« スノーシューハイク 湯ノ丸山 | トップページ | 長瀞アルプス 宝登山 »

2015-01-29

おしぼり 入笠山

28日は ← 2015年1月
富士見パノラマリゾートのゴンドラ山頂駅から
入笠山を往復しました

入笠山 にゅうかさやま 1955m

ゴンドラの山麓駅 1050m 山頂駅 1780m

2012年01月05日の入笠山

2011年02月09日の入笠山


今回は風が強まりそうなので
今予定している雪山5ヶ所はどこも延期

入笠山は傾斜が緩く距離が短く
風が吹いても気になりません

ほかのスキー場で
風に飛ばされた様子はこちら

因みにあだたらエクスプレスの営業期間は
4月下旬から11月上旬まで毎日運行 ← 予定
冬は風が強く稼働率が著しく低下
ゴンドラを期待した来場者の迷惑を回避するため
今冬から冬のあだたらエクスプレスは運休の報
念のため各自でご確認ください

今回の入笠山は山頂もホボ無風 ← 八ヶ岳には雲
風が強くなったのは帰路の中央道から ← 路面乾燥

往路の中央道は須玉~小淵沢チェーン規制の表示
実際に吹雪いたのは相模湖付近
吹雪の闇は前が見えない ← トラックは爆走
須玉に差しかかかったときは晴れて路面も乾燥

今回歩いた経路は
山頂駅 → 山彦荘 → マナスル山荘 → 山頂

山頂駅からマナスル山荘までの往路は遊歩道
マナスル山荘から山頂へは直登の往復
マナスル山荘から山彦荘への帰路は林道
山彦荘からは入笠湿原を縦断して電波塔へ
電波塔からは林道歩き ← 道標には山頂駅まで3分

歩いた時刻は
08:50 山頂駅
09:00 山彦荘
09:15 マナスル山荘
09:45 入笠山山頂
10:10 マナスル山荘
10:20 山彦荘
10:35 電波塔
10:40 山頂駅

今回は踏み跡を辿ったので ← 締まりかけた雪質
スノーシューも軽アイゼンも使わなかった

踏み跡は各方面へ入り乱れ
初めてだと判りづらい箇所も

往路は無人
帰りはハイカー多数 ← 大半はスノーシュー

復路のゴンドラでは乗車の際
温かいオシボリを渡されました
密封用のビニールと使用済のタオルは
山麓駅に置かれている籠に投入

券売場付近でも
山頂駅でも駐車場に戻る途中も
働いている人々から笑顔の挨拶
パトロール隊員からも『行ってらっしゃい』

写真は撮った順です

大きい画像は写真をクリックしてから
Internet Explorer では
右下隅の○○○をクリック → View all sizes
Google Chrome では
右下隅のダウンロード記号をクリック



 ゴンドラ乗り場はこの先すぐ

 山頂駅を出ると目の前に八ヶ岳

 遊歩道から諏訪湖方面

 入笠湿原 電歩塔は左方向

 入笠湿原を渡りきると山彦荘

 マナスル山荘⇒山頂への踏み跡

 直登には勾配の強い斜面も

 山頂は広く穏やか

 

 八ヶ岳方面

 南アルプス方面

 富士山も見えました

 諏訪湖の湖面

 北アルプス方面は雲

 八ヶ岳の山裾

 マナスル山荘に戻って来ました

 往路は左から 帰りは真っすぐ

 電波塔から山頂駅は林道3分



|

« スノーシューハイク 湯ノ丸山 | トップページ | 長瀞アルプス 宝登山 »