« 金色の絨毯 真夏の燧ヶ岳 | トップページ | 夏の七草 烏帽子岳 »

2014-08-21

会津駒ヶ岳 8月20日

20日は ← 2014年8月
滝沢登山口から会津駒ヶ岳の中門岳を往復

05:10 滝沢口
07:30 山頂
08:15 中門岳終点 ← 木道の折り返し点
09:00 山頂
11:00 滝沢口


大きい画像は写真をクリック
→ 右下隅の○○○をクリック → View all size


 山頂に薄い霧

 駒ノ小屋への最後の登り

 駒ノ小屋の前の駒ノ大池

 山頂の霧は右方へ退去

 山頂手前から駒ノ小屋と燧ヶ岳

 左上に奥白根山

 山頂です 中門岳は右へ

 中門岳の先端付近

 中門岳の全容

 駒ヶ岳山頂から木道を辿ります

 木道脇のニッコウキスゲ

 木道脇のミヤマリンドウ

 涼風を楽しみながら中門ノ池へ

 空も穏やか

 ルートには池塘(ちとう)が散在

 中門ノ池に着きました

 残雪期はこの柱も雪の下に

 中門ノ池を後にすると

 木道の終点付近の池塘に出ます

 キンコウカ

 燧ヶ岳がはっきり

木道は円を描いて折り返します
以下は帰路にて

 左上隅が駒ヶ岳の山頂

 中門ノ池

 起伏は緩やか

 

 

 巻き道は山頂近くの右側

 駒ノ小屋を経て下山します


歩いた時間は

無雪期 滝沢口-山頂-中門岳終点-滝沢口
2011年08月 2時間40分 55分 3時間40分
2012年10月 2時間30分 40分 2時間50分
2013年09月 2時間20分 35分 2時間50分
2014年08月 2時間20分 45分 2時間45分 ← 今回

今回は木道が濡れて滑りました

無雪期計
2011年08月 7時間15分 ← 帰路も山頂を経由
2012年10月 6時間00分 ← 帰路も山頂を経由
2013年09月 5時間45分
2014年08月 5時間50分 ← 帰路も山頂を経由

残雪期 滝沢口-山頂-中門岳終点-滝沢口
2011年06月 2時間55分 50分 3時間25分
2013年05月 3時間30分 2時間25分 ← 野球場~山頂
2014年06月 2時間35分 40分 3時間10分

残雪期計
2011年06月 7時間10分 ← 帰路も山頂を経由
2013年05月 5時間55分 ← 野球場~山頂
2014年06月 6時間25分

2013年5月は
登山口が遠くさらに濃い霧のため比較は無理

時刻の記録は ← ブログでは5分刻み
シャッターを押すだけですからカナリ正確

休憩時間も歩行時間に含めています
私の休憩は大概ザックを背負ったままの立ち休み
坐り込むと却って足が重くなります ← 老化現象

出かける山は主に高層湿原、広い草地、深い森など

外環道起点の日帰りです

福島県、新潟県、長野県辺りを限度に
候補をいくつか選んでおいて
残雪、開花、紅葉の状態
天気予報
および道路事情を参考に絞り込みます

山歩きとは ← 現実的見解 ??
土、板、泥、藪、坂、段差、根、岩、ガレ、沢を
靴、綱、梯子、鎖などを使って登ったり下ったり
そう悟ってからは
ルートの状態を撮ったり記述するのはほとんど中止
タイヘンでも前へ進むか
力不足なら引き返すか、単にそれだけ

山歩きの効用は
広域を自分の目で学習できます ← カーナビなし
不安と緊張に向き合えます ← 一人歩き
運動になります ← 普段はジョギングと階段歩き
澄んだ空気と日本の自然を楽しめます
そして静か ← 直千金

高所恐怖症は今も健在(笑)

私の下山は時間がかかります
往路の姿勢で体が固まり ← 老化による拘縮
帰路は踏み出す足が下に向わず ← 棒杭状態

拘縮は母にも

車椅子への移乗は
介護が始まる前はコツさえ会得すれば
簡単に片づけられると思っていました
ところが報道される移乗のコツは
拘縮を前提としていない、そんな印象

母は齢を重ねるほどに拘縮が進み
右手はI字に
左手はL字に
右足は軸が捻じれ
左足は向きが変わり
現在は自然体ではほんの数分しか坐れません

拘縮の進行回避には医療マッサージが不可欠

車椅子へ移す際の母は不安がって
四肢を全力で固めますから ← 驚くほど力が出ます
不自然な形の手足が車椅子の縁に当たって
皮膚を擦りむき四肢をねじってしまう危険が常に

先ず安心させて本人の力を緩めます
次いで皮膚を擦らないように
腕や指先を巻き込まないように
四肢の位置を確認し補正しながら移乗します
その際、組んだ状態の母の足が私の動きを妨げ
私が踏ん張らないと共倒れの危険

拘縮の進む母の移乗は緊張します
その辺の鎖場のほうが遥かにラク
自分だけに集中すればよいのですから

車椅子に坐らせてからも
圧迫する箇所にタオルを咬ませ
溢れる涎を拭い ← 呼吸し易くなり口腔も清潔に
靴を履かせ ← 足先を保護
改めて姿勢を点検
リクライニング式ではさらに傾斜を調整
首の後に枕を当て ← ふらつき防止
足にはクッションを差し込み ← はみ出し予防
車椅子を押した瞬間、刺激に応え母は覚醒

山歩きは介護にも貢献 …… してるかも ??


2014年6月19日 梅雨の晴れ間の会津駒中門岳

2013年09月18日 会津駒ヶ岳の中門岳

2013年05月03日 ホワイトアウト 会津駒ヶ岳

2012年10月03日 中門岳の草もみじ

2012年08月19日 三岩岳と窓明山

2011年08月17日 8月17日の会津駒ヶ岳

2011年06月15日 6月15日の会津駒ヶ岳





|

« 金色の絨毯 真夏の燧ヶ岳 | トップページ | 夏の七草 烏帽子岳 »