« 塔ノ岳 大倉尾根ルート | トップページ | 東篭ノ登山からの眺め »

2014-09-11

介護と山歩き私流

山歩きはいつから?

2008年6月から

なぜ?

眺めがよいから

一眼デジ持参
予備のバッテリーも

写真はいつから?

1999年に父が先立ち
孤独になった母を励ます折々

介護はいつから?

偶々訪れた医院の勧めで
2008年11月 要介護認定を申請
2008年12月 申請中に母が骨折
認知症が進み ← 隠れ脳梗塞による失語と食欲不振
退院後は私が母の家に単身赴任

2009年01月 要介護3 ← 最初の認定
2009年04月 要介護4
2009年11月 要介護5
2011年02月 身障者1級 ← 最初の認定

施設への入居は?

在宅が母の願い

海外が拠点の兄に介護は無理
私と連絡し合い
兄は介護を陰から支援
父に対してもそうでしたが
兄は母に対しても誠実、即応

私は母の家では一人で介護
深夜と未明は寝ぼけ眼

ほかに
往診、訪問看護、訪問入浴、訪問医療マッサージ

家の外では
隔週火曜のデイサービス ← 以前は隔週火・金
ショートステイは隔週火~金

訪問介護はほんの一時期試したことが
結果、ヘルパーさんの受け入れは私が気疲れ
これからも頼まないで済みそう

毎週末は
母を私の車で我が家へ移しカミサンが介護
介護用品はその都度持参
介護ベッドはカミサンが工夫
カミサン姉妹は通いで自分の母親も介助

山歩きはショートステイの中一日と毎週土曜
いずれも日帰り一人歩き

介護スケジュールはケアマネさんにすべてお願い
つまり従来の私の介護パターンに沿って
私との事前打ち合わせ抜きで
ケアマネさんが先に調整を済ませた月間予定に
私が無条件で従う生活 ← ストレス軽減策の一つ
母の入院時を除くと
今までケアマネさんの月間予定に
優先させた出来事は私の手術一件程度
宴席も葬儀も月間予定から逸れたときは
臨時に母の預け先を探すことなく欠席を通知

介護サービスの利用はケアマネさんに連絡の要
ならばケアマネさんの立てた予定通りに過ごせば
連絡し合う手間も調整の煩わしさも回避できます

日帰りの訳?

ショートステイ中も母の急変時は
昼はカミサンが ← 私が山へ出かけた日の昼
夜は私が対応する要
山に泊まると連絡も困難

なぜ一人歩き?

山で出合った人と一緒に歩いたことが数度
下山後、日帰り温泉に誘われたことも二度三度

若い頃も今も人当たりはよいほう
気配りも相当なもの
笑顔も自然

コレが居酒屋通いなら一人なんて絶対ムリ
カウンタで一人ニヒルに? 似合わないこと夥しい

二人で歩くとラクで速い
鎖場も痩せ尾根も気になりません
介護が済んだら山小屋に泊まりながら
易しいコースを二人で歩けば
百名山の80、90は短期間で達成できそう
一人より効率がよいのは間違いないかも

私の体調 ← around seventy

2012年
4月18日 ガンの臓器全摘手術
4月28日 病院内で階段歩き開始
5月06日 スロージョギング再開
5月09日 在宅介護再開
5月16日 山歩き再開

私のガンは再発を普通のコトと認識
当面は階段の一段飛ばしと ← ザックを背負って
スロージョギングで体力を維持

手術後は個室を確保できない宿泊困難
日帰りの新たな必要

山歩きの頻度は?

私の山歩きは介護と生活を一に
山歩きはストレスの発散に威力
天気が悪く
暫く山を歩かないと介護もギクシャク

隔週火曜~金曜のショートステイ時

火曜は朝の介護を済ませ母を施設に送り出し
翌早朝に母の家を出発 ← 午前1時~3時発
一人で歩き通し
夕刻母の家に帰着
アトを片づけ文と画像をネットに保存
木曜はカミサンと映画、そのあと外食
金曜は毎週末の出発準備と母の受け入れ

毎週末

土曜はアサ2時に起床
介護を済ませ私の車で母を我が家へ移し
カミサンに委ね私は山へ ← 午前4時半~5時発

ショートステイの送り出しと受け入れと
週末の慌ただしさは相当なもの
それもヤル気になればなんとか

寝たきりを回避する工夫が心身を刺激
好奇心と発語と笑顔と癒やしに
癒やされるのは周囲の側も

朝早く発つのは?

夜明けは総じて天気が安定
一人歩きは最後尾の下山を避ける

山歩きの魅力は?

素敵な自然と
緊張と孤独と静寂

好みは四季折々の
高層湿原
苔生した深い森
天空のお花畑

印象のよかった山は何度も

加入保険は?

日本山岳協会山岳共済会の山岳遭難・捜索保険
山岳登はんコース 加入型 1E

入山届は毎回持参 ← 現地で用紙切れのとき使用
記載項目は

入山日時
下山予定日時
本人の住所 氏名 携帯番号
同行者の住所 氏名 連絡先
予定経路
宿泊予定
駐車車両
緊急連絡先
加入保険

登山口では時刻を記入するだけ



 湯ノ丸山

 

 




 尾瀬

 

 




 蓼科山

 

 天狗岳




 燧ヶ岳

 至仏山

 会津駒ヶ岳




 巻機山

 




 火打山

 

 

 

 


※母の介護は2016年4月に終了しました



|

« 塔ノ岳 大倉尾根ルート | トップページ | 東篭ノ登山からの眺め »