« 菩提峠から塔ノ岳 | トップページ | 一ノ鳥居から筑波山 »

2014-06-05

6月4日の前掛山(浅間山)

4日は浅間山の前掛山へ ← 2014年6月

今まで前掛山へは
2012年07月28日 7月28日の前掛山
2011年06月29日 6月29日の前掛山
2010年12月01日 前掛山は雪の装い
2010年08月03日 黒斑山と前掛山
2010年07月08日 浅間山の前掛山

今回も前回と同じコース

黒斑山~蛇骨岳の林間には各所に残雪 ← ドロドロ
中コースは抉れて荒れが目立った

出合った登山者はチラホラ程度

今回 前回 前々回
05:25 05:50 05:45 車坂峠(黒斑山登山口)
06:50 07:10 07:20 表コースで黒斑山山頂
08:10 08:15 08:40 鋸岳のJバンドへの分岐
09:55 09:45 10:20 湯ノ平を経て前掛山山頂
--:-- 10:50 11:40 湯ノ平の草すべり分岐
12:00 11:40 12:35 草すべり経由トーミの頭
13:00 12:25 13:20 中コースを経て車坂峠
--:--は記録漏れ

総時間は
2011年6月29日 7時間35分
2012年7月28日 6時間35分 ※
2014年6月06日 7時間35分

※ 2012年は手術後 ← 多少ムキになっていたかも
4月18日 開腹手術 ← ガンの臓器全摘
4月19日 管を四、五本着けたまま歩行開始
4月28日 病院内で階段歩き開始
5月09日 在宅介護再開
5月16日 山歩き再開

5月19日 2時間00分 鋸山(千葉県)
5月30日 3時間30分 三本槍岳
6月07日 6時間10分 甲武信ヶ岳
6月20日 7時間05分 平標山から仙ノ倉山
7月04日 6時間20分 苗場山・小赤沢コース
7月15日 6時間前後 日光男体山
7月20日 8時間10分 火打山
7月28日 6時間35分 前掛山(浅間山)
8月08日 6時間55分 小川山
8月19日 7時間50分 三岩岳と窓明山
8月22日 7時間15分 雲取山
8月28日 7時間25分 猿面峰から苗場山
9月12日 8時間25分 火打山

自然に筋力と持久力が回復
出かける度に距離が延びた …… のではなく
再開した早朝のジョギングは当初
散歩者にも抜かれる体たらく
回復するにはそれなりの努力が

共同浴場は今も遠慮
山を歩いてからお湯を浴びると
ごく僅かですが尿が漏れる ← 日常は治癒
念のため運動時はパッドを当て
下山すると車の陰で着替えることに

西丹沢自然教室には試着室に似た更衣室が複数
とてもとても有り難かった

今も検査は継続 ← 6月3日は前週の検査の診察日
再発は時間の問題と自覚 ← 検査値はゆっくり変化
そのときはそのとき

ガンが判った頃は
母が先か自分が先かと惑ったことも

グズグズ引き延ばせば
男性の平均寿命まで生きられるかも ← 残り1桁 ?

次の病床に備え ← 再発を想定
iPod に好きな楽曲を保存
埃を被ったCDが生まれ変わった

昔と比較すれば ← 特に戦中戦後の一時期
今は医療も介護も至れり尽くせり
深刻な違いは線量計と寒暖計
どちらも山にも強い影響

父が亡くなってから15年が経過
母は女性の平均寿命を遥かに越えた
眠るように ……
新たに加えた想定の一つ

写真は撮った順です

大きい画像は写真をクリック
→ 右下隅の○○○をクリック → View all size



 トーミの頭から黒斑山の山頂部

 湯ノ平の外輪山の連なり

 黒斑山の山頂にて

 雲海が湯ノ平に溢れる様子

 黒斑山から蛇骨岳への林間

 蛇骨岳への道から振り返ると

 左端から蛇骨岳、仙人岳、鋸岳

 噴煙は見えなかった

 ミネズオウは花盛り

 再び振り返ると小諸方面にも雲

 鋸岳は左の方向

 蛇骨岳の嬬恋村側は厚い雲

 湯ノ平側は晴れ

 正面の三角が仙人岳

 トーミの頭は背後の左の外れ

 仙人岳から蛇骨岳方面

 仙人岳から鋸岳方面

 鋸岳から仙人岳 ← 肌色が目印

 Jバンドへの分岐はアト少し

 Jバンドへの下り口付近

 眼下の霧はすぐに消えた

 鋸岳の山肌の一部

 Jバンドからの下山路が微かに

 賽ノ河原分岐への道から

 湯ノ平の外輪山

 中央の三角が仙人岳

 湯ノ平の賽ノ河原分岐

 前掛山山頂への道から

 背後の外輪山が黒斑山

 平地微かに鋸岳方面への道

 火口(釜山)は立入禁止

 強風時はシェルターで身繕い

 振り返ると雲海

 尾根は静かだった

 釜山の山頂部

 前掛山山頂の標柱

 前掛山も山頂の先は立入禁止

 帰路

 往路に歩いた湯ノ平の外輪山

 雲海の嵩が増えたみたい

 右上に釜山の火口

 貴重な静けさ

 凹みから流れ込む雲




 前掛山山裾のミネズオウも満開

 こちらは草すべりの花

 白山一華 岩鏡 雪割草 雉莚

 草すべりの上部からトーミの頭

 また歩きます



|

« 菩提峠から塔ノ岳 | トップページ | 一ノ鳥居から筑波山 »