« 沼ッ原から日ノ出平 | トップページ | 晩秋から初冬 火打山 »

2014-10-12

大菩薩峠から小金沢山

11日は ← 2014年10月
上日川峠に駐車
雷岩から大菩薩峠、熊沢山、小金沢山へ

上日川ダム かみひかわだむ (大菩薩湖) 1486m
上日川峠 かみにっかわとうげ 1590m
大菩薩嶺 だいぼさつれい 2057m
大菩薩峠 だいぼさつとうげ 1897m
熊沢山 くまざわやま 1978m
石丸峠 いしまるとうげ 1934m?
天狗棚山 てんぐだなやま 1957m
狼平 おおかみだいら 1880m?
小金沢山 こがねざわやま 2014m


上日川峠から大菩薩嶺 2013年11月20日

 神部岩

 大菩薩峠 右上に賽ノ河原

 天狗棚山の山頂から熊沢山

 風がなく小春日和の狼平


大菩薩嶺、大菩薩峠、石丸峠 2011年11月16日

 

 

 大菩薩峠

 



今回歩いた経路は
上日川峠 ← 駐車場は無料
→ 福ちゃん荘の分岐
→ 唐松尾根
→ 雷岩 ← 大菩薩嶺の山頂には寄らず
→ 神部岩
→ 大菩薩峠
→ 熊沢山
→ 石丸峠
→ 天狗棚山
→ 狼平
→ 小金沢山の最高点
→ 小金沢山の山頂 ← 雨沢ノ頭
→ 狼平 ← 帰りは往路を戻って
→ 天狗棚山
→ 石丸峠 ← ココから往路を離れ
→ 上日川峠

歩いた時刻は
今回 13-11 11-11
**:** **:** 06:00 丸川峠分岐 (裂石)
**:** **:** 07:30 丸川峠
07:25 06:05 **:** 上日川峠
07:40 06:20 **:** 福ちゃん荘の分岐
08:20 07:00 **:** 山頂より先に雷岩
**:** 07:20 08:50 大菩薩嶺の山頂
**:** --:-- --:-- 山頂を踏んでから雷岩
09:00 08:20 09:55 大菩薩峠
09:30 08:55 10:25 石丸峠
09:50 09:20 **:** 狼平の道標
--:-- --:-- **:** 小金沢山に分け入って
10:30 **:** **:** 小金沢山の山頂 ← 雨沢ノ頭
11:10 10:30 **:** 復路の狼平
11:25 10:55 10:25 石丸峠
12:30 12:15 11:40 上日川峠
**:** **:** 12:50 丸川峠分岐 (裂石)

は先ず雷岩へ
は丸川峠から山頂を経て雷岩へ

--:--は記録漏れ
**:**は立ち寄らず

要所に道標

前回(13年11月)の小金沢山は ← 誰にも出合わず
山頂目前で引き返しました
山頂と思った箇所に標柱がなく
どこまで歩くのか不安になって

人影のない初めての山は予定時刻に達すると
サッサと引き返すのが私のクセ

今回歩いた小金沢山の踏み跡は ← 北斜面
熊沢山の北斜面同様
落ち葉で判りづらくなっています

熊沢山も小金沢山も
北斜面の登山道は雰囲気が似ています
暗~い林間 ← リボンも少ない

小金沢山の北斜面には狭い箇所も
難しい訳ではないですが慎重に

小金沢山の山頂(雨沢の頭)は明るく
寛ぐのに十分な広さ ← 立ち枯れが目立つ
富士山の側は開けています

小金沢山の山頂から直下の南斜面を覗くと
熊沢山の南斜面同様明るいクマザサ ← 奥は不明
但し熊沢山は山が浅く、小金沢山は山が深い印象

小金沢山で出合った登山者は20人前後

石丸峠、天狗棚山、狼平は
明るいクマザサ面にハッキリした踏み跡

天気は晴れ
風もなく終始半袖

大きい画像は写真をクリック
→ 右下隅の○○○をクリック → View all sizes

復路に撮った画像の何点かは
歩いた順に並べ替えてあります


 唐松尾根にて

 雷岩から

 富士山

 市街地の空の雲

 雷岩から大菩薩峠への尾根道

 上部の凹みは賽ノ河原

 尾根道から上日川ダム

 前方に大菩薩峠

 

 

 大菩薩峠の先の熊沢山の登り

 熊沢山を越えると石丸峠

 右上奥が小金沢山

 石丸峠 天狗棚山は奥へ直進

 天狗棚山へのルート脇の紅葉

 狼平と小金沢山 天狗棚山から

 先ず狼平へ下ります

次の4点は振り返って撮った画像

 狼平 左上が天狗棚山の山頂

 小金沢山の登山道

次の2点は山頂に向かって右側がルート
振り返って撮ったので写真では左側がルート

 ココは写真左がルート

 前回ココは積雪で通りづらく

 山頂近くの林間

 秀麗富嶽十二景 二番山頂

 右端の標柱に(雨沢の頭)と

 山頂の南側は明るい斜面

 山頂広場には立ち枯れも

 折り返します

 復路から天狗棚山 左は熊沢山

 狼平を経て天狗棚山へ

 もうすぐ山頂

 天狗棚山の山頂から石丸峠

 石丸峠から狼平



|

« 沼ッ原から日ノ出平 | トップページ | 晩秋から初冬 火打山 »