« 青梅丘陵ハイキングコース | トップページ | 石老山 »

2015-04-17

武甲山、小持山、大持山

16日は ← 2015年4月
表参道1丁目から武甲山の山頂へ
帰りは小持山、大持山、妻坂峠を経由
周回コース

生川 うぶかわ
御嶽神社 みたけじんじゃ おんたけじんじゃ 1285m
武甲山 ぶこうさん ぶこうざん 1304m
小持山 こもちやま 1273m
大持山 おおもちやま 1294m
妻坂峠 つまさかとうげ 839m
武川岳 たけかわだけ 1052m
持山寺 もちやまじ 阿弥陀山念仏寺 900m? ← 廃寺

車は
国道299号の生川入口交差点を
飯能方面から秩父方面へ向かって左折
いくつもの石灰工業所が道の左右に連なり
大型運搬車が行き交う車道を奥へ進むと
道幅が急に狭まり一瞬躊躇、する必要はなく
本線(?)を右に分け狭い方へ直進
所々幅が広がる舗装路を辿ると
カーブ手前の右手に狭い橋と石の鳥居 ← 一ノ鳥居
車を擦らないように右折して橋を渡り鳥居を潜ると
参道の両側に駐車場 ← 片側約15台、反対側約20台

到着時は先客1台
帰り際は満車
登山届の用紙とポストは駐車場奥の案内板の脇

御嶽神社の表参道は
一ノ鳥居が1丁目 530m?
武甲山山頂が52丁目

表参道は植林帯が続き
本殿裏手の展望所に着くまで眺望なし
階段コースは崩落のため立入禁止

歩いた経路は
一ノ鳥居から
→ 大杉ノ広場 1000m
→ 階段コース・一般コース分岐
→ 御嶽神社の本殿

御嶽神社本殿の
左後に第1展望所
右後に第2展望所 ← 第1のすぐ隣
第1も第2も柵があって
直下の採掘場はほとんど見えなかった

→ 御嶽神社からの帰りは往路を左に分け
→ 武甲山の肩の十字路 1275m?
肩の十字路は階段コース・小持山・裏参道分岐
→ シラジクボの鞍部 1088m ← 持山寺跡への分岐
→ 小持山の山頂
→ 見晴らしのよい露岩
→ 大持山の山頂
→ 妻坂峠・鳥首峠分岐 1240m?
→ 妻坂峠
→ 一ノ鳥居

要所に道標

妻坂峠を左折、斜面を下って沢沿いに出ると
石が転がり踏み跡の判らない箇所があります
水の流れている沢には下りずに涸れ沢を辿ると
再び踏み跡が現れます

武甲山の山頂から先のルートは
植林帯が消えやがて雑木の尾根筋
傾斜の緩急はありますが総じて穏やか
但し小持山山頂の前後は
痩せた露岩や急な段差で少し時間が

大持山山頂の10分ほど手前の岩の狭間は
体は抜けたのですがザックが挟まってしまい
背中から外して引き出しました
太目だったら大変だった(笑)

歩いた時刻は
05:00 御嶽神社の一ノ鳥居
05:50 大杉ノ広場 ← 以下着時刻
06:15 階段コース・一般コース分岐
06:30 武甲山御嶽神社の本殿
06:55 武甲山の肩の十字路
07:10 シラジクボの鞍部
07:45 小持山の山頂
08:10 見晴らしのよい露岩
08:25 大持山の山頂
08:30 妻坂峠・鳥首峠分岐
09:05 妻坂峠
09:30 一ノ鳥居

私は頻繁に休みながら歩きますので
休憩に費やした総時間はわかりません
時刻も5分刻みと大雑把

晴れ
風もなかった
歩き始めは摂氏4度
次第に気温が上がり薄着に

出合った人は
表参道はゼロ
武甲山山頂に一人 ← 駐車場の先客
武甲山山頂から妻坂峠・鳥首峠分岐まではゼロ
妻坂峠までは単身者3人
妻坂峠からは単身者7、8人と2人連れ数組

生川入口交差点からの帰りは
飯能方面はアトにして羊山公園の芝桜ノ丘に寄り道
芝桜まつり期間中は
入園料
16日まで100円 ← 私は100円
17日から300円
臨時駐車場は普通車500円 ← 係りが誘導
4月25日以降の土日祝は交通規制 ← 羊山公園全域

写真は撮った順です

大きい画像は写真をクリックしてから
Internet Explorer では
右下隅の○○○をクリック → View all sizes
Google Chrome では
右下隅のダウンロード記号をクリック


 武甲山表参道の大杉ノ広場

 武甲山山頂の御嶽神社

 神社裏手の展望所から

 左下方のピンクが芝桜ノ丘

 武甲山の肩の十字路

 前方に小持山と大持山

 振り返ると武甲山

 小持山山頂への尾根道

 小持山の山頂

 武甲山方面

 小持山の山頂を後に

 ココのルートは樹木の裏側

 大持山の山頂はまだ先

 眺めのよい露岩

 ザックが挟まった岩の割れ目

 大持山の山頂 以降は穏やか

 妻坂峠・鳥首峠分岐

 急斜面にもカタクリの花

 妻坂峠

 一ノ鳥居への下山路から武甲山

 一ノ鳥居を潜ると駐車場

 武甲山と羊山公園の芝桜ノ丘



2015年4月1日 琴平丘陵

 



|

« 青梅丘陵ハイキングコース | トップページ | 石老山 »