« 野反湖から白砂山 | トップページ | 那須の朝日岳と茶臼岳 »

2015-08-20

枝折峠から越後駒ヶ岳

19日は ← 2015年8月
枝折峠から越後駒ヶ岳へ

越後駒ヶ岳 えちごこまがたけ 2003m

枝折峠 しおりとうげ 1065m
明神峠 みょうじんとうげ 1236m
道行山 みちゆきやま 1298m
小倉山 おぐらやま 1378m
百草ノ池 ひゃくそうのいけ
前駒 まえこま 1763m

国道352号(樹海ライン)の枝折峠へは
往路は県道50号(奥只見シルバーライン)を経由
復路は直接小出ICへ

県道50号(奥只見シルバーライン)は
多数のトンネルの連なり
照明が明るく霧の樹海ラインより視界良好
2車線道路
交通標識明解
銀山平への右折箇所も判り易い ← トンネル内
出合った車はゼロ ← 早朝

国道352号(樹海ライン)は
舗装面の綺麗な『林道』の印象
霧の闇は二の足
所々に小さな落石 ← 落石には神経質
路肩が崩れた箇所も二、三
譲り合えばすれ違いには困りません
出合った車は僅か3台 ← 13時半頃

歩いた経路は
枝折峠の駐車場から
→ 明神分岐点 ← 駒ノ湯方面分岐
→ 明神峠 ← 小倉山3.3km・枝折峠1.2km
→ 道行山分岐 ← 駒ヶ岳4.7km
→ 小倉山分岐
→ 百草ノ池 ← 立入禁止
→ 前駒 ← 標柱なく場所は曖昧
→ 駒ノ小屋
→ 中ノ岳・駒ヶ岳分岐 ← 中ノ岳5.0km
→ 越後駒ヶ岳の山頂
往復です

要所に道標
踏み跡明解

枝折峠の
国道から逸れた駐車場は ← 無料
舗装
手洗いは仮設ではなく独立した建物
登山用紙とポストあり
普通車枠は約20台? ← 帰り際は満車
この日はマイクロバスも1台 ← 団体で入山
国道沿いにも何台かの普通車枠 ← 狭いです

往路は
百草ノ池付近まで霧で眺望ゼロ ← 時折雨粒
百草ノ池を過ぎると霧が消えた
山頂も暫く青空 ← 下山時は再び雲の帳

復路は
小倉山の山頂に立ち寄り ← 雲のため眺望なし
道行山の山頂に立ち寄り ← 眺望良 休憩にも適

枝折峠から道行山へかけては
起伏の少ない尾根道を延々と ← 灌木帯
晴れていれば展望を楽しみながら

登山道は大部分穏やかですが
狭く崩れやすい箇所
急な段差
浮き出た木の根
および脆い露岩も
何しろ距離が長いので私は鈍感の度合を強め
難あり箇所も気にせず素通り

駒ノ小屋直下の斜面は露岩帯
斜めに溝の入った脆い岩も ← 足掛かりになります
ゆっくり歩き易い足場を探しながら
駒ノ小屋の鉄塔が見え隠れ ← 気分はラク

駒ノ小屋は
5月~10月の土日祝と繁忙期は管理人さん在中
素泊まり可 ← 管理協力金1人2000円 毛布1枚貸出
念のため事前にお確かめ下さい
小屋の脇では
沢から引いた水で缶ビールが冷えていました

未だに残雪が点在 ← 昨冬は雪が深かったそうです
残雪の融けた草地にコバイケイソウの花

出合った入山者は約30人 ← 内10名ほどの団体一組

歩いた時刻は
05:40 駐車場
06:05 明神分岐点
06:06 明神峠
06:50 道行山分岐
07:30 小倉山分岐
08:00 百草ノ池 ← 判ったのは道標のみ
09:00 駒ノ小屋
09:20 中ノ岳・駒ヶ岳分岐
09:25 越後駒ヶ岳の山頂
09:50 駒ノ小屋
11:05 小倉山分岐 ← 山頂へは1分
11:45 道行山分岐 ← 山頂へは2分
12:40 明神峠
13:10 駐車場
計7時間30分

私は頻繁に休みながら歩きますので
休憩に費やした総時間はわかりません
時刻も5分刻みと大雑把

私の処から小出ICは長野ICと同じ距離
どちらも外環道から関越道へ(長野ICは上信越道)
火打山(上信越道・妙高高原IC)も日帰りなので
越後駒ヶ岳も大丈夫だろうと

火打山も越後駒ヶ岳も
登山口まで舗装路 ← 枝折峠への車道は難所
交通の案内標識あり
路肩ではなくチャントした駐車場を利用できる
手洗いが独立した建物 ← 超近代式は高望み
登山道が丁寧に維持されている ← 印象

銀山平を経由したのは
ホカの山へ出かける下調べも兼ねて
ルートは新旧二本
前泊して宿に送り迎えを頼むか ← 歩行距離が短い
日帰りで前々からのルートを辿るか ← 距離が長い
数年前から迷っていますが
今回、駒ノ小屋の管理人さんに様子を尋ね
短いほうは山頂に近づくまでほとんど眺望がなく
登山道の抉れが深くなっていると判り
ヤハリ長いほうを歩くことに
但し日の出入りの時刻は ← 例えば東京
2015-07-20 04:39 18:55
2015-08-20 05:03 18:25
2015-09-20 05:27 17:42
足が遅い私はすでに出遅れ ← 特に下山時
来夏の楽しみ

今回は
01:15 家発
19:30 家着
関越道も外環道も帰路は渋滞

写真は順不同
復路に撮った露岩帯は往路の順に



 百草ノ池の先で霧が晴れた

 

 中央奥に中ノ岳 2085m

 前方に越後駒ヶ岳の山頂



 小屋へのルート 復路の画像

 

 

 

 

 



 小屋からは緩やか 山頂は右上

 北側は雲 駒ノ小屋から

 飲み物が冷えていました



 中ノ岳・駒ヶ岳分岐へ

 中ノ岳方面

 残雪の右にコバイケイソウの花

 右上が山頂



 駒ヶ岳の山頂です

 山頂から

 中ノ岳方面

 北側は相変わらずモクモク

 山頂を離れます



 分岐から 小屋の右に団体の列



 道行山の山頂から銀山平

 

 道行山の下方の尾根道

 正面に国道352号(樹海ライン)



|

« 野反湖から白砂山 | トップページ | 那須の朝日岳と茶臼岳 »