« 鍋割山から塔ノ岳 | トップページ | 火打山のコバイケイソウ »

2015-07-03

会津駒ヶ岳 7月2日

2日は ← 2015年7月
滝沢登山口から会津駒ヶ岳へ
中門岳までの往復です

国道から滝沢口までの村道は地すべりのため
車は滝沢口の駐車場へは ← 徒歩のときは近道経由
入れなかったそうですが ← 野球場の駐車場を利用
通行止めは6月26日16時に解除

今年の会津駒ヶ岳の夏山開きは
7月4日土曜の6時から ← 滝沢登山口にて

燧ヶ岳の夏山開きは7月5日9時から ← 柴安嵓にて

登山道の残雪は
駒ノ小屋の下方まではあっても僅か
駒ノ小屋直下の斜面から山頂手前までは残雪歩き
駒ノ大池は雪に埋もれて全然判らず
駒ヶ岳山頂周辺は雪なし
中門岳への尾根筋は暫く残雪歩き ← 広く平坦
中門ノ池に近づくにつれ木道が頻繁に現れ
中門ノ池手前から木道の終点までほとんど雪なし

地面も木道も濡れて滑りました
残雪面は凹凸でスタスタとは行かなかった
残雪面の凍結箇所はほんの僅か

今回の天気は
歩き始めは曇り
駒ノ小屋から山頂までは霧
山頂への
霧の残雪歩きは左側の樹木の縁に沿って

中門岳も往路は霧 ← 写真を撮るのは中止
中門ノ池へも霧の残雪歩きは左側の樹木に沿って
木道の終点に近づくと
霧が消え青空 ! ← 気を取り直してカシャカシャ

半袖
中門岳の残雪面も寒くはなかった

出合ったハイカーは往路3人、復路7、8人
登山口に近い駐車場も歩き始めは2台だけ
戻った時も数台分の空き
夏山開き当日は混むかも

滝沢口の階段は私が下山したとき
作業員5、6人とクレーン車が入って
踏み板と手すりを替えていました

歩いた時刻は
05:10 滝沢口
06:00 水場への分岐 ← 以下着時刻
07:10 駒ノ小屋
07:30 会津駒ヶ岳山頂
08:05 中門ノ池
08:10 中門岳終点 ← 木道の折り返し点
09:10 駒ノ小屋 ← 復路は山頂を巻いて
11:05 滝沢口

私は頻繁に休みながら歩きますので
休憩に費やした総時間はわかりません
時刻も5分刻みと大雑把


歩いた時間の比較

残雪歩き
左から 滝沢口⇒山頂 山頂⇒中門岳終点 復路
11年06月 2時間55分 50分 3時間25分
13年05月 3時間30分 **分 2時間25分 ← 野球場から
14年06月 2時間35分 40分 3時間10分
15年07月 2時間20分 40分 2時間55分 ← 今回

残雪歩き 総時間
11年06月 7時間10分 ← 帰路も山頂を経由
13年05月 5時間55分 ← 山頂で折り返し ※
14年06月 6時間25分
15年07月 5時間55分 ← 今回

※ 13年5月の山頂は中門岳側に雪の壁

初夏から晩秋
左から 滝沢口⇒山頂 山頂⇒中門岳終点 復路
11年08月 2時間40分 55分 3時間40分
12年10月 2時間30分 40分 2時間50分
13年09月 2時間20分 35分 2時間50分
14年08月 2時間20分 45分 2時間45分
15年07月 2時間20分 40分 2時間55分 ← 今回

初夏から晩秋 総時間
11年08月 7時間15分 ← 帰路も山頂を経由
12年10月 6時間00分 ← 帰路も山頂を経由
13年09月 5時間45分
14年08月 5時間50分 ← 帰路も山頂を経由
15年07月 5時間55分 ← 今回

時間の比較は体調の参考に
体が重いときもイツモの時間と変わらなければ花丸
時間が漸増すると …… その時はその時


2014年8月20日 会津駒ヶ岳 8月20日

2014年6月19日 梅雨の晴れ間の会津駒中門岳

2013年09月18日 会津駒ヶ岳の中門岳

2013年05月03日 ホワイトアウト 会津駒ヶ岳

2012年10月03日 中門岳の草もみじ

2012年08月19日 三岩岳と窓明山

2011年08月17日 8月17日の会津駒ヶ岳

2011年06月15日 6月15日の会津駒ヶ岳



今回の画像

往路は山頂から中門岳まで霧 ← 写真は僅か
霧が晴れたのは中門岳の木道の終点から

以下、山頂までの4点は撮った順
その他は霧が晴れた復路の画像を
往路の順に並べ替えてあります


 登山道の残雪

 駒ノ小屋へ近づくと霧

 花の先にも霧の雫

 駒ヶ岳の山頂


以下は復路で撮った画像
撮った順は下から上へ

 左上は駒ノ小屋 右上は山頂

 木道の際にシャクナゲ

 

 駒ノ小屋直下から残雪歩き

 駒ヶ岳山頂は左上

 山頂付近は雪がなかった

 山頂は手前方向

 

 山頂の巻き道から

 中門ノ池への残雪面

 上左が駒ヶ岳の山頂

 中門岳の残雪面は平坦

 次第に木道が現れ

 中門ノ池には雪がなかった

 

 

 中門ノ池を過ぎると

 

 

 

 

 木道の終点付近



|

« 鍋割山から塔ノ岳 | トップページ | 火打山のコバイケイソウ »