« 関八州見晴台から顔振峠 | トップページ | 河津川の桜 »

2015-03-02

高鈴山と神峰山

28日は ← 2015年2月
茨城県日立市の高鈴山と神峰山へ
阿武隈山地の南端の峰々です

往路はかみね公園から高鈴山を経て向陽台へ
復路は向陽台から神峰山を経てかみね公園へ

かみね公園 ← 広い駐車場が南~北に6~7ヶ所
神峰公園入口交差点 45m? ← 国道6号沿い

助川山 すけがわやま 328m
高鈴山 たかすずやま 623m
御岩山 おいわさん 540m

向陽台 こうようだい 490m?
日鉱記念館前バス停 350m?
向陽台の分岐は日鉱記念館の上手

神峰山 神峯山 かみねやま 587m
羽黒山 はぐろやま 491m
小木津山 おきつやま 230m
鞍掛山 くらかけやま 248m


日鉱記念館、精錬所、旧・共楽館
2006年3月25日の写真

 鉱山資料館

 資料館内

 精錬所

 

 

 旧・共楽館

 今は日立武道館

精錬所の山では
足尾の備前楯山も歩いたことがあります

 



今回歩いた経路は
かみね公園の南駐車場から ← 無料 手洗いあり
→ 神峰公園入口バス停
→ 陸前浜街道(国道6号)を南下
→ 日立二高前交差点を右折、国道6号を離れ
→ 日立総合病院を過ぎ次第に狭まる舗装路を辿り
→ 助川城跡公園の階段を右に見てさらに進むと
電柱の陰に高鈴ハイキングコースへの絵入り道標

助川城関連は助川城跡公園とは別の場所にも
記念碑や高台があって混乱しました
日立二高前交差点を右折後は舗装路を道なりに辿り
助川城関連は気にせず
高鈴ハイキングコース絵入り道標を探す方が判り易い

→ 絵入り道標の矢印を辿ると暫く山道
→ 以降『高鈴山』への矢印が頼り
→ 電線工場方面分岐では
新しい『高鈴山』への矢印に従うとすぐに立入禁止
ハイキングコースが発破危険区域に接するためで
朽ちた『高鈴山』への矢印に向きを変更
以降、暫く広い林道

→ 林道脇の三角の池は無視 ← おむすび池とは別
→ 助川山の山頂を往復
→ さらに林道を辿るとおむすび池と休憩舎
→ おむすび池から山道を辿り
→ 金山の百体観音
→ 林道出合い ← 以降、高鈴山山頂まで概ね林道
→ 向陽台方面分岐
→ 分岐から高鈴山の山頂を往復 ← 舗装の林道
→ 向陽台方面分岐に戻り向陽台への山道に入り
以降、かみね公園手前の車道まで全ルート概ね山道

向陽台が何処かは不明でしたが
『向陽台』への矢印を辿るとやがて林道に出合い
林道の脇に県道・高鈴山・神峰山方面分岐の道標
この分岐からは『神峰山』への矢印を頼りに
→ 神峰山の山頂
→ 山頂からは『かみね公園』への矢印を頼り
→ 石尊山方面分岐 ← 石尊山方面は藪が深い
→ 羽黒山の山頂
→ 小木津山自然公園方面分岐
→ 蛇塚
→ 大煙突展望台を往復
→ やがて産廃場建設??の金網に沿って進み
→ 急な階段を下り車道を横切り階段を登り返し
→ 山道を辿ると鞍掛山山頂への案内紙
→ 鞍掛山の山頂を経てさらに山道を辿ると
出合った林道に『神峰ハイキングコース』の道標
道標の矢印とは逆に進むと
→ 車道出合い ← かみね公園へは交通標識あり
→ かみね公園内の広場を気ままに下り
→ 公園中央の頂上展望台から山と市街と海を眺め
→ 南駐車場まで

