は
10日の土曜を除くと
14日の水曜に ← 予備日は15日の木曜
14日まで紅葉がモツだろうか

暗闇でも歩けるのは隔週の水曜 ← 予備日は翌日
翌日は空いているのではなく定例の予定を潰して
毎週の土曜は近場限定
さらに天気の機嫌を窺いながら
紅葉を楽しむには運も必要

昨年10月1日に出かけたときの天気は外れ
晴れた日の紅葉を観たかったので敢えて今回

今回は駐車場の景観も凄かった ← 7時50分着
予備のゲレンデ草地もミルミル満車
私が帰るときは駐車場入口手前の空き地もビッシリ
モチロン?
安達太良山山頂~ロープウェイ山頂駅も渋滞

牛ノ背~馬ノ背は烈風
少し進んでは岩陰にうずくまるその繰り返し
体が揺れてカメラを構えられず沼ノ平は撮影中止
当初予定した鉄山避難小屋経由箕輪山往復も中止
11時40分には駐車場に戻っていました
我が家着は17時半 ← 往復の走行距離550km
後を片づけ写真を整理
日曜の朝はキレイサッパリ山を拭って
全介助の母を母の家へ移す準備 ← 午前中に移動

写真は撮った順です


 

 くろがね小屋

 鉄山

 峰ノ辻へ

 

 鉄山

 

 

 安達太良山の

 山頂です

 黒い山が鉄山

 中左が峰ノ辻

 牛ノ背

 次第に人出

 山頂駅へ



昨年までの写真

紅葉の安達太良山 2014年10月1日


安達太良連峰の沼ノ平と鉄山 2013年9月14日

 安達太良山山頂から牛ノ背

 沼ノ平


箕輪山と鬼面山 2013年8月17日

 中央上の点は鉄山避難小屋


安達太良山は涼しかった 2013年8月10日

 ゴンドラリフト山頂駅


強風のため全リフト運休 2013年3月6日

 安達太良山の山頂方面


勢至平 2013年2月7日

 くろがね小屋方面分岐


沼ノ平火口 2010年6月9日

 安達太良山山頂から鉄山方向

 鉄山への道から沼ノ平


2015年1月当時の報では
あだたらエクスプレスの営業期間は
4月下旬から11月上旬まで毎日運行 ← 当時の予定
冬は風が強く稼働率が著しく低下
ゴンドラを期待した来場者の迷惑を回避するため
冬のあだたらエクスプレスは運休とのこと
呼び名もその後
あだたらエクスプレスから
あだたら山ロープウェイに変わっていました
念のため最新の情報をご確認ください

今回の下山時も風が強く
私の乗ったゴンドラは数回停止

2013年3月6日は風が強まり
あだたらエクスプレスを含め全リフト運休
係の指示でゲレンデを下山途中
風に飛ばされた様子がこちらにあります

沼ノ平火口は水蒸気爆発を繰り返しているそうです
前世紀にも
1900年 水蒸気噴火 硫黄採掘所全壊 死者72名
1950年 噴煙高度50m
1995年 火山性微動
1996年 泥水噴出
1998~2003年 泥水噴出
1999年 高さ300mの噴気 …… など

くろがね小屋の背後と沼ノ平は火山ガスの発生地帯
くろがね小屋付近は温泉の臭い
馬ノ背から鉄山の登りにかけては ← 2013年9月14日
刺激性のガスが目に染みました

1997年には沼ノ平で火山ガスによる死者 ← 4名 9月
霧で登山道を見失ったようです

→ 注意書きを見落とさないように
→ 立入禁止のロープを越えないように
→ 視界不良時は特に注意



|

« 巻機山の紅葉 | トップページ | 燧ヶ岳の秋 »