« 一ノ鳥居から筑波山 | トップページ | 加波山 »

2014-06-20

梅雨の晴れ間の会津駒中門岳

19日は ← 2014年6月
滝沢登山口から会津駒ヶ岳の中門岳を往復

今冬は目がオカシクなって ← 眼科受診
雪面は避けていたのですが
最近回復したので梅雨の晴れ間に

14-06 13-09 13-05 12-10 11-08 11-06
**:** **:** 07:15 ← 野球場
05:35 05:55 --:-- 06:30 04:55 04:45 滝沢口
08:10 08:15 10:45 09:00 07:35 07:40 山頂
08:50 08:50 **:** 09:40 08:30 08:30 中門岳終点
**:** **:** **:** --:-- 09:25 09:10 山頂
12:00 11:40 --:-- 12:30 12:10 11:55 滝沢口
**:** **:** 13:10 ← 野球場

--:--は記録漏れ
**:**は立ち寄らず

私は頻繁に休みながら歩きますので
休憩に費やした総時間はわかりません
時刻も5分刻みと大雑把

所要時間 滝沢口-山頂-中門岳終点-滝沢口
2011年06月 2時間55分 50分 3時間25分 ← 残雪
2011年08月 2時間40分 55分 3時間40分
2012年10月 2時間30分 40分 2時間50分
2013年05月 3時間30分 2時間25分 ← 野球場~山頂
2013年09月 2時間20分 35分 2時間50分
2014年06月 2時間35分 40分 3時間10分 ← 残雪

2013年5月は登山口が遠く
さらに濃い霧のため比較は無理


2011年06月 7時間10分 ← 残雪
2011年08月 7時間15分
2012年10月 6時間
2013年05月 5時間55分 ← 野球場~山頂 濃い霧
2013年09月 5時間45分
2014年06月 6時間25分 ← 残雪

つまり
無雪期 7時間15分 ⇒ 6時間 ⇒ 5時間45分
残雪期 7時間10分 ⇒ 6時間25分
といずれも短縮傾向

所要時間の傾向は体調の参考になります
全般に増加の場合
或いは疲労感が加わると深層での進行を疑う必要
定期検査後の診察でも先ず体調を聞かれます



2013年09月18日 会津駒ヶ岳の中門岳

2013年05月03日 ホワイトアウト 会津駒ヶ岳

2012年10月03日 中門岳の草もみじ

2012年08月19日 三岩岳と窓明山

2011年08月17日 8月17日の会津駒ヶ岳

2011年06月15日 6月15日の会津駒ヶ岳



今回の草花はショウジョウバカマが数輪程度

今回は出合った人が予想に反して少なかった
車も国道352号に入ってからはほとんど出合わず

写真は撮った順です

大きい画像は写真をクリック
→ 右下隅の○○○をクリック → View all size



 雪解けが進んでいました

 低い道標も文字が読めた

 駒ヶ岳山頂部は薄雲

 しなやかな幹 ← 跳ね起きる?

 駒ノ小屋

 駒ノ小屋から山頂への尾根

 山頂手前から駒ノ小屋 ← 右上

 山頂の標柱

 山頂から中門岳への尾根

 中門ノ池を目指して

 

 中門ノ池の際の中門岳の標柱

 広い水面はまだ雪の下

 中門岳の木道の終点付近

 振り返ると駒ヶ岳の山頂 ← 奥

 帰路

 中門岳の東側斜面

 中門岳とは会津駒ヶ岳の

 山頂から北に延びる尾根の名前?

 ココの池塘(ちとう)は雪解け

 雲が四方から迫ってきます

 駒ヶ岳の山頂部

 山頂を越えると駒ノ小屋

 駒ノ小屋から振り返ると

 駒ノ小屋の脇からは

 燧ヶ岳 ← 奥

 駒ノ小屋も後にして

 下山路から

 左上が駒ヶ岳の山頂部

 次はお花畑と草紅葉の季節に



|

« 一ノ鳥居から筑波山 | トップページ | 加波山 »