« 仁科峠から猫越岳と三蓋山 | トップページ | 福岡堰の桜並木 »

2014-04-06

三国山から陣馬山

5日は ← 2014年4月
陣馬自然公園センターから三国山と陣馬山へ

甘草水 かんぞうすい
三国山 みくにやま 三国峠 960m
生藤山 しょうとうざん 990m
茅丸 かやまる 茅ノ丸 1019m
連行峰 れんぎょうほう 連行山 1003m
醍醐丸 だいごまる 867m
醍醐峠 だいごとうげ 745m
和田峠 わだとうげ 690m
陣馬山 じんばさん 陣場山 855m

陣馬山へは
天候が崩れる予報の昨年末 ← 2013年12月18日
予定の山を延期して歩きました
その時の様子は

県道521号の山側に陣馬自然公園センター 350m?
県道沿いにセンターの駐車場 ← 4台分のみ
階段を上がるとセンターの建物
センター入口の脇に手洗いと登山届のポスト

歩いた経路は
陣馬自然公園センターの駐車場から
→ 県道を和田峠方面へ歩くと下手の和田登山口
→ 一ノ尾尾根出合い ← 下手の和田方面分岐
→ 登山道を辿って上手の和田方面分岐を過ぎ
→ 陣馬山の山頂
→ 陣馬山の山頂からは往路を戻り
→ 上手の和田方面分岐で和田方面へ
→ 県道出合い ← 上手の和田登山口
→ 県道を歩き下手の和田登山口を過ぎ
陣馬自然公園センターまで

県道521号の和田登山口は二ヶ所あるので
並行して一ノ尾尾根の和田方面分岐も二ヶ所

前回の歩いた時刻は
06:30 陣馬自然公園センターの駐車場
06:35 下手の和田登山口 ← 以下着時刻
07:00 一ノ尾尾根出合い ← 下手の和田方面分岐
07:15 一ノ尾尾根の上手の和田方面分岐
07:25 陣馬山の山頂
08:05 県道出合い ← 上手の和田登山口
08:15 県道を歩き下手の和田登山口
08:20 陣馬自然公園センターの駐車場

陣馬山の山頂には数軒の茶店 ← 戸や窓は板張り
どの店も眺めのよい場所
どの店の休憩所も立入禁止の縄
登山者も見当たらなかった


 2013年12月18日


今回も陣馬自然公園センターの駐車場に車を置き
歩いた経路は
県道を和田峠方面へ少し歩き
→ やさか茶屋の角を左に折れ舗装路を道形に進み
→ 県立鎌沢駐車場 ← 渓流に突き出た鉄骨製?
→ 県立鎌沢休憩所 ← 手洗いあり
→ 県立鎌沢休憩所すぐ先の民家前に登山口
→ 佐野川峠
→ 甘草水の水場 ← ルートから100m逸れる
→ 三国山の山頂
→ 生藤山の無名のピーク

三国山から生藤山へは上の空でしたので
西側の巻き道分岐で巻き道へ進んでしまい
東側の巻き道分岐に達して間違いに気づき
東側のゴツゴツした登山道を遡ると無名のピーク
その西側は下り坂で
付近に高そうな場所は見当たらず
生藤山の本当?の山頂はパスしました

→ 茅丸の山頂
→ 連行峰の山頂
→ 醍醐丸の山頂 ← 植林帯に分岐の道標が立つ
→ 醍醐峠
→ 和田峠
→ 陣馬山の山頂
→ 一ノ尾尾根の上手の和田方面分岐を過ぎ
→ 下手の和田方面分岐で一ノ尾尾根を離れ
→ 県道出合い ← 県道の下手の和田登山口
→ 県道を陣馬自然公園センターの駐車場へ
周回コース

各所に道標

今回の歩いた時刻は
07:00 陣馬自然公園センターの駐車場
07:10 県立鎌沢駐車場 ← 以下着時刻
07:30 県立鎌沢休憩所
07:35 三国山・生藤山登山口
08:00 佐野川峠
08:15 甘草水の水場
08:30 三国山の山頂
08:50 生藤山の無名のピーク
09:00 茅丸の山頂
09:15 連行峰の山頂
10:00 醍醐丸の山頂
10:10 醍醐峠
10:25 和田峠
10:45 陣馬山の山頂
11:00 上手の和田方面分岐 和田へ1.8km
11:10 下手の和田方面分岐 和田へ1.2km
11:30 県道出合い
11:35 陣馬自然公園センターの駐車場

私は頻繁に休みながら歩きますので
休憩に費やした総時間はわかりません
時刻も5分刻みと大雑把

歩き始めは摂氏3度
登山道には残雪も凍結もなし
三国山を過ぎてからは富士山に雲

出会ったのは
私と同じ向きで女性一人 ← 連行峰付近
藤野駅から歩き始めたそうです ← 健脚速歩
今回の山歩きでお互い初めて出会った登山者
醍醐丸~和田峠では逆方向に7、8人
和田峠には警察関係者多数 ← 何かの行事かも
和田峠~一ノ尾尾根には登山者多数

大きい画像は写真をクリック
→ 右下隅の○○○をクリック → View all size


 陣馬自然公園センター

 やさか茶屋から写真左へ道形に

 さらに集落の舗装路を上へ

 茶畑の上は県立鎌沢休憩所

 鎌沢休憩所に立つ案内板

 三国山登山口 少し奥から山道

 三国山への登山道から

 甘草水への分岐に立つ説明板

 甘草水

 富士山は三国山頂の手前からも

 三国山の山頂

 山頂からの眺め

 山頂を過ぎた尾根からも

 生藤山は無名のピークへ

 標柱探しはすぐに切り上げ

 先は長いので次を目指して

 茅丸の山頂も

 休まず素通り

 連行峰への道も明るく軽やか

 連行峰? 連行山?

 連行峰から醍醐丸へ


連行峰から醍醐丸を経て和田峠へは
距離は長いのですが次第に植林が増え単調になって
時折樹間に見える陣馬山山頂を目標に半ば駆け足


 和田峠に立つ案内板

 峠には警察関係者も多数

 陣馬山の山頂は清々しく

 眺めも素晴らしかった

 





|

« 仁科峠から猫越岳と三蓋山 | トップページ | 福岡堰の桜並木 »