鞍掛山の山頂では道標が見当たらなかったですが
往復する必要はなく山頂を越えてもコースに出ます

高鈴山山頂の白い塔はレーダ雨量観測所
晴れていると日立市街からもハッキリ
関東のレーダ雨量観測所は他に三ヶ所
群馬県の赤城山地蔵岳
山梨県の三ツ峠
神奈川県の大楠山

今回歩いた時刻は
往路
06:45 神峰公園入口バス停
07:05 日立二高前交差点
07:15 高鈴ハイキングコース絵入り道標
07:40 電線工場方面分岐
07:55 助川山の山頂
08:05 おむすび池
08:25 金山の百体観音
08:55 林道出合い
09:15 向陽台方面分岐
09:20 高鈴山の山頂
09:35 向陽台方面分岐
10:05 県道・高鈴山・神峰山方面分岐の道標
往路計 3時間20分

復路
10:05 県道・高鈴山・神峰山方面分岐の道標
10:40 神峰山の山頂
11:10 石尊山方面分岐
11:25 羽黒山の山頂
11:40 小木津山自然公園方面分岐
11:55 蛇塚
12:00 大煙突展望台
12:35 車道を横断
12:50 鞍掛山の山頂
13:00 林道に神峰ハイキングコースの道標
13:05 かみね公園の北駐車場手前
13:20 南駐車場
復路計 3時間15分
総時間 6時間35分

私は頻繁に休みながら歩きますので
休憩に費やした総時間はわかりません
時刻も5分刻みと大雑把

出合ったのは ← 公園と市街を除く
一人歩きの数人と二人連れの三組だけ
高鈴山の手前までと神峰山の先では誰にも出合わず

歩いた距離は ← 極めて大まか
往路 約13km
復路 約10km
合計 約23km

今まで歩いた距離が長かったのは ← 2010年9月6日
大清水(1180m) → 三平峠(1762m) → 三平下
→ 尾瀬沼の南岸を時計回りで → 沼尻十字路
→ 沼尻平湿原 → 尾瀬沼の北岸 → 浅湖湿原
→ 尾瀬沼ビジターセンター → 小渕沢田代
→ 大江湿原 → 尾瀬沼ビジターセンター
→ 三平下 → 三平峠 → 大清水
尾瀬の案内チラシでは総歩行距離 24.9km
所要参考時間 9時間25分+休憩時間
実際の総時間 6:00~14:00の8時間 ← 休憩込み


大きい画像は写真をクリックしてから
Internet Explorer では
右下隅の○○○をクリック → View all sizes
Google Chrome では
右下隅のダウンロード記号をクリック


 かみね公園の南駐車場

 総合病院を過ぎ道形に

 助川城跡公園は少し見ただけ

 高鈴ハイキングコースの道標

 ハイキングコース

 電線工場方面分岐の手前

 発破危険区域

 助川山の山頂から高鈴山方面

 市街方面

 山頂から戻る途中 奥は神峰山

 おむすび池からは林道を離れ

 明るい山道

 金山の百体観音

 向陽台方面分岐

 白い塔はレーダ雨量観測所

 高鈴山の山頂です

 レーダ雨量観測所の説明

 向陽台方面分岐に戻り

 向陽台に向かいます

 コース脇の岩場

 県道・高鈴山・神峰山方面分岐

 奥日立きららの里から1km地点

 神峰山の山頂です

 前方に大煙突と日立市街

 かみね公園へ約8km地点

 羽黒山頂 かみね公園5.5km

 小木津山自然公園方面分岐付近

 蛇塚 すぐ大煙突展望台分岐

 大煙突展望台にて

 展望台から戻りさらに先へ

 階段を下って車道を横断

 鞍掛山の山頂

 山頂から日立市街

 神峰ハイキングコースの道標

 かみね公園内の頂上展望台から

 中央縦に陸前浜街道(国道6号)

 後方に大煙突と神峰山



|

« 関八州見晴台から顔振峠 | トップページ | 河津川の桜 »