« 唐沢鉱泉から天狗岳 | トップページ | 乾燥 大菩薩嶺 »

2014-11-23

本栖湖畔から竜ヶ岳

22日は ← 2014年11月
本栖湖畔から竜ヶ岳へ

竜ヶ岳 りゅうがたけ 1485m
本栖湖 もとすこ 900m

竜ヶ岳へは2012年1月12日にも

 竜ヶ岳から


今回は
先ず本栖入口バス停からキャンプ場へ
湖岸の舗装された駐車場を過ぎるとキャンプ場入口
入口の脇に未舗装の駐車場 ← とても広い 無料

駐車場からは
頻繁に現われる『登山道入口』の案内板に従って
→ キャンプ場の林間
→ 林道ゲート
→ 登山カードのポスト ← ココが今回の登山口
→ 見晴らしのよいベンチ
→ 屋根のある見晴らしデッキ
→ 本栖湖方面分岐
→ 竜ヶ岳の山頂
→ 本栖湖方面分岐 ← 下山は北側斜面へ
→ 周遊歩道出合い
→ 周遊歩道を辿り ← 遠回り
→ 往路の林道ゲート
→ キャンプ場の林間
→ 駐車場

見晴らしのよいベンチから山頂までは富士山見放題
朝は逆光 ← 午後のほうがよいです

キャンプ場を過ぎてからは
竜ヶ岳・周遊歩道と記した道標に出合って暫く混乱
白字に黒で登山道入口と記した案内板を優先
登山カードのポストから山頂まではルート明解

周遊歩道は落ち葉が深く ← 帰りに歩いてみました
踏み跡が判りづらいので避けたほうが無難
私と逆コースの単身者が
薮に嵌まって困っていました ← 私を認めて脱出

下山した北側斜面は
落ち葉は厚かったですが踏み跡は判明
寒さが本格化すると凍結の恐れ
積雪時は踏み跡が消えます
目印のリボンがないので
積雪時は湖を目標に直線的に下る必要 ← 迷い易い
厳冬期は今回の往路を往復するほうがよさそう

往路は笹が迫っているので
雨、露、霜、雪だと服が濡れます

入山者多数

歩いた時刻は
07:30 駐車場
07:35 林道ゲート
07:40 登山カードのポスト
08:00 見晴らしのよいベンチ
08:20 屋根のある見晴らし台
08:50 本栖湖方面分岐
09:00 竜ヶ岳の山頂
09:20 本栖湖方面分岐
10:00 周遊歩道出合い
10:25 往路の林道ゲート
10:30 駐車場

大きい画像は写真をクリック
→ 右下隅の○○○をクリック → View all sizes


 登山口への途中のゲート

周遊歩道の道標には竜ヶ岳も右方向とありますが
ゲート脇の白い案内板に従って登山口へ
白い案内板が導く先は↓

 往路の登山口 この先は明解

 見晴らしのよいベンチから

 往路で見かけた本栖湖

 竜ヶ岳の山容 道はジグザグ

 ベンチから先は富士山見放題

 見晴らし台 後に石仏の建物

 青木ヶ原樹海 精進湖方面

 山頂への斜面

 帰りはこの分岐で本栖湖へ

 分岐から山頂への道

 山頂の前回は土埃 今回は無風

 雨ヶ岳方面

 富士山は逆光

 下山は先程の分岐へ

 分岐からは北側斜面を本栖湖へ

 雪も凍結もなかった

 周遊歩道出合い

 周遊歩道には曖昧な箇所も

 下山後湖岸へ

 竜ヶ岳



山中湖と河口湖は家族連れで何度か
精進湖は山歩きに背中を押され
本栖湖は今回初めて
西湖は昨年12月が最初

 


山中湖
石割山から大平山 2013年11月30日

 


河口湖
三ツ峠 2013年12月28日

御坂黒岳 2014年1月11日

 

三ツ峠 2014年11月15日

 


精進湖
三方分山を経てパノラマ台 2012年2月1日

精進湖のパノラマ台 2012年02月18日

女坂峠から五湖山を経て 2013年12月07日

 


田貫湖 ← 富士六湖?
田貫湖から長者ヶ岳と天子ヶ岳 2014年01月29日

 



富士山を眺めに



|

« 唐沢鉱泉から天狗岳 | トップページ | 乾燥 大菩薩嶺 